FC2ブログ

2020-05

Boz Scaggs 「Silk Degrees」

j0084■ アルバムデータ
タイトル:Silk Degrees
アーティスト:Boz Scaggs
リリース:1976年3月
レーベル:Columbia Records

アルバム総評価:88


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  MV  
01  What Can I Say  ★★★★★   
02  Georgia★★★★★ 
03  Jump Street★★★☆☆ 
04  What Do You Want The Girl To Do          ★★★☆☆ 
05  Harbor Lights★★★★★ 
06  Lowdown★★★★★youtube02
07  It's Over★★★★★ 
08  Love Me Tomorrow★★★☆☆ 
09  Lido Shuffle★★★★★youtube02
10  We're All Alone★★★★★youtube02


■ 講評
Boz Scaggs(William Royce Scaggs、1944年6月8日生)は、アメリカのミュージシャンであり、1970年代後半から1980年代にかけて流行した、アダルト・コンテンポラリー、AOR を代表するシンガーである。

(出典:「ボズ・スキャッグス」(2014年6月7日 20:32 (UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ Boz Scaggs
画像



今回紹介するアルバム「Silk Degrees」は、1976年に Columbia Records からリリースされた Boz Scaggs の通算7枚目となるオリジナルアルバムである。

「Georgia」 (Boz Scaggs) 、「What Do You Want the Girl to Do」 (Allen Toussaint)、「Harbor Lights」 (B. Scaggs)、「Love Me Tomorrow」 (David Paich)、「We're All Alone」 (B. Scaggs)以外の曲は、 Boz Scaggs と David Paich の共作による。

「Silk Degrees」は、Boz Scaggs 自身の出世作となり、Billboard 200 では Boz Scaggs にとって初の TOP 10入りを果たし(最高2位)、R&B チャートでは第6位に達した。また、初めてイギリスでチャート・インを果たし、最高第20位に達した。

シングル「Lowdown」は Billboard Hot 100 で第3位、R&B Chart と Disco Chart で第5位に達し、同曲はグラミー賞において最優秀 R&B 楽曲賞を受賞した。特に「We're All Alone」は、多くのミュージシャンが採り上げるスタンダード・ナンバーとなった。

本作に参加したスタジオ・ミュージシャンのうち、David Paich、David Hungate、Jeff Porcaro の3人は、この時の共演をきっかけに TOTO を結成している。

(出典:「シルク・ディグリーズ」(2013年9月28日 10:15 (UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼「Silk Degrees」
画像




以前は R&B 色が濃い音楽をリリースし続けていた Boz Scaggs であったが、キーボード奏者である David Paich と組むことによりファンキーでクロスオーバー的な洗練されたサウンドの「Silk Degrees」をリリースし、500万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。アルバム「Silk Degrees」は、まさに Boz Scaggs をスターダムに押し上げた出世作である。

また、前述のとおり、ロックグループ TOTO を結成のきっかけとなったアルバムでもあり、Boz Scaggs のキャリアの中でも非常に重要な位置付けのアルバムと言えよう。

こうしたクロスオーバーでアーバンなサウンド色は、本作に続く1977年リリースの8thアルバム「Down Two Then Left」、1980年リリースの9thアルバム「Middle Man」に引き継がれ、これら3アルバムは「AOR3部作」と言われる Boz Scaggs を代表するアルバムとなっている。

「Silk Degrees」が自分が進むべき音楽の方向性を決定付けたこともあって、その後 Boz Scaggs は David Paich を始めとした TOTO のメンバーに厚い信頼を寄せ、強い絆で結ばれることになる。

それは「AOR3部作」に TOTO のメンバーが継続して参加していることや、TOTO が2008年3月の Boz Scaggs との来日公演を最後に活動を無期限に休止すると宣言したことからも窺えよう。

本作は、9thアルバムである「Middle Man」と比べてアルバム全体にポップテイストな楽曲が多く、TOTO 色もまだそれほど強くない印象である。「Harbor Lights」、「Lowdown」、「It's Over」はいかにも AOR らしい楽曲で、「AOR3部作」の先陣を飾るのにふさわしい楽曲である。

また、「Jump Street」や「Lido Shuffle」のようにロックンロールテイストの楽曲も実にいいアクセントになっている。

そして忘れていけないのが、Boz Scaggs 一番の代表曲であるバラッドの名曲「We're All Alone」である。Rita Coolidge やアンジェラ・アキなど多くのアーティストによってカバーされていることや CM ソングとして使用されることもあり、Boz Scaggs を知らなくても「We're All Alone」は聴いたことがある人も多いのではないだろうか。

この楽曲は、今や POP ミュージックのスタンダードナンバーと言っても過言ではない。Boz Scaggs は当時32歳であったが、この年齢でこうした Love Song を作曲し、しかも歌いこなすことができるところが Boz Scaggs の凄いところでもある。

なお、曲名中の all は「まったく(completely)」の意味を持つ副詞で、alone を強調しているということであり、曲名の意味は「みんな一人ぼっち」ではなく「二人だけ」「二人きり」ということになるらしい。確かに Love Song なら「二人だけ」の方がそれらしい感じはする。

アルバム「Silk Degrees」は、非常に丁寧な音作りがされており、良質な楽曲が散りばめられた Boz Scaggs を代表するアルバムである。まだ聴いたことがないのであれば、「We're All Alone」を聴くためだけでも手に入れる価値があるのではないだろうか。

(出典:「ウィ・アー・オール・アローン」(2013年10月26日 10:54 (UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼「Lido Shuffle」
画像




■ アルバムリリースノート
69年以降ソロ・シンガーとして活動してきたボズ・スキャッグスの、76年発表の出世作である。

この洗練されたアダルト・コンテンポラリー作品は、2ndシングル<6>のヒットもあり、ロング・セラーを記録。グラミー賞5部門にノミネートされ、最優秀R&Bソングを獲得した。そして彼に、都会的センスが光るハイ・クラスの AOR シンガーという称号も与えたのである。

なお、本作でバックをサポートしたスタジオ・ミュージシャン達が、のちに TOTO を結成させている。- Amazon

▼ Boz Scaggs
画像


*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「ボズ・スキャッグス」「シルク・ディグリーズ」「ウィ・アー・オール・アローン」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/90-0061d907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Aleph 「Black Out」 «  | BLOG TOP |  » キクチリョウタ 「Summer Triangle」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !