FC2ブログ

2020-05

Dead or Alive 「Youthquake」

j0069■ アルバムデータ
タイトル:Youthquake
アーティスト:Dead or Alive
リリース:1985年5月
レーベル:Epic

アルバム総評価:96 
crown01
 《名音堂 Gold Disc 認定》


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  MV  
01  You Spin Me Round (Like A Record)  ★★★★★  youtube01
02  I Wanna Be A Toy★★★★★ 
03  DJ Hit That Button★★★★★ 
04  In Too Deep★★★★★ 
05  Big Daddy Of The Rhythm★★★★★ 
06  You Spin Me Round (Like A Record)          
  (Performance Mix)      
★★★★★ 
07  Cake And Eat It★★★★☆ 
08  Lover Come Back (To Me)★★★★★ 
09  My Heart Goes Bang
  (Get Me To The Doctor)      
★★★★★ 
10  It's Been A Long Time★★★★☆ 
11  Lover Come Back To Me
  (Extended Mix)          
★★★★★ 


■ 講評
Dead or Alive(デッド・オア・アライヴ)は、イギリスのユーロビート、ハイエナジーバンドである。リーダーである Pete Burns の妖艶さに加え、容姿とは裏腹な野太いボーカルが印象的なバンドであり、全世界での総売り上げは、2000万枚を超える。

今回紹介するアルバム「Youthquake」は、Dead or Alive の通算2枚目のアルバムにあたるアルバムで、UK Albums Chart 第9位、U.S.Billboard 200 第31位を記録している。

このアルバムがリリースされた1985年は、ちょうどバブル元年に当たり、世はまさにディスコ全盛の時代であった。そんな中にあって、収録曲「You Spin Me Round (Like A Record)」は、ディスコフリークに Dead or Alive の存在を知らしめた彼らの代表曲であり、1985年には UK Singles Charts 第1位にも輝いている。

そして、その Dead or Alive 躍進の立役者といえば、間違いなくイギリスの音楽プロデューサーチーム Stock Aitken & Waterman であろう。

▼Stock Aitken & Waterman
画像



Stock Aitken & Waterman と言えば、Mike Stock、Matt Aitken、Pete Waterman の3人によりソングライト・プロデュースを行い、プロモーション・プロダクション運営(A Stock/Aitken/Waterman Production)及びレコード会社経営(PWL Records)を Pete Waterman を代表として展開した、まさに80年代を象徴するプロデューサー・チームである。

1980年代後半から1990年代初頭を中心に、Kylie Minogue、Rick Astley、Bananarama、Dead or Alive、Hazell Dean、Sonia、Sinitta など、多数の有名アーティストのプロデュースを手掛けて世界中のヒットチャートを席巻したプロデューサー・チームであり、もちろん「You Spin Me Round (Like A Record)」も彼らのプロデュースによるものである。

時代はディスコサウンドという括りからユーロビート、ハイエナジーサウンドへと拡大する中にあって、Dead or Alive のサウンドやスタイルは、明らかに他のユーロポップ系アーティストとは一線を画しており、比類ない独特な世界を構築していたことに異論を挟む余地はないだろう。特に最近のユーロビートサウンドを聴くにつけ、Dead or Alive の音楽のクオリティの高さ、Stock Aitken & Waterman のアレンジの素晴らしさを改めて感じずにはいられない。

個人的には、恐らくこの先もこのような個性的で才能溢れるユーロポップグループは現れないであろうと感じる。ヴォーカルの Pete Burns の容姿やカリスマ性を含めて Dead or Alive は、まさに稀有な存在であった。

アルバムは、ユーロビート時代の先駆者に相応しくハイクオリティーなサウンドに仕上がっており、ポップなメロディーと打込みビートのリズムとが融合した、彼らの代表作として相応しい内容となっている。

特に「You Spin Me Round (Like A Record)」、「DJ Hit That Button」、「My Heart Goes Bang (Get Me To The Doctor)」の3曲は、珠玉の名曲と言っていい、ディスコフリークにはたまらない神曲である。

アルバム「Youthquake」は、今聴いても30年前のサウンドとはとても思えないぐらい古さを全く感じさせないユーロビートの名盤である。Dead or Alive を知らない若い世代にこそぜひ聴いていただきたい一枚だ。

▼「You Spin Me Round (Like A Record)」
画像




■ アーティスト紹介
1980年にリヴァプール出身の Pete Burns をリーダーに結成された。前身のバンド時代も含め、デビュー当初はゴシック・ロックとして扱われていたが、Stock Aitken & Waterman のプロデュースを受けるようになり、ユーロビートと称されるダンス・ミュージックに音楽性をシフトさせた1980年代中盤から、コンスタントに世界的なヒットを飛ばした。

特に日本ではバブル景気真っ只中のディスコ・ブームに乗り一躍時代を象徴する人気バンドとなり、イベント系サークルが開くディスコパーティーでは必ず曲がかかるほどであった他、日本人歌手によるカヴァー曲が数曲リリースされた。また、世界的には人気の絶頂期を過ぎた1990年代以降も、日本のみでリリースされるアルバムがいくつもあるほど日本での人気が高かったこともあり、近年も度々来日していた。

しかし、2011年に公式のFacebookページ上で実施されたファンとの質疑応答で、ピートが「Dead or Alive の再結成はない」ことを明言し、既にバンドとしては解散状態であることが明かされた。

(出典:「デッド・オア・アライヴ (バンド)」(2014年3月8日 13:53 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ Dead or Alive
画像




■ アーティスト紹介
Pete Burns(ピート・バーンズ、1959年8月5日生)は、イギリス出身のシンガーソングライターである。イギリスのハイエナジーバンド Dead or Alive のリーダーでありボーカルを務めている。妖艶なルックスに加え、容姿とは裏腹な野太いボーカルが印象的でもある。

90年代のユーロビートの先駆け的な音楽と中性的な容姿と相まってたちまち人気を博し、80年代にヒット作を連発した。特に1985年に発売した「You Spin Me Round」が英国チャートで1位を獲得、また17カ国で1位を記録する大ヒットとなった。また、中性的カリスマとして Culture Club の Boy George と人気を二分した。

経済的に成功を収め欲しい物を全て手に入れた Pete Burns であったが、幼年期から続く自分の顔へのコンプレックスは抜けなかった。最初は昔から気に入らなかった鼻を整形する程度であったが、徐々にエスカレートし、儲けた金のほとんどを整形費用につぎ込むようになっていった。そして、整形医に勧められるまま唇に打ったジェル注射が原因で顔が変形し、その後死にも等しい苦しみと、闘病生活を余儀なくされた(唇に注入したジェルに対する炎症が顔面全体に広がり、肉芽腫を形成。また肉芽腫が血液を介して全身に播種し、腎臓の血管を詰まらせて腎不全を起こし、加えて腸障害、失明の危機などに直面した)。

なお、後にこの整形医に対し損害賠償請求を提訴し、和解が成立した。治療費を捻出するため貯金をすべて使い果たし、3億円の豪邸も売り払い、過去の楽曲の著作権も売り払った。また、再生手術を執刀したイタリア人医師から「顔が元に戻ることはない」と告げられ絶望の淵にいたピートであったが、その執刀医の「あなたにはまだ音楽が残っている」という言葉に励まされ音楽活動を再開した。

(出典:「デッド・オア・アライヴ (バンド)」(2014年3月8日 13:53 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ Pete Burns
画像




■ アルバムリリースノート
英・リヴァプール出身のヴォーカリスト、ピート・バーンズを中心に結成されたダンス・ポップ・グループ。1983年にメジャー・デビューし、バーンズの個性的なルックスと毒舌が話題を呼ぶ。本作はストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースのもと、「ユーロビート」にシフト。シングル1は全英No.1を獲得、全米ダンス・チャートでも1位を記録する大ヒット。日本でもユーロビート絶頂期の代表曲として、現在も高い人気を誇っている。アルバムも全英9位、米でもゴールド・ディスクを獲得。(1985年作品) - Amazon

▼ Dead or Alive
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表された Wikipedia の項目「デッド・オア・アライヴ (バンド)」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/73-2765161b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Dead or Alive 「Mad, Bad, and Dangerous To Know」 «  | BLOG TOP |  » 東映太秦映画村

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !