FC2ブログ

2020-05

空気公団 「春愁秋思」

j0028■ アルバムデータ
タイトル:春愁秋思
アーティスト:空気公団
リリース:2011年2月16日
レーベル:バウンディ

アルバム総評価:88 


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  PV  
01  まとめを読まないままにして            ★★★★★  
02  春が来ました★★★★★
03  だんだん★★★★★
04  毎日はカノン(inst.)★★★☆☆
05  絵の具★★★☆☆
06  僕ら待ち人★★★★★
07  日寂★★★☆☆
08  文字のないページ★★★★★
09  春愁秋思★★★★★
10  なんとなく今日の為に★★★★★youtube02


■ 講評
空気公団は、1997年に結成された、日本のポップス・ロックバンドである。2004年に第一期の活動休止を宣言しいくつかのイベントを行なった後、2005年に第二期の活動を本格的にスタートした。絵本や映像などの製作に携わる製作グループとしての一面も持っている。

初めは山崎ゆかり、石井敦子、戸川由幸らの3人バンドで始まったが、後に小山いずみが加入し1997年に結成。その後2002年に小山いずみが脱退し、2004年に石井敦子が結婚を機に脱退。2004年4月のライブと共に第一期活動を終了。第二期の活動が始まってすぐの2006年に窪田渡が加入し、現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動をしている。

(出典:「空気公団」(2014年6月28日 18:25 (UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ 空気公団
画像



音源制作を中心に活動しながら、スクリーンの裏側で演奏するライブイベントや、音楽を聴きながら作品を楽しむ展覧会「音の展示」等、様々な公演をしているアーティスティックなバンドである。

「空気公団」という非常に印象的なネーミングであるが、空気公団という建物や街みたいな場所があって、そこに人が自由に来て、想像して遊んでいって欲しい。そういう遊び場みたいな感覚をずっと保っていきたい。とあるインタビューで山崎が答えている。

今回紹介するアルバム「春愁秋思」は、2011年2月16日にリリースされた空気公団6枚目のフル・アルバムとなる。春秋の風。心にまとうアルバム…。

2月のリリースから逆算して作成したということであり、春をイメージしたと思われる楽曲が多い。初めてデモを作らずにセッションを重ねて制作したアルバムということであり、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの、基本のフォー・リズムにアコーディオン、ストリングス、ホーンなど色々楽器をその上にのせる手法で制作されている。

今回のアルバムもしかり、空気公団の楽曲のほとんどがミディアムもしくはスローテンポの曲であり、音に派手さがない分じっくりと安心して詩を感じることができる。非常に詩的かつ情緒的で、メロディーにどこかしら懐かしさを感じさせる風情が漂っている。曲を聴いた後に、小説を読んだ後や映画を見た後に感じる感覚に近い何とも言えない余韻が残るのも、空気公団の楽曲の特徴と言えよう。

また、一つひとつの言葉をやさしく語るようなヴォーカル山崎のフラットな歌い方も、空気公団には欠かせないエッセンスとなっている。個人的には大貫妙子の曲の世界に通じるものがあるように感じる。春の陽だまりの中で何気なく日々の暮らしや自分自身を見つめ直す時にまったり聴きたい素敵なアルバムである。

収録曲中、「僕ら待ち人」、「文字のないページ」、「なんとなく今日の為に」は、どこか懐かしく切ないミディアムバラッドとなっており、今回のアルバムの中でもひときわ光っている。本当いいなーこの曲と思える素敵な名曲である。

▼ 空気公団
画像




■ メンバー紹介
◆ 山崎ゆかり 空気公団代表。歌・作詞・曲担当。(写真:左上)
◆ 戸川由幸 ベース・ギター・録音を担当。(写真:左下)
◆ 窪田渡 鍵盤楽器・編曲担当。(写真:右下)

▼ 空気公団のメンバー
画像




■ アルバムリリースノート
オリジナルアルバムとしては前作「メロディ」から約2年3カ月ぶり。ファン待望の今作は最初から完成イメージを作らず、気心の知れたミュージシャンと何度もリハーサルを重ね、ごく自然に録音された「今日の空気公団」が詰まっています。- Amazon

▼ 空気公団
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「空気公団」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/33-a87ef1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空気公団 「ぼくらの空気公団」 «  | BLOG TOP |  » 相対性理論 「TOWN AGE」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !