FC2ブログ

2020-05

熊木杏里 「私は私をあとにして」

j0025■ アルバムデータ
タイトル:私は私をあとにして
アーティスト:熊木杏里
リリース:2007年10月24日
レーベル:キングレコード

アルバム総評価:85


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  新しい私になって  ★★★★★  
02  春の風★★★★★
03  七月の友だち★★★☆☆
04  最後の羅針盤★★★★★
05  君まではあともう少し★★★★☆
06  幽霊船に乗って★★★☆☆
07  月の傷★★★☆☆
08  0号★★★☆☆
09  一等星★★★★★
10  朝日の誓い★★★★★
11  水に恋をする★★★★★
12  ひみつ (ボーナストラック)          ★★★★★


■ 講評
熊木杏里(くまき あんり、1982年1月27日生)は、日本のシンガーソングライター・作曲家である。長野県更埴市(現・千曲市)出身。身長153cm。血液型B型。関東国際高等学校を経て目白学園女子短期大学卒。

▼Biography
2001年3月、日本テレビで放送された「嗚呼!バラ色の珍生!!」の歌手オーディションに参加。最終プレゼンで「時計」(メジャーデビューシングル『窓絵』収録)を歌唱し、5210人の応募者の中からグランプリを獲得。
2002年2月21日 シングル「窓絵」でバップよりデビュー。
2005年2月23日 キングレコードに移籍。
2011年10月 ワーナーミュージック・ジャパンに移籍。
2012年2月21日 デビュー10周年を迎える。
2013年3月31日 一般男性と結婚し、妊娠していることを発表。
2013年9月28日 第1子を出産したことを公式サイト及びブログで発表。
デビュー以来、映画、ドラマ、CM等に多数楽曲を提供している。

(出典:「熊木杏里」(2014年7月12日 15:07 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ 熊木杏里
画像




今回紹介するアルバム「私は私をあとにして」は、熊木杏里が2007年10月24日にリリースした4枚目のオリジナルアルバムである。全曲熊木自身の作詞・作曲による。

楽曲の高いクオリティから映像クリエイター達からも評価され、数多くの映画、ドラマ、CM などとコラボレーションを手がけており、このアルバムも6曲がタイアップ曲となっている。

(出典:「私は私をあとにして」(2014年2月23日 18:49 UTC) 『Wikipedia日本語版』)

▼ コラボレーション曲一覧
  №  曲          名コ ラ ボ レ ー シ ョ ン 先
01  新しい私になって    資生堂企業広告CMソング
02  春の風  映画「バッテリー」主題歌
04  最後の羅針盤  NHKドラマ「病院のチカラ-星空ホスピタル」主題歌
09  一等星  ロッテチョコレート「紗々」CMソング
10  朝日の誓い  ユニクロ「Wide Leg」CMソング
  フジテレビ系ドラマ「奇跡の動物園2007-旭山動物園物語」ED   
12  ひみつ  ユニクロ「ヒートテックインナー」CMソング


▼ 熊木杏里
画像




感情をストレートに表現する詩と柔らかで透明感ある歌声で、世代を超えて共感を得ている熊木杏里。哀愁が漂うメロディーと一片の詩のような歌詞で何気ない日常をさり気なく、それでいて奥深く描く。決して派手なサウンドではないが、朴訥とした独特な歌い方で、聴く者の心を揺り動かす不思議な魅力がある。

熊木の楽曲との最初の出会いは、このアルバムにも収録されている、2007年に佐藤江梨子と松山ケンイチが出演したユニクロの「Wide Leg」の CM に使用された「朝日の誓い」であった。

佐藤江梨子と松山ケンイチが恋人同士という設定のこの CM は、二人の何気ない日常を「朝」「昼」「夕」「夜」の4つの時間設定で描いていたが、この CM のラストシーンを見ることができるのはWEB限定の「特別」篇のみであり、当時、テレビCMにはなかった二人の別れを予感させるラストシーンに視聴者が反応し、インターネットを中心に話題を呼んだことは記憶に新しい。

それと同時に CM 曲を歌っているのは誰かということも話題になり、“朝日の誓い”は、熊木杏里の名前をメジャーにするきっかけともなった記念すべき曲である。

日々目にするCM映像とは怖いもので、「朝日の誓い」を聴くと必ず佐藤江梨子と松山ケンイチの二人のシーンが思い浮かんでくる。特に Web で公開された夜の横断歩道のラストシーンも重なり、この曲を聴くと妙に切なくやりきれない気持ちになってしまう。まさに映画のエンディングテーマのように聴いた後に不思議な余韻が残る素敵な曲である。

この CM が熊木杏里のアルバムを聴くきっかけとなったわけだが、そのせいもあって“朝日の誓い”は、熊木の楽曲の中でも一番のお気に入り曲となった。

アルバム自体は、派手さはないが耳に心地よく、タイアップ曲が多いこともありクオリティーも非常に高い。映画の主題歌集を聴くような感覚で楽しめるアルバムとなっている。ぜひお薦めしたい一枚である。

▼ 熊木杏里
画像




■ アルバムリリースノート
映画『バッテリー』の主題歌「春の風」で注目を集めたシンガー・ソングライター、熊木杏里の通算4枚目のアルバム。収録曲は『ロッテチョコレート・紗々』の CM ソング「一等星」など、ドラマ主題歌や CM ソングとして一度は耳にしたことのあるナンバーばかり。彼女のポテンシャルの高さが感じられる濃密な仕上がりです!- Amazon

▼ 熊木杏里
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「熊木杏里」「私は私をあとにして」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/30-88342008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

竹達彩奈 「apple symphony」 «  | BLOG TOP |  » 南波志帆 「水色ジェネレーション」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !