FC2ブログ

2020-07

G.RINA 「LIVE & LEARN」

G.RINA 「LIVE & LEARN」■ アルバムデータ
タイトル:LIVE & LEARN
アーティスト:G.RINA
リリース:2017年1月11日
レーベル:Victor Entertainment

アルバム総評価:94


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  想像未来 feat.鎮座DOPENESS  ★★★★☆  
02  close2u★★★★★
03  All Around The World feat.土岐麻子★★★★★
04  そばにおいで★★★★★
05  フライデーラヴ feat.yoshiro (underslowjams)        ★★★★☆
06  街のレクイエム★★★★★
07  memories★★★★★
08  夏のめまい feat.田我流★★★★★
09  ヴァンパイア ハンティング feat.Kick A Show★★★★☆
10  しあわせの準備★★★★★


■ 講評
今回紹介するアルバム「LIVE & LEARN」は、女性シンガーソングビートメイカー/DJ である G.RINA(ジー・リナ)が2017年1月11日に Victor Entertainment からリリースした6thオリジナルフルアルバムである。2015年10月21日リリースの前作「Lotta Love」から約1年3か月振りのアルバムリリースとなり、全曲のラップパート以外の作詞・作曲、トラックメイク、アレンジなどは G.RINA 自身が手掛けている。

G.RINA は、音楽活動歴は10年以上と長いもののその知名度は決して高いとはいえないこともあってか、メジャーレーベルリリースによるアルバムながら、2017年1月23日付オリコン週間 CD アルバムランキングでは、残念ながら第213位に止まっている。

▼「LIVE & LEARN」
画像



本作からは、2016年12月7日に「All Around The World feat.土岐麻子」、12月21日にリードトラックである「close2u」の2曲が、アルバムリリースに先行して iTunes Store、レコチョク、mora でデジタル配信されている。また、アルバムリリースに伴い Victor Entertainment の YouTube 公式チャンネルでは 「close2u」のミュージックビデオが公開されており、バックバンドである Midnight Sun と共に香港で撮影されたアルバムの世界観を鮮烈に伝えるヴィヴィッドでエキゾチックな映像となっており、GYAO! ではフルサイズバージョンも公開されている。併せて「All Around The World feat. 土岐麻子」のトレイラー映像も公開中である。

▼「All Around The World feat.土岐麻子」
画像


▼「All Around The World feat.土岐麻子」7inchシングル(2017年2月22日リリース)
画像



パブリックリリースによれば、本作は「80's のモードを2016年型にビルドアップ、女性視点によるスライス・オブ・ライフを綴ったメッセージを込めながら、全曲彼女自身の作詞(ゲストのラップは除く)、作曲、ビート・メイク、アレンジにより、多彩なゲストを多数招いた、ディスコ・ポップの女神こと G.RINA の世界観を更に広げたファン待望の1作。」ということで、ゲストに ももいろクローバーZ や YUKI の作品にも参加するラッパー 鎮座DOPENESS、元 Cymbals のリードシンガーで、現在はソロとして活動し様々なジャンルのアーティストともコラボする 土岐麻子、Hip-Hop バンド underslowjams のヴォーカル yoshiro、山梨を中心に全国的に活躍するラッパー 田我流、DJ ユニット Y2FUNX の元メンバー Kick A Show といった超個性的なアーティストを迎えた全10曲を収録する意欲作となっている。

▼ G.RINA
画像



本作には、1980年代のブラックコンテンポラリーや、ディスコブギー、Hip-Hop をミックスした G.RINA 流の“ディスコポップ”な楽曲が収録されており、まさに“クィーン・オブ・ディスコ・ポップ”や“シンガーソング・ビートメイカー”などのキャッチフレーズを持つ G.RINA の本領が発揮された、メロディアスかつリズミックなサウンドが満載のダンサブルなアルバムに仕上がっており、ファンク色の強かった前作「Lotta Love」に比べると、より一層グルーヴな魅力が増したようだ。

また以前このブログでも取り上げた“J-R&B ディーヴァ”こと DOUBLE に比べるとラップを積極的に取り入れるなど Hip-Hop 色が強く、一見ストリート系の尖った雰囲気を漂わせる G.RINA であるが、決してビート重視のハードコア系 Hip-Hop というのではなく、本作でもジャズ、ダブ、Hip-Hop、R&B、エレクトロニカなどの多彩な音楽が絶妙に溶け合ったミクスチャーなアーバンサウンドを中心に、リスナーを選ばないキャッチーでメロディアスなアダルトコンテンポラリーサウンドを展開している。

G.RINA 自身クラブ DJ の経歴もあってかアルバム全体にクラブミクスなグルーヴ感が漂っており、そうしたトーンも G.RINA 独特なサウンドカラーとなっているようだ。

一方でそのヴォーカルは、低音域から中音域にかけての艶めいて大人な雰囲気の歌声から高音域での非常に繊細で透明感ある歌声までそのレンジも広く変化に富んでおり、不思議な色香が漂う魅惑的な歌声が印象的であるが、基本的には女性らしい優しさが伝わってくる柔らかい感触の歌声がベースとなっている。そんな G.RINA が奏でるグルーヴィーかつメロウなヴォーカルサウンドは流れるようにスムースで、ディスコティックなサウンドにもよく馴染んでその響きは非常に心地良い。

加えて G.RINA が、もし DOUBLE のように哀愁や悲哀といった「陰のオーラ」を纏うことができたなら、恐らく向かうところ敵なしであろう。現在41歳とアラフォーとなった G.RINA であるが、年齢を重ねるごとにその雰囲気も確実に変化しているようで、どちらかと言えば「陽」のイメージを持つ G.RINA が哀愁を帯びた「陰」なイメージのハウスバラッドを歌うことができる日もそう遠くないような気がするのである。次回作ではぜひそんなメランコリックな楽曲も期待したいものだ。

▼ G.RINA
画像



さて、今回紹介した新作アルバム「LIVE & LEARN」には、R&B やハウスサウンドを基調にしながら気鋭のラッパーをフィーチャーした Hip-Hop な楽曲からコーラスオンのメロウインストゥルメンタルに至るまで様々な切り口のサウンドがラインアップされており、前述のとおりディスコポップでバラエティに富んだアルバムとなっている。

中でも先行リリースされている #2「close2u」と #3「All Around The World feat.土岐麻子」の2曲は、否が応でも体がリズムを刻み出すアッパーチューンで、こうしたアップテンポでダンサブルな楽曲を歌わせたら G.RINA の右に出る者はいないというほど彼女の十八番的な楽曲となっている。

その他の楽曲も全体に陽気でポジティヴ指向な楽曲がラインアップされており、フィーチャリングを含めてスタイリッシュでアーバンコンテンポラリーな楽曲がモダンで、G.RINA の「女の粋」を感じさせるようなファッショナブルなアルバムに仕上がっている。

なお本作は、女性の日常の一片を切り取ったリアルかつカジュアルなメッセージが込められた作品ということで、歌詞の世界もラブソングを含めてアダルトコンテンポラリーな内容となっているが、ラップトラックに関しては個人的にストリート系特有の荒さというか男臭さが気になってしまい、残念ながら歌詞的には今一つ物足りなさを感じてしまった。

本作は全体的に品の良いアルバムといった印象であったが、次回作ではアルバムコンセプトも含めてより G.RINA にフォーカスしたヴィヴィッドでディープな世界を構築しても面白いのではないだろうか。

最後に前作に続いて「足」にこだわった非常に個性的なアートワークのアルバムジャケットであるが、今回のディスコミュージックのコンピレーションアルバムに使用されそうなデジタルアートなイラストレーションについては正直いただけなかった。せっかく美しい容姿の持ち主であるので、ジャケットについても G.RINA 本人のポートレートを活用するなど違った見せ方もあったように思われる。今回のアルバムで唯一このジャケットデザインだけが残念であった。(デザイナーさんすいません。あくまで個人的な感想ですので...)

最近元気がないと言われる日本の R&B/ソウルミュージックシーンであるが、 G.RINA はそんな R&B/ソウルミュージックシーンを牽引するベテランディーヴァとしてとして大いに活躍が期待される逸材である。ぜひ一人でも多くの方に知っていただきたい女性シンガーソングビートメイカーだ。

▼ G.RINA
画像




G.RINA(ジー・リナ)は、1976年東京生まれ育ちの Singer Song Beat maker/DJ である。イギリス人と日本人のクォーターで、イギリス人の祖母、親戚は日本人とアメリカ人の家系に育つ。G.RINA というネーミングは、イギリス方のファミリーネームである Goodings RINA(グディングス リナ)からとったものということで、“DJ セニョリーナ”名義で DJ としても活動。自身のレーベル Melody&Riddim の主宰者でもある。

発表したすべてのアルバムをセルフプロデュースし、作詞・作曲に止まらず、打ち込みから録音もすべて自ら行っている。

2003年、作詞・作曲/演奏/プログラミングを自ら手がけた1stアルバム「サーカスの娘 -A Girl From A Circus-」でデビュー。これまで今回紹介したアルバム「LIVE & LEARN」を含め計6枚のオリジナルフルアルバムをリリース。また、国内外・ジャンルを問わず幅広いアーティストへの歌詞/ 楽曲提供、サウンドプロデュース、リミックスに客演(土岐麻子、南波志帆、坂本冬美、Dorian、RSD、DjMadd、tofubeats、OMSB、Negicco 他)し、1996 年より都内のクラブで DJ として活動開始し、最先端のクラブミュージックをプレイする DJ としても幅広い活動を続ける。

思春期にクラシック、ヒップホップ、レゲエ、ダブ、ジャズ、民族音楽などあらゆるジャンルの音楽の影響を受け、そうした多様性そのものをルーツに独自の活動を展開中。その自由なスタンスから作り出される言葉とメロディは、その客演の多さからもわかるように現場のアーティスト達、マニアからポップス好きまで幅広く支持されている。

イベントに応じた多彩な選曲が持ち味ながら、昨今はディスコや広義のソウル、ヒップホップを中心としたバックトゥルーツな選曲をしており、出産等のため5年間の活動休止を経て制作活動を再開。2015年10月21日に5年ぶりとなる5thアルバム「Lotta Love」をリリースしたのに続き、2017年1月11日、6thアルバム「LIVE & LEARN」を Victor Entertainment よりリリースしている。

(出典:「G.RINA Official Web Site」他)

▼ G.RINA
画像




■ Music Video「close2u (Special Version with lyric)」




■ Music Video「close2u (Special Trailer)」




■ Music Video「All Around The World feat. 土岐麻子 (Special Trailer)」




*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした Victor Entertainment が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love3  最後まで御覧いただきありがとうございました。よろしければ1拍手いただけるとうれしいです。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/314-30e8ba25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浜田マロン 「レディ・モノクローム」 «  | BLOG TOP |  » Brian the Sun 「Brian the Sun」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !