FC2ブログ

2020-05

The Buggles 「The Age Of Plastic」

j0050■ アルバムデータ
タイトル:The Age Of Plastic
アーティスト:The Buggles
リリース:1980年
レーベル:Island Records

アルバム総評価:76 


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  MV  
01  Living In The Plastic Age  ★★★★☆   
02  Video Killed The Radio Star★★★★★youtube02
03  Kid Dynamo★★★★★ 
04  I Love You (Miss Robot)★★★★★ 
05  Clean, Clean★★★★★ 
06  Elstree★★★☆☆ 
07  Astroboy (And The Proles On Parade)★★★☆☆ 
08  Johnny On The Monorail★★★☆☆ 
09  Island★★☆☆☆ 
10  Technopop★★★★☆ 
11  Johnny On The Monorail (A Very Different Ver.)      ★★★☆☆ 


■ 講評
「The Age of Plastic」は、イギリスのバンド The Buggles(バグルス)が1980年に発表した1stアルバムである。

日本語タイトル「ラジオ・スターの悲劇」は、1979年にヒットしたデビュー・シングルから取られている。UKチャートでは最高第27位、オリコン週間アルバムランキングでは最高第35位を記録している。

The Buggles は、1970年代にTrevor Horn(bs)、Geoffrey Downes(kb)、Bruce Woolley(gt)の3人のメンバーで、イギリスのシンガー Tina Charles のバック・バンドとしてキャリアをスタートさせている。

1977年、Trevor Horn、Geoffrey Downes、Bruce Woolley により The Buggles を結成。

1979年にデビュー曲の「Video Killed The Radio Star(邦題:ラジオ・スターの悲劇)」が全英第1位の大ヒットを記録。きっちりと計算された音作りのエレクトリック・ポップは、ニュー・ウェイヴの時代を象徴する一曲となった。

1stアルバム「Video Killed The Radio Star(ラジオ・スターの悲劇)」発表後の1980年、Trevor Horn と Geoffrey Downes の2人はそろってイギリスのロックバンド Yes に加入する。しかし、従来の Yes ファンからはボーカリストの交代が不評をもって迎えられ、Trevor Horn が脱退後、Yes は解散状態になった。

1981年、2人は再び The Buggles として2ndアルバム「Adventures in Modern Recording(邦題:モダン・レコーディングの冒険)」を発表するが、まもなく活動を停止した。

その後、Trevor Horn は売れっ子プロデューサーとして一時代を築くことになる(後の再結成 Yes のプロデュースも担当し「ロンリー・ハート」などのヒット曲を制作)。一方、Geoffrey Downes はイギリスのロックバンド Asia の中心メンバーとして現在も活動中である。

なお、2010年に Trevor Horn は The Buggles の再結成を宣言している。

(出典:「バグルス」(2013年12月10日 18:05 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ The Buggles
画像




本作からのシングル・カット曲は、いずれも「Video Killed The Radio Star」ほどの成功を収めることはできず、「Living In The Plastic Age」は全英第16位、「Clean, Clean」は全英第38位、「Elstree」は全英第55位という記録に止まった。確かに The Buggles の曲といえば「Video Killed The Radio Star」以外思い浮かばないのが現実である。

たが、改めてアルバムを聴き直してみると、「Kid Dynamo」や「I Love You (Miss Robot)」など、意外にエレクトリックポップの良曲も収録されているのである。ただ残念なことは、そうした粒ぞろいの楽曲も「Video Killed The Radio Star」という大ヒット曲のインパクトには敵わないということである。

The Buggles としては2枚しかアルバムをリリースしておらず、残念ながら一発屋で終わってしまった感が強いが、Trevor Horn という才能が The Buggles という枠に納まらなかったのかもしれない。

シングル「ラジオ・スターの悲劇」は間違いなく80年代を代表する名曲である。数々のチャートで第1位に輝き、カヴァーも多数された。あまり知られていないが、ミュージックビデオ放送番組 MTV で放送された最初の音楽ビデオでもある。

テレビの出現により仕事を奪われた歌手の話から、ラジオの黄金期を賛美する曲とのことであるが、グループメンバーの Trevor Horn は、J・G・バラードの短編「音響清掃」に影響を受けた曲だと語る。

この短編は、世界中の音楽を吸い取る音響清掃人が、下水道でオペラ歌手と出会う話である。彼は「時代は過ぎようとしている」とも感じた。このように曲の主題はノスタルジーであり、曲の雰囲気にも反映されている。歌詞では1960年代の技術革新、過去を忘れたくないという願望と、現代の子供達に過去の良さがわからないことへの落胆に触れる。1950年代、そして1960年代初めにはラジオは貴重なメディアであり、そこから「スター」が生み出されていた。

(出典:「ラジオ・スターの悲劇」(2014年7月8日 12:52 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

こうした背景を知った上で聴き直してみると、極めてアイロニックな曲に聴こえるから不思議である。

とにもかくにも、The Buggles といえば「Video Killed The Radio Star(ラジオ・スターの悲劇)」である。今回、久しぶりに聴き直したが、やはりさすが名曲だと改めてその素晴らしさに感動したところである。

▼ The Buggles
画像




■ アルバムリリースノート
1980年に発表され、ビデオ・クリップ全盛時代の幕開けを告げた名盤。名曲「ラジオ・スターの悲劇」収録。その後、メンバーのトレヴァー・ホーンはプロデューサーとして、ジェフ・ダウンズはエイジアを率いて活動中。- Amazon

▼ The Buggles
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「バグルス」「ラジオ・スターの悲劇」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/54-07f09a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Chromeo 「White Women」 «  | BLOG TOP |  » Amy Winehouse 「Back To Black」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !