FC2ブログ

2020-05

Amy Winehouse 「Frank」

j0048■ アルバムデータ
タイトル:Frank
アーティスト:Amy Winehouse
リリース:2013年12月23日
レーベル:Universal Republic

アルバム総評価:88


■ 曲目リスト
  №  曲          名評     価  MV  
01  Stronger Than Me (Jazz Intro)  ★★★★★  youtube02
02  You Send Me Flying (Cherry)★★★★★ 
03  Know You Now★★★★★ 
04  Fuck Me Pumps★★★★★youtube02
05  I Heard Love Is Blind★★★★★ 
06  Moody's Mood For Love (Teo Licks)    ★★★★☆ 
07  (There Is) No Greater Love★★★★★ 
08  In My Bed★★★★★ 
09  Take The Box★★★★★youtube02
10  October Song★★★★☆ 
11  What It Is About Men★★★☆☆ 
12  Help Yourself★★★☆☆ 
13  Amy Amy Amy (Outro)★★★☆☆ 


■ 講評
Amy Winehouse(エイミー・ワインハウス、本名:Amy Jade Winehouse(エイミー・ジェイド・ワインハウス)、1983年9月14日生-2011年7月23日亡。享年27歳)は、イギリスのソウルミュージック、ジャズ、R&Bのシンガーソングライターである。

▼ Amy Winehouse
画像




1983年ミドルセックス州エンフィールドにて、ユダヤ人の両親のもとに生まれる。
16歳の時に演劇学校の退学処分を受ける。この時のクラスメイトであった歌手タイラー・ジェイムスのレコード会社にデモ・テープを送り、アイランド・レコードと契約を結ぶ。

2003年にアルバム『Frank』をリリースしてデビュー。英国内で67万枚を超えるヒットとなり、一躍トップスターの一人となる。1960年代の初期ソウルミュージックを思わせる生演奏のバンドを従え、ビリー・ホリデイにも例えられるハスキーな歌唱が持ち味である。

2006年にリリースされた『バック・トゥ・ブラック』も高い評価を受け、全英で1位(全米では7位)を記録した。ブリット・アウォーズでは、最優秀女性ソロ・アーティストに輝いた。その後もヒットを続け翌2007年に全英で最も売れたアルバムとなった。

薬物中毒やアルコール依存症などスキャンダルの多い人物でもあり、2007年8月に夫と共に飲酒・薬物のリハビリ施設に入所、2008年1月24日には再びリハビリ施設に入所。グラミー賞を受賞した「リハブ」はリハビリ施設へ入所した自身の体験を元にしている。

▼ Amy Winehouse
画像



2008年の第50回グラミー賞ではカニエ・ウェストの8部門に次ぐ主要4部門を含む6部門でノミネートされ、最優秀新人賞や最優秀楽曲賞など5部門を受賞。当初は授賞式への参加を表明していたが、アメリカに入国する為に必要なビザ発行を拒否され、授賞式に出席できないことが同年2月7日に担当広報から明かされた。そのため、イギリスからの衛星中継で出演した。グラミー賞後、『バック・トゥ・ブラック』が大反響からか全米2位まで上昇した。

その後もリハビリ施設への入退院などを繰り返しキャリアは停滞したものの、マーク・ロンソンらと共に3作目のアルバムを完成させたと言われる。

2011年6月、本格的な復帰を目指してヨーロッパツアーを開始。6月18日に行ったセルビアのベオグラードで開催された約2万人の聴衆を集めた野外コンサートで、開始時間を大幅に遅れて、泥酔しまともに歌うこともできない状態で登場した。歌を途中で何度も中断するなどしたため観客からブーイングを浴びた。地元紙にも「ディザスター(災厄)」「史上最悪のコンサート」などと書かれた。45ユーロ(約5000円)という、セルビア市民にとっては安くないコンサートチケットの価格も、観客の怒りに拍車をかけたと推測される。直近の2公演の中止が直ちに発表され、その後全日程が中止となった。関係筋によれば、治療に専念するため無期限の活動停止となることが示唆された。

2011年7月23日、ロンドンのカムデンにある自宅で遺体で発見された。死去直前にドラッグとアルコールを過剰摂取していたという証言はあったが、死後数日の時点で警察から死因の発表はなく、正式な死因は不明のままである。

2013年1月8日、当初の検視官に資格の問題があったために、再度行われた検視の結果が発表された。死因はアルコール中毒で、一般に致死量とされる程度の量を摂取していた。遺体が発見された寝室の床の上には2本の空のウォッカの瓶があり、本人自ら飲んだもので事件性はないという。

生前最後に発表された作品は、2010年11月に発売されたクインシー・ジョーンズのトリビュートアルバム『Q: Soul Bossa Nostra』に収められた「It's My Party」であった。また上記の生前未発表のアルバムに加え、トニー・ベネットのアルバム『Duets II』に参加し、ジャズスタンダードである「Body and Soul」をデュエットしている。

(出典:「エイミー・ワインハウス」(2014年5月14日 22:48 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ Amy Winehouse
画像




今回紹介するアルバム「Frank」は、2003年、彼女が20歳の時にリリースしたAmy Winehouseの1stアルバムである。なお、日本盤は2007年にリリースされている。Amy Winehouse自身は、2011年に27歳の若さで亡くなっており、リリースしたアルバムは、実質的にこの「Frank」と2thアルバムの「Back to Black」の2枚のみとなっている。

前述のとおり、スキャンダラスな生活がクローズアップされがちであるが、このデビューアルバムは彼女の類まれなる才能を如実に表している。19-20歳の時に制作されたアルバムとは、まさに驚きである。

繊細かつ大胆、捉え難く魅力的、そしてどこか寂しげで投げやりな歌声。彼女の波乱万丈な生き方を反映しているかのように楽曲はどこか気だるい。まさに世界が注目するJazz&Blues界の新星であった。歳を重ね巨星に成長したであろう彼女の歌声を聴くことは、もはや叶わない。極めて残念である。

アルバムは、何度聴いても飽きることがない魅力的な楽曲で構成されている。中でも「You Sent Me Flying」と「Take The Box」は、ため息が出るほど実に素晴らしい曲である。

▼ Amy Winehouse
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「エイミー・ワインハウス」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/52-9a679213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Amy Winehouse 「Back To Black」 «  | BLOG TOP |  » aiko 「泡のような愛だった」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !