FC2ブログ

2020-05

Rick Springfield 「Working Class Dog」

j0059■ アルバムデータ
タイトル:Working Class Dog
アーティスト:Rick Springfield
リリース:1981年2月24日
レーベル:RCA

アルバム総評価:94


■ 曲目リスト
  №  曲          名評     価  MV  
01  Love Is Alright Tonite  ★★★★★   
02  Jessie's Girl★★★★★youtube02
03  Hole In My Heart★★★★★ 
04  Carry Me Away★★★★★ 
05  I've Done Everything For You      ★★★★★ 
06  The Light Of Love★★★★★ 
07  Everybody's Girl★★★★☆ 
08  Daddy's Pearl★★★★★ 
09  Red Hot & Blue Love★★★☆☆ 
10  Inside Silvia★★★★★ 


■ 講評
Rick Springfield (本名:Richard Lewis Springthorpe、1949年8月23日生)は、オーストラリア出身のミュージシャンであり、俳優でもある。現在65歳。

今回紹介するアルバム「Working Class Dog」は、Rick Springfield が1981年に RCA からリリースした5枚目のスタジオ・アルバムである。このアルバムはアメリカで300万枚以上を売り上げ、Platinum レコードに認定されるとともに、1981年の U.S. Billboard 200 において最高第7位を記録している。

収録曲のうち、ミリオンセラーを記録した自身最大のスマッシュヒット曲となる「Jessie's Girl」は、Billboard Hot 100 において第1位を記録。また、「I've Done Everything for You」は、Billboard Hot 100 において第8位を、「Love Is Alright Tonight」は、Billboard Mainstream Rock Tracks において第40位を記録している。

ちなみに「Love Is Alright Tonite」は、映画「Wet Hot American Summer」の劇中歌としても使用されている。アルバム自体は、1982年に Best Rock Vocal Performance 男性部門でグラミー賞に輝いた。

▼「Jessie's Girl」
画像


▼「I've Done Everything for You」
画像




当初リリースされた LP の収録曲は10曲であったが、2006年に 25th anniversary edition として再リリースされた CD には、ボーナストラックとして3曲が追加されている。

また、アルバムのジャケットに使用されて白シャツに黒のネクタイを締めた Bull Terrier と Great Dane のミックス犬は、Rick Springfield の愛犬「Ronnie」である(残念ながら1994年に死んでしまったとのこと)。Mike Doud が製作したこのカヴァージャケットも、1981年に Best Album Package 部門でグラミー賞にノミネートされており、何かと話題の多いアルバムでもあった。

Rick Springfield は、このアルバムで Vocals、Guitar、Bass、Keyboards の4役をこなしており多才ぶりを発揮しているが、Rick Springfield といえば何と言ってもその端麗な容姿が印象的なミュージシャンでもあった。

甘いマスクで80年代「ロックの貴公子」といわれたアイドル的な存在でもあったが、彼の真の魅力はむしろ聴きごたえのある艶のあるヴォーカルとハード過ぎず乗りの良いポップなロックンロールにあると言えよう。LP の時代から彼のファンであるが、常々優れた音楽性こそが彼の最大の魅力であると確信している。

▼ Rick Springfield
画像



「Working Class Dog」も30年以上前の作品でありさすがに音の古さは否めないが、アルバム全体がアップテンポかつリズミックなドライブ感溢れる楽曲やポップなメロディーラインの楽曲で構成されており、まさに Rick Springfield の初期の代表作と言って良いアルバムである。ひと言で言えば Rick Springfield のカッコ良さ満載のアルバムといったところだろうか。

のちにリリースする「Tao」あたりからメッセージ色の強いアルバムに変遷していくことになるが、個人的には初期のロックンロール全開の Rick Springfield の方が若々しく潔くて好きである。

ただ、昭和のアイドル歌謡曲の歌詞並みといっては言い過ぎかもしれないが、いくら恋愛に関する曲とはいえ、「Jessie's Girl」を筆頭に歌詞の内容があまりにチープ過ぎる点は残念でならない。

Rick Springfield も80年代アメリカのティーンエイジャーのアイドルであったことを考えると、「Jessie's Girl」のようなナンパな歌詞の楽曲がグラミー賞に輝いたのは、ある意味それだけ彼に勢いがあったということの証ということなのであろうか。唯一理解に苦しむところである。

なお、目立つ曲ではないが、バラッドである「Inside Silvia」もなかなかの名曲である。Rick Springfield ってこんな曲も歌えるんだ、とある意味驚かされた一曲である。

「Working Class Dog」は、Rick Springfield がアイドルとしても人気を博したことが頷ける非常にカッコよさが際立つアルバムである。

▼ Rick Springfield
画像




■ アーティスト経歴
オーストラリア・シドニーの出身。高校中退後バンド活動を始める。

1969年に Zoot というバンドを結成し、当地で人気となった。バンドを解散した翌年の1972年に渡米。早速全米デビューするものの、売り出し方の問題からレコード会社を移籍、次のレコード会社では売れずに契約を切られ、その次はレコード会社が倒産するという不遇の時が続いた。

その後ルックスのよさを買われて俳優業に転身、1981年から昼メロドラマ「General Hospital」に出演し、人気者となる。同年に再開した音楽業では「Jessie's Girl」が全米1位となり、グラミー賞の最優秀男性ロックボーカル賞も受賞した。

▼ Rick Springfield
画像



1984年にリリースされたアルバム「Hard to Hold」は全米チャートで第16位を獲得。4曲がシングルカットされ、「Love Somebody」が第5位にランクインした。MTV でもヘヴィー・ローテーションされた曲となった。

1980年代前半は日本でも多くのファンを獲得した。1988年以降はしばらく音楽制作から遠ざかり、俳優業に専念していたが、1997年から活動を再開している。 翌年、1998年にはソロアルバム「Karma」の日本発売、翌年99年には全米発売。と同時に米ツアーを行う。そのツアーを録音した初のライブアルバム「The Greatest Hits... Alive」を2001年1月にリリースする。

2004年2月には、オリジナル・スタジオ録音アルバム「Shock/Denial/Anger/Acceptance」を自身のレコードレーベル Gomer Records よりリリース。

そして2005年7月には、初のカバーアルバム「The Day After Yesterday」をリリース。また、ボーナストラックを含んだ日本盤が同年11月に発売。

12年ぶりの再来日公演が2005年12月13日と14日の両日日本青年館大ホールで行われた。コンサート中は写真撮影許可という異例の取り計らいであった。

2005年12月、ABC の長期ドラマ「General Hospotal」に実に23年ぶりに当時と同じ Dr. Noah Drake として再登場。当初は、息子である外科医、Dr. Patric Drake を紹介するとのストーリーラインで4話のみの出演予定だったが、反響の大きさと演技の好評さのため出演延長。

2006年11月には、来日公演時の「The Day After Yesterday」ツアーからの楽曲と前アルバム「Shock/Denial/Anger/Acceptance」からの楽曲、並びに過去のヒット曲を含む、2005年2月イリノイ州ロックフォードで行われたコンサートからのライブ DVD「Live in Rockford」が発売。

2008年7月29日、約4年半ぶりのオリジナル曲の新アルバム「Venus in Overdrive」を米国 New Door レーベルから発売。

2009年3月にアメリカでアルバム「My Precious Little One」をリリース。オリジナルの子守唄を集めたユニークな作品となっている。2010年4月および2011年8月に来日公演を行った。

2012年10月24日にアルバム「Songs from the End of the World」をリリースした。

(出典:「リック・スプリングフィールド」(2013年12月25日 13:11 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ 近年のRick Springfield
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「リック・スプリングフィールド」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/63-14b80b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Michael Fortunati 「GIVE ME UP」 «  | BLOG TOP |  » Michael Prince 「Dance Your Love Away」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !