FC2ブログ

2020-05

あいちトリエンナーレ2016 「岡崎地区」

あいちトリエンナーレ2016 ‐名古屋地区‐■ アートデータ
展覧会名:あいちトリエンナーレ2016
会場:岡崎市内のまちなか
会期:2016年8月11日(木・祝)‐10月23日(日)
主催:あいちトリエンナーレ実行委員会

アート総評価:85


■ アート雑感 - あいちトリエンナーレ2016 「岡崎地区」

現在、愛知県では、3年に一度の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2016」が開催されており、この地域のアートシーンもそれなりに賑わいを見せているようだ。

第3回目となる今回は、「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」(常に未知への、好奇心による無限の探求のかたちをとる、創造しながら旅(キャラヴァン)を続ける人間というコンセプト)をテーマに掲げていることもあってか、前回の会場であった名古屋地区と岡崎地区に新たに豊橋地区が加わったため、県内全域に拡大したこれら全ての会場を巡る行程は2日間にわたり、まさに「旅」そのものとなった。

今回は、その鑑賞行程のうち「岡崎地区」を訪れた際の雑感を御紹介したい。

岡崎市は、愛知県の中央部に位置する人口約38万人の西三河地方の中心都市で、名古屋からは名古屋鉄道の特急電車で約30分の距離にある中核市である。江戸幕府を開いた「徳川家康公」の生誕地として有名で、歴史と伝統に恵まれたまちでもあるが、ジャズによるまちおこしでも知られており、以前全国的にも話題となった市の非公式ゆるキャラ「オカザえもん」は、このあいちトリエンナーレの関連事業として2012年に開催された現代美術展「岡崎アート&ジャズ 2012」に、現代美術作家の 斉と公平太 が出展した「作品」である。

そんな岡崎地区の展示会場は、美術館ではなく全てがあいちトリエンナーレの特徴の一つである「まちなか」にあり、古い町屋や商業ビルなどの空きスペースを活用したユニークな展示が展開されている。そのまちなか展示で使用された建物等の空間が大小様々な作品の規模感と実によくマッチして、展示空間と作品が織り成す色彩豊かな景観の放つインパクトが圧巻で、名古屋地区以上に見応えのある充実の展示が展開されていた。

特に「六供会場」は、なだらかな丘陵地に寺や住宅が並び、細い路地が通る旧市街にあり、その展示に幕末に建てられた通称石原邸(国登録有形文化財「旧石原家住宅」)が使用されており、歴史を感じさせる旧家ならではの佇まいの中で浮かび上がる襖一枚で隔てられた内と外との明暗のコントラストが、作品の魅力を極限まで高めているように感じられて非常に興味深かった。

さらに圧倒的だったのが、「康生会場」岡崎公園多目的広場に展示されていた、10月1日(土)から16日(日)までの期間限定の巨大なモダンアートオブジェで、内部に入って鑑賞できる空間芸術作品「アーキテクツ・オブ・エアー」である。

五角形の幾何学美をモチーフとした全長50メートルにわたって連なる巨大作品「ペンタルム・ルミナリウム」は、否応なしに人々の目を惹き付け、当日も気温が30度を超える中にもかかわらず、整理券を求めて長蛇の列ができたほどだ。ちなみに鑑賞時間は30分で数十人単位での完全入替制である。

作品コンセプトは、光と色彩によってデザインされた空間芸術の内部で美的な感覚を研ぎ澄まし、驚きと不思議に満ちた感動を体験することにあるとのことで、実際、その外観からは想像できないような光と色彩が織り成す幻想的な異空間ラビリンスであった。

外から浸透する自然光のみが構造の内側を鮮やかに照らし出し、時間帯や天気によって様々に表情を変えるということで、遊園地にあるドーム型のふわふわ遊具のような非常に巨大なビニール製のバルーンの中をイメージしていたが、思った以上に自然光による色彩が鮮やかかつ強烈で、内部もコクーンが幾重にも連なったような形状となっており、普段味わうことができない不思議な世界を体験できて非常に感動的であった。

「ペンタルム・ルミナリウム」は、この作品を体験できたか否かであいちトリエンナーレに対する印象が180度変わってしまうほど強烈なインパクトを持った作品であり、今回、期間限定の中でこの作品を体験できたことは幸運であったと言えるだろう。

このように岡崎地区には、概してユニークかつダイナミックに空間を活用した作品が多く、ある意味あいちトリエンナーレの持つ魅力の全てが岡崎地区に凝縮されているように感じられた。

前売り券をお持ちの方は、ぜひ「ペンタルム・ルミナリウム」開催期間中に岡崎地区に足を運ばれることをお薦めしたい。

■ 六供会場「石原邸」

画像


画像


▼ 関口 涼子(日本)
画像


画像


▼ 田島 秀彦(日本)
画像


▼ 柴田 眞理子(日本)
画像


▼ Kawayan DE GUIA(フィリピン)
画像



■ 六供会場「籠田公園」

▼ Joao MODE(ブラジル)
画像



■ 康生会場「岡崎シビコ」

画像


▼ トランスディメンション-イメージの未来形
画像


画像


画像


▼ 野村 在(日本)
画像


画像



■ 康生会場「岡崎公園多目的広場」

▼ Architects of Air by Alan Parkinson(イギリス)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



■ 東岡崎駅会場「名鉄東岡崎駅ビル」

▼ 二藤建人(日本)
画像




■ 開催概要
<テーマ>
虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅(Homo Faber: A Rainbow Caravan)
<芸術監督>
港 千尋
<会期>
2016年8月11日(木・祝)~10月23日(日)[74日間]
<主な会場>
愛知芸術文化センター
名古屋市美術館
名古屋市内のまちなか(長者町会場、栄会場、名古屋駅会場)
豊橋市内のまちなか(PLAT会場、水上ビル会場、豊橋駅前大通会場)
岡崎市内のまちなか(東岡崎駅会場、康生会場、六供会場)
<事業展開>
現代美術を基軸としながら、ダンスやオペラなどの舞台芸術も展開します。
まちなかでのパフォーマンスや作品展示等の展開により、賑わいを創出します。
幅広い層を対象とした普及・教育プログラムを展開します。
多様な主体との連携による様々な事業を展開します。
県内での広域展開を図り、より多くの方々に現代芸術に触れていただける機会を創出します。
<主催>
あいちトリエンナーレ実行委員会


love3  最後まで御覧いただきありがとうございました。よろしければ1拍手頂けると励みになります。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/289-22068ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あいちトリエンナーレ2016 「豊橋地区」 «  | BLOG TOP |  » Eric Carmen 「Eric Carmen」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !