FC2ブログ

2020-05

C&K 「CK AND MORE...」

j0036■ アルバムデータ
タイトル:CK AND MORE...
アーティスト:C&K
リリース:2013年11月27日
レーベル:ユニバーサル ミュージック

アルバム総評価:84 


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  みかんハート  ★★★★★  
02  へべれけ宣言★★★★★
03  C&K V★★☆☆☆
04  今を生きる★★★★☆
05  人間進化論★★★★★
06  アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~(acoustic version)    ★★★★★
07  日曜の午後~for T&M~★★★☆☆
08  愛を浴びて、僕がいる★★★★★
09  にわとりのうた★★☆☆☆
10  また逢う日まで★★★★★
11  AND MORE...★★★★★


■ 講評
C&K (シーアンドケー)は CLIEVY(クリビー)(スーパーハイトーンボイス、栃木県出身)と KEEN(キーン)(シルキーボイス、鹿児島県出身)からなる日本の男性二人組ボーカルユニットである。

ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエなどのブラックミュージックから、フォークや80年代の歌謡曲まで幅広いジャンルを二人の感性でミクスチャーにした「JAM」(ジャム)と呼ぶ音楽スタイルを確立中である。

また自らをあらゆるカルチャー(音楽、ファッション、お笑い、他)のジャンルの垣根をぶち壊す「ジャンルバスターズ」とネーミングしている。

(出典:「C&K」(2014年6月30日 07:28 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

ちなみに眼鏡をかけているのがハイトーンボイスの CLIEVY、かけていないのがシルキーボイスの KEEN である。

▼「CK AND MORE...」(初回限定盤)
画像


▼「CK AND MORE...」(通常盤)
画像




「耳を疑うような美声の男性二人組ユニット」としてマスコミにも取り上げられることが多く、CLIEVY の女性のような歌声に注目が集まっているようであるが、大学生時代に結成されて以来、湘南や横浜を拠点にインディーズで活動してきたこともあり、曲のクオリティーは高く、他のグループに比べライブ会場での盛り上がりを意識したであろうキャッチャーで乗りの良い楽曲も多い。Stardust Revue の根本要を彷彿とさせるハイトーンヴォイスである。

もともとかなりビジュアルを意識していると思われるが、最近ではミュージックビデオなど映像系にも力を入れているようで、より広い世代に受け入れられる音楽スタイルを確立しつつある。毎年「日本全国 CK 地元化計画」なるライブツアーも確実にこなす中でコンスタントにシングルリリースもしており、ユニットとしての好調さがうかがえる。

今回紹介するアルバム「CK AND MORE...」は、2013年11月27日にユニバーサル ミュージックからリリースされた、2010年のC&Kメジャーデビュー以降通算4枚目となるフルアルバムである。

シングル曲である「みかんハート」、「へべれけ宣言」、「愛を浴びて、僕がいる」を収録しており、フルアルバムとしての充実度は高い。初めてC&Kを聴く方でも安心して聴ける内容となっている。

C&Kの曲との最初の出会いはシングル「へべれけ宣言」であったためラテン系バンドかと思い込んでいたが、真逆の「みかんハート」を聴いて意外や「これもC&Kなのっ?」といい意味で裏切られた。

それにしてもC&Kについて基礎知識がなく曲だけ聴けば10人中10人が男女のユニットと間違えるであろう。それほど個性的な声を持ったユニットである。

言わずもがな、「みかんハート」、「愛を浴びて、僕がいる」は、上質で大人のセツナ系ラブソングであり名曲である。ぜひ大切な人と一緒に聴きたい楽曲だ。

なお、個人的には、リズミックでドライブの BGM にピッタリな「また逢う日まで」が一押しである。

そう、「CK AND MORE...」はぜひ彼女を隣に乗せた車で聴くことをお薦めしたいラブソング満載の1枚である。

▼ CLIEVY(左) & KEEN(右)
画像




■ アルバムリリースノート
2人組ヴォーカル・ユニット、C&Kの2013年2枚目のアルバム・リリースとなるサード・アルバム。2013年6月発売シングル「愛を浴びて、僕がいる」、8月発売シングル「へべれけ宣言」、10月発売のバラード・シングル「みかんハート」の3枚シングル曲他を収録。- Amazon

▼ C&K
画像




■ Music Video 「へべれけ宣言」




*この動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードしたUNIVERSAL MUSIC JAPANが自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。

*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「C&K」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/40-6982b5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AI 「2004 A.I.」 «  | BLOG TOP |  » パスピエ 「演出家出演」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !