FC2ブログ

2020-05

相対性理論 「TOWN AGE」

j0027■ アルバムデータ
タイトル:TOWN AGE
アーティスト:相対性理論
リリース:2013年7月24日
レーベル:みらいrecords

アルバム総評価:90 


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  上海an  ★★★★★  
02  BATACO★★★★★
03  YOU & IDOL★★★★★
04  キッズ・ノーリターン          ★★★★★
05  辰巳探偵★★★★☆
06  救心★★★☆☆
07  ジョンQ★★★★★
08  ほうき星★★★★☆
09  帝都モダン★★★★★
10  たまたまニュータウン★★★★☆


■ 講評
相対性理論は、2006年9月にやくしまるえつこ(Vo)、真部脩一(B)、永井聖一(G)、西浦謙助(Dr)の4名により結成された東京都を基点として活動するバンドである。みらいrecords 所属。『ポスト YouTube 時代のポップ・マエストロ』、『全天候型ポップ・ユニット』、『ポップ・シークレット・プロジェクト』を名乗る。

なお、結成当時のメンバーであった真部脩一、西浦謙助は既に脱退している。紅一点の ヴォーカルやくしまるえつこの表情を抑えた歌声とポップセンスあふれるサウンドの妙、そしてときに過激な言葉が羅列する歌詞はインパクト大である。

初期はライブ以外ではジャケットやプロモーション・ビデオでも姿を見せておらず、真部脩一と西浦謙助は「進行方向別通行区分」のメンバーとして活動していたものの、個々人のプロフィールは曖昧で、その音楽に対する注目度に比するとメディアへの露出が極端に少ないバンドであった。

「STUDIO VOICE」2009年7月号において、初めて相対性理論が特集として大きく取り上げられた際、この中でボーカルのやくしまるえつこの写真が掲載され、やくしまるによる朗読CDが付録としてついており、それ以降はメンバーそれぞれの活動が活発化したことなどもあって、メディアへの露出も普通に行われるようになっている。連譜を多用したリズミカルなメロディが特徴的である。

「シフォン主義」は発売時期によって表記クレジットが異なり、また「ハイファイ新書」では作曲に真部脩一、作詞に真部脩一とティカ・αが表記されているが、正しくはメンバー全員で作詞作曲を行っている。

メンバーも流動的であることが前提らしく、一般的なバンドよりもプロジェクトとしての性格が強く、参加メンバーや人数も時期により変動している。コンセプターであるやくしまるえつこは、「相対性理論はソフトウェア」と語っている。

(出典:「相対性理論 (バンド)」(2014年7月3日 05:38 (UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ やくしまるえつこ
画像




今回紹介するアルバム「TOWN AGE」は、2013年7月24日にみらいレコーズからリリースされた相対性理論の通算4枚目にあたるスタジオアルバムである。前作の3rdアルバム「シンクロニシティーン」からメンバー体制が変更となってから初の作品となる。

本作は当初、同年7月10日に発売が予定されていたが「最高の作品を最高の状態でお届けする為」といった理由で7月24日に発売が延期された。収録曲の「ほうき星」は以前からライブで披露されており、今回が初の音源化となる。オリコン週間 CD アルバムランキングでは最高第10位を記録している。

なお、バンド名を「相対性理論」と命名した由来は、やくしまるえつこの父親の職業が科学者であることから、ということである。

▼ やくしまるえつこ
画像



相対性理論の魅力は何といってもヴォーカルやくしまるえつこの Whisper Voice にある。今でこそ「つぶやき」調のヴォーカルを擁したバンドも珍しくはないが、私が知る限り、おそらく「やくしまるえつこ」がその先駆けではないだろうか。

R&B 系のソウルフルなヴォーカルももちろん聴き応えがあって魅力的ではあるが、やくしまるえつこの耳元で囁くような Whisper 系のヴォーカルも癖になる妙な心地よさがある。その甘ったるい独特の声質は、甘酸っぱい艶というか男心をくすぐるロリータエロス漂う、まさにリスナーを中毒的に引き付けるフェロモンそのものだ。

加えてその歌声に驚くほどマッチしたどこかオリエンタルでアジアンテイストなメロディーが、聴く者の郷愁を誘い、相対性理論の音楽世界に懐かしい既視感を抱かせるから、もはやリスナーに逃げ場はない。

さらに、駄目押しの決定打が、その歌詞の意味不明さである。アニメ的・漫画的と言ったら良いであろうか、メンヘラ系の痛い女子の掴みどころのないつぶやきを歌詞にしたような曖昧模糊さ。常識を覆す無限ループの歌詞が、やくしまるえつこの歌声に乗って軽薄で白痴な世界感を見事に体現している。

この世界観が素直に彼女の心象なのか、はたまた計算され尽くした狙いの線なのかは一リスナーの分際では窺い知ることはできない。ただ、やくしまるえつこは才能豊かなクリエーターであることからすれば、相対性理論の楽曲は、実は「単純なものほど実は複雑である」というアイロニーを意識して高度に練られた上でプロデュースされたものであるとも考えられなくはない。そのあたりの狡猾さが相対性理論の楽曲にカオス(混沌)を感じさせる要因かもしれない。

なお、相対性理論の魅力は、従来から連符とメロディの繰り返しの多用と言われており、ファンからは、4thアルバムでは1st・2ndアルバムに比べその魅力がなくなってしまったという声も聞かれるところである。しかし、今回の「TOWN AGE」は過去のアルバムに比べて Pop 色が強く、聴きやすくキャッチャーな楽曲で構成されており、非常に練られたアルバムであると感じた。

もしこのアルバムを気に入ったなら、ぜひ過去のアルバムと比較してみてはいかがだろうか。

▼ やくしまるえつこ
画像




■ 現在のメンバー
※ただし、メンバーについては流動的。
◆やくしまるえつこ(1987年6月3日生)
ボーカル担当。作詞・作曲を行う際の別名義は「ティカ・α」。相対性理論以外でも、TUTU HELVETICA、やくしまるえつことd.v.d、熱海のピンチョン、ひらくし°などのユニットで活動するほか、イラスト、朗読、ナレーション、CM音楽などの幅広い芸術活動を行っている。

◆永井聖一
ギター担当。Salyu、Emi Meyer のサポートも務める。
◆吉田匡
ベース担当。Open Reel Ensembleのメンバー。元OKAMOTO'Sの初代ベーシスト(オカモトマサル)。
◆itoken
ドラムス、パーカッション担当。d.v.d、トクマルシューゴ、栗コーダーポップスオーケストラのドラマー。2010年の「立式」から参加。
◆山口元輝
ドラムス、パーカッション担当。Shing02、湯浅湾、Emi Meyer のドラマー。
◆ZAK
サウンドエンジニア担当。フィッシュマンズのエンジニア。
◆米津裕二郎
サウンドエンジニア、バイオリン担当。

◆元メンバー
真部脩一、西浦謙助

▼ 相対性理論のメンバー
画像




■ アルバムリリースノート
一貫してインディペンデントでの活動を続け、『シフォン主義』で第1回 CD ショップ大賞を受賞、 続く『ハイファイ新書』『シンクロニシティーン』も大ヒットを記録、ミュータントアルバム『正しい相対性理論』では坂本龍一、大友良英、小山田圭吾、アート・リンゼイ、マシュー・ハーバート、 フェネス、といった国内外の枠を越えたアーティスト達を巻き込み、更にサーストン・ムーア、ペンギン・カフェらとのライブを経て、猛烈な進化を続ける相対性理論が放つ新世紀の金字塔。

鬼才・やくしまるえつこを中心とするポップ・シークレット・プロジェクト、相対性理論の3年3ヶ月ぶり(2013年時)となるオリジナル・アルバム。今作も全曲セルフ・プロデュースによる、唯一無二にして至高のポップ・ミュージックを収録。レコーディング&ミックスは数々の活動を共にするzAkが担当。- Amazon

▼ やくしまるえつこ
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「相対性理論 (バンド)」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/32-e105817d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空気公団 「春愁秋思」 «  | BLOG TOP |  » 竹達彩奈 「apple symphony」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !