FC2ブログ

2020-05

コシュニエ 「パズル」

コシュニエ 「パズル」■ アルバムデータ
タイトル:パズル
アーティスト:コシュニエ
リリース:2016年4月20日
レーベル:銀星RECORDS

アルバム総評価:92


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  ペリカン号でどこまでも            ★★★★★  
02  アマヤドリ★★★★★
03  For special you!!!★★★★☆
04  永遠のトルテ★★★★☆
05  海へ★★★★★


■ 講評
今回紹介するアルバム「パズル」は、男女混成の2ピースバンドである コシュニエ が2016年4月20日にインディーズレーベルである 銀星RECORDS からリリースした3rdミニアルバムである。

2015年2月27日にぷちトートバック付き CD として発売されたシングル「ペリカン号でどこまでも」を再録し、リード曲とした5曲入りのミニアルバムとなっている。

また、今回の CD ジャケットのアートワークは、従来から一貫して使用してきた新鋭画家 渡辺彰吾 氏による描き下ろし作品ではなく、初めて写真が使用されており、撮影及び背景ドローイングは、映像ディレクター/イラストレーターである 重光あさみ(Focha!)が担当している。

▼「パズル」3rdミニアルバム
画像


▼「ペリカン号でどこまでも」1stシングル
画像



「コシュニエ / Co shu Nie」(※正式には Co shu Nie の“o”の上に・か2つ付く)は、2011年に神戸発大阪にて結成した、中村未来(Vocal,Guitar,keyboard,Manipulator)と 松本駿介(Bass)の2人によるエキセントリックポップロックバンドである。年齢は非公開だが、どうやらメンバーは平成生まれらしい。

元々「希望も絶望も呑み込んで生きる人間の孤独と強さを音楽で鳴らそうとするドラムレスの3ピースバンド」として活動していたが、メンバーであった 森澤元(Gutar)が脱退し、2015年秋から新体制となっている。その後サポートドラムを迎え、シーケンスを含めたスリーピースバンド形態で、音源のクオリティを完全再現できる実力派バンドとして更なる成長を遂げており、今回はそうした新体制による初のミニアルバムとなる。

女性ヴォーカルの切なさと斬新なセンスが存分に発揮された楽曲を、独自のポップセンスでチャーミングにラッピングし、音楽通はもちろんゲーム音楽などに親しんできた若者達からも支持を得るインディーズバンドで、ロックもポップも超えて、バンドサウンドにシーケンスを加えた軽やかに行進する独自な音楽指向を展開するバンド、という触れ込みの コシュニエ であるが、バンドの外郭を掴むべく、公式にリリースされている略歴等を総合すると、

2011年、結成直後に RO69jack2011 に入賞。
2012年、COMIN'KOBE2012 のオーデションを1位で通過し、神戸ワールド記念ホールで演奏。
2012年末、会場限定で 1st ミニアルバム「イドラ」をリリース。
2013年12月18日、神戸の老舗ライブハウス ART HOUSE より 2nd ミニアルバム「オルグ」と会場限定だった「イドラ」を全国同時リリースする。
2015年2月27日、シングル「ペリカン号でどこまでも」をリリース。
2015年、「でれんの!?サマソニ」オーディションで寺岡呼人賞を受賞し、サマーソニック2015に出演。森澤元(Gutar)が脱退。
2015年秋から新体制となり、サポートドラムを迎え、シーケンスを含めたスリーピースバンド形態で、音源のクオリティを完全再現できる実力派バンドとして更なる成長を遂げる。
2016年4月20日、新体制後初となる 3rd ミニアルバム「パズル」を全国流通盤としてリリース。

その他、朝日放送「musicるTV@KANSAI」に出演する他、MASH A&R MONTHLY アーティスト、関西テレビ「音エモン」出演 & 4月度マンスリーアーティスト「音エ~モン」にも選出されており、インディーズバンドとして着実に実績を積み重ねてきたバンドと言えるだろう。

▼「イドラ」1stミニアルバム
画像


▼「オルグ」2ndミニアルバム
画像



低音域から高音域まで縦横無尽に音がうねり、駆け巡る、非常に変則的で高度なメロディアレンジの複雑なサウンドを響かせるバンド「コシュニエ」。そんなじゃじゃ馬で難解な音楽を創作し、見事に歌いこなす紅一点、ヴォーカル 中村未来 の才能は圧巻だ。

本人は、通称「監督」とも呼ばれているようで、自ら PC を操ってサウンドを創作する等そのコンポーザーとしての類稀なる手腕を発揮して数々の楽曲を制作するとともに、バンドのアートディレクションを含め敏腕プロデューサーとしての役割も果たすなど、まさに八面六臂にマルチな才能を発揮している。

残念ながら現在はコアメンバー2人+サポートメンバー1名ということで、バンドというよりはユニット的な体裁となってしまっているが、そのサウンドの特異性は1stミニアルバムから普遍であり、バンドサウンドの名刺代わりとなる CD ジャケットに採用されている新鋭画家 渡辺彰吾 氏の作品に象徴されるような人間の内面を抉り出すような非常にアート感溢れるノイジーなアレンジもユニークで、楽曲の変則的なメロディー、静寂と轟音、緩急織り交ざったリズムらが相まった「うねるような音楽」と評される独自のサウンドを開拓している。巷ではポストロックにカテゴライズされているが、既存のポップロックなインディーズバンドとは明らかに異なる「孤高のバンド」的オーラを放つ異色のバンドである。

とりわけ 中村未来 のヴォーカルとしての才能には目を見張るものがあり、透明感溢れる伸びやかな歌声と高音部で微妙に裏返るこぶしが魅力的で、ツンデレな中にも艶めいた背徳感が漂う歌声で圧倒的な存在感を示している。ロリキュートなルックスとピンクやゴールドの染めたヘアカラーのインパクトあるルックスも、ある種カルトな雰囲気を持っており、リスナーを選ぶかもしれない反面、熱狂的な信者も多そうで少し怖い・・・。

▼ コシュニエ
画像



一貫してサウンドはロック基調ながらエレクトリック・ポップな味付けもあり、捉えどころのない変則的なメロディにより非常にドラマティックな音の世界を繰り広げるコシュニエであるが、それでも今回のミニアルバム「パズル」は、随分と正統派ポップに寄り添った作品となった印象が強く、前2作に比べて劇的に聴きやすいアルバムに仕上がっていると感じた。

このサウンドの変化にメンバー構成の変更が影響しているかどうかは定かでないが、新たなサウンドに果敢に挑戦する意気込みを感じさせるミニアルバムとなっているあたりに、5年選手ながらいい意味で発展途上なバンドが持つ秘めた可能性を感じずにはいられない。ファン層の幅を拡げそうなキャッチーな仕上がりの今作は、もしかするとメジャーデビューも視野に入れた試金石的な作品なのかもしれない。

ちなみに個人的には、2015年2月リリースシングル「ペリカン号でどこまでも」のカップリング曲で、コシュニエ の魅力を凝縮したような「サイコプール≒レゴプール」を大変気に入っているのだが、初めてこの曲を聴いた時のインパクトはかなり大きく、改めてインディーズシーンの奥深さを知るとともに、関西地区のインディーズが持つ熱量の凄さを羨ましく思ったりもした。そんな訳で今回紹介したミニアルバム「パズル」には収録されてはいないが、「サイコプール≒レゴプール」の限定公開ミュージックビデオも紹介させていただくので、ぜひ御覧いただきたい。

▼ コシュニエ
画像




■ 現メンバー

・中村未来(Vocal,Guitar,Keyboard,Manipulator)(写真:右)
・松本駿介(Bass)(写真:左)

▼ コシュニエ のメンバー
画像




■ Music Video「「パズル」trailer」



■ Music Video「ペリカン号でどこまでも」
Directed by 重光あさみ×オオギシトモヒロ
Camera オオギシトモヒロ×重光あさみ
Edit オオギシトモヒロ
Animation 重光あさみ
Produced by Focha!




■ Music Video「サイコプール≒レゴプール(物語B級MV)」
この物語は、深い深い森での不思議な宝石をめぐる恐ろしい追いかけっこのお話である。※限定公開



*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした コシュニエ が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love3  最後まで御覧いただきありがとうございました。1拍手いただけると嬉しいです。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/294-c5c24e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あーた 「naked」 «  | BLOG TOP |  » kiki vivi lily 「LOVIN’YOU」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !