FC2ブログ

2020-05

門あさ美 「セミ・ヌード」

j0076■ アルバムデータ
タイトル:セミ・ヌード
アーティスト:門あさ美
リリース:1981年7月5日
レーベル:ユニオンレコード(テイチク)

アルバム総評価:92


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  MV  
01  Blue Moon  ★★★★★   
02  すねてご機嫌★★★★★ 
03  いちどだけ真似          ★★★★★ 
04  Nice Middle★★★★★ 
05  自画像★★★★★youtube02
06  お好きにせめて★★★★★ 
07  色のない構図★★★☆☆ 
08  気まぐれKitten★★★★☆ 
09  Season★★★★☆ 
10  月下美人★★★★★youtube02


■ 講評
門あさ美(かどあさみ、1955年10月17日生)は愛知県名古屋市出身の女性シンガーソングライターである。代表曲に「ファッシネイション」「Lonely Lonely」「月下美人」などがある。

ヤマハポピュラーソングコンテスト出身(ただし、本選に出場したわけではなく、ボーカル・オーディションにより、中部大会で譜面応募曲を歌ったことがある)。

1979年9月5日シングル「Fascination」でテイチク(現在のテイチクエンタテインメント。発売当時、レーベル名は「ユニオンレコード」)からデビュー。「ファッション・ミュージック」というキャッチフレーズが使われていたように、ジャンルとしてのニュー・ミュージックの中でも、より洗練されたイメージでプロモーションされていた。「月下美人」(1981年9月25日)は当時東亜国内航空の秋のキャンペーンソングに起用された。

1987年東芝 EMI に移籍。オリジナル・アルバムは1988年以降リリースされていない。

デビュー前はピアノの弾き語りをやっていたなどのエピソードが残っているものの、レコード・デビュー以降は、メディアへの露出も極端に少なく、ライブ活動も行っていない。しかしながら、セールスも上々だった。

メディアへの露出の少なさと本人の美貌もあいまってミステリアスなイメージがあり、レギュラーのラジオ番組も詩の朗読が主で、数少ないラジオのゲスト出演でもあまり発言をしなかった。テレビ東京系の音楽番組に、出演した時でさえ画面に薄いフィルターがかかっていたエピソードがある。

また現在、数少ないテレビ出演の中で、日本テレビ系で放送されていた「コッキーポップ」が「コッキーポップ TV」として市販されている。8巻セット中の2曲ではあるが貴重な映像資料となっている。

何曲かの例外を除き作詞作曲をすべて手がけており、その素材にアレンジャーの意向が反映されているため、曲調やアルバムのカラーが変化に富んでいる。特に後期2枚の東芝EMIからのアルバムは、高橋幸宏 がプロデュースしており、そのサウンドにプロデューサーのカラーが色濃く反映されている。

いくつかのアルバムが廃盤で入手が困難な時期があり、その影響でネット・オークションでは比較的高値で CD が取引された時期があった。

2002年にテイチク時代のシングルA・B曲両曲と、本人が選んだアルバムからの曲を集めたベスト盤2枚組 CD に14年ぶりの新曲が1曲収録された。

2007年10月17日、通販限定で CD 5枚組+DVD のボックスセットを発売。「SIMULATION」が初 CD 化された。
2007年10月24日にテイチク時代のアルバム「Fascination」から「BELLADONNA」までの7タイトルが、リマスタリングされ、紙ジャケット仕様で再発された。

(出典:「門あさ美」(2012年11月15日 14:16 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ 門あさ美
画像




門あさ美 は、主に1980年代に活動していたシンガーソングライターである。ニューミュージック系のミュージシャンの登竜門である「ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称「ポプコン」)」の出身としても知られている。

▼「お好きにせめて」
画像



門あさ美 といえば、当時は非常に妖艶な美しさと艶のある歌声を兼ね備えた魅惑的な女性シンガーとして知られていた。その楽曲は、一時期「コッキーポップ」という日本テレビ系列のヤマハの冠音楽番組のテーマ曲にも使用されるなど、当時はかなり人気も高かったが、残念ながらメディアへの露出がほとんどなく、その妖艶さもあって非常に謎が多いミステリアスなシンガーソングライターでもあった。

今でも巷では「幻のシンガー」と評されており、現在でも一部のコアなファンの間では、彼女の容姿が確認できる当時の数少ないメディア映像の動画が話題になっているほどである。

2002年頃まではベストアルバムのリリースに関わっていたようであるが、その後正式に引退表明した形跡もなく、まさに幻のごとくいつの間にかミュージックシーンからフェードアウトしてしまったようである。テレビ番組にもほとんど出演しなかった 門あさ美 を御存知の方は、相当な音楽通であると言えるかもしれない。

▼「Season」
画像



今回紹介するアルバム「セミ・ヌード」は、1981年にユニオンレコード(テイチク)からリリースされた、門あさ美 の通算3枚目となるオリジナル・アルバムである。オリコン週間アルバムチャートで最高第16位を記録している。

大人の男女の別れをテーマにしたメロウな楽曲が多く、非常にキャッチーで聴き心地がよい良質なポップスで構成されており、今で言うなら 古内東子 の楽曲のようなイメージといえば分かりやすいだろうか。当時の 門あさ美 を知る者にとっては、ある意味非常にノスタルジックなアルバムでもある。

特に「いちどだけ真似」、「自画像」は、門あさ美を代表するミディアムテンポのバラッドでまさに珠玉の名曲である。今聴いても全く古さを感じさせない非常に味と艶のあるポップスだ。

またメロウな「Season」も実に素晴らしい佳曲である。こうした爽やかな哀愁が漂う楽曲を最近の JPOP シーンで見つけることは極めて困難ではないだろうか。もちろんここで触れた楽曲以外も粒ぞろいで捨て曲はない。最近のチャートインアルバムと比べても、そのクオリティーと充実度は圧倒的に高いと感じる。

ただ、いかに 門あさ美 であっても、男女の恋愛や別離というテーマだけではいずれ楽曲展開に限界が来ることは明らかであった。ミュージックシーンから消えてしまった理由は定かではないが、音楽性の限界という意味ではそれも必然であったのかもしれない。と同時に新たな音楽性を示す余地が十分にあっただけに、人知れず姿を消してしまったことは実に残念でならない。

一方で下世話な話ではあるが、門あさ美 の醸し出す大人の音楽の雰囲気が大好きだった者にとっては、フェードアウトの理由は非常に気になるところである。もしその辺りの事情を御存知の方がいらっしゃれば、ぜひ教えていただけないだろうか。


▼「月下美人」
画像



なお、蛇足ではあるが、門あさ美 は地元名古屋のお嬢様大学である「金城学院大学」の出身である。門あさ美 の気品ある雰囲気はまさに金城学院大学のイメージにぴったりであるが、実は西野カナもこの大学の出身と言われている(ただし非公式情報)。音楽とは関係ないが、昭和と平成の時代のお嬢様的イメージの違いがはっきり出ていて、非常に興味深いところだ。



■ アルバムリリースノート
メディアにも一切登場せずライブも行わないスタイルで活動、都会的で妖艶な世界観でファンを魅了したシンガー・ソング・ライター、門あさ美による1981年発表の3rdアルバム。- Amazon

▼ 門あさ美
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「門あさ美」を素材として二次利用しています。


love4   参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。  

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/81-0eee0c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

杉恵ゆりか 「無添加ガール」 «  | BLOG TOP |  » xxx of WONDER 「WONDER of WONDER」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !