FC2ブログ

2020-05

Rick Astley 「Hold Me in Your Arms」

j0067■ アルバムデータ
タイトル:Hold Me in Your Arms
アーティスト:Rick Astley
リリース:1988年
レーベル:RCA Records

アルバム総評価:70


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  MV  
01  She Wants To Dance With Me            ★★★★☆   
02  Take Me To Your Heart★★★★☆youtube01
03  I Don't Want To Lose Her★★★★★ 
04  Giving Up On Love★★★☆☆ 
05  Ain't Too Proud To Beg★★☆☆☆ 
06  Till Then (Time Stands Still)★★★★☆ 
07  Dial My Number★★★☆☆ 
08  I'll Never Let You Down★★★☆☆ 
09  I Don't Want To Be Your Lover★★★☆☆ 
10  Hold Me In Your Arms★★★★☆ 


■ 講評
Richard Paul "Rick" Astley(リチャード・ポール・“リック”・アストリー、1966年2月6日生)はイギリスの歌手、シンガーソングライターである。

今回紹介するアルバム「Hold Me in Your Arms」は、1988年にリリースされたRick Astleyの 2ndアルバムである。楽曲中 02,03,06 は Stock/Aitken/Waterman、05 は Holland Whitfield、それ以外は Rick Astley 自身が作曲している。

▼ Rick Astley
画像




このアルバムを聴くと、明らかに1stアルバムと異なることに気付く。すなわちこのアルバムはユーロビート系アルバムではないということだ。「Whenever You Need Somebody」のようなユーロビート系アルバムを期待したファンにとっては非常に残念な内容となっている。

反面、Rick Astley の持ち味である渋い歌声を活かした UK Pop & Rock が盛り込まれており、彼の幅広い才能を垣間見ることができる彼の新機軸を示したアルバムとなっているとも言えよう。

1stアルバムと音楽の傾向が変わってしまった最も大きな要因は、Stock/Aitken/Waterman 色が薄くなってしまったことにあろう。事実、Stock/Aitken/Waterman が絡んだ曲は10曲中3曲しかない。(ちなみに3rdアルバム「Free」は、完全にStock/Aitken/Waterman の手を離れている。)

▼ Rick Astley
画像



彼の音楽の方向性については1stアルバムの講評で述べたが、2ndアルバムにして、早くもその方向性が明確に示される結果となったわけである。やはり自分に合った音楽は、自分自身が一番よく知っているということなのであろうか。

だが、それは「Whenever You Need Somebody」のようなアルバムを期待していた Disco フリークを失望させるという諸刃の剣となった。結果的に、このアルバムをもってユーロビートの貴公子たる「Rick Astley」は 終わりを告げたのである。

それが良かったのか悪かったのか、その判断は非常に難しい。だが、Rick Astley が自身の音楽を貫いたことで失ったものは非常に大きかったのも、また事実であろう。

そうした意味で、このアルバムは新生 Rick Astley への移行期のアルバムと言ってもよい。そのため、様々な色合いの楽曲から構成されている。

ただ、中でも、やはり Stock/Aitken/Waterman が手掛けた「Take Me To Your Heart」と「I Don't Want To Lose Her」が秀逸であることに疑いの余地はない。「She Wants To Dance With Me」も Rick Astley 自身による曲であるがロックンロール調で彼の新たな可能性を感じさせる曲となっている。個人的には、Rick Astley といえばやはりユーロビートの貴公子が似合っていると思うのだが、いかがであろうか。

▼ Rick Astley
画像



love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/71-c636bd45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東映太秦映画村 «  | BLOG TOP |  » Rick Astley 「Whenever you need somebody」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !