FC2ブログ

2020-05

リアル3区 「ドンキ行くけどなんかいる?」

リアル3区 「ドンキ行くけどなんかいる?」■ アルバムデータ
タイトル:ドンキ行くけどなんかいる?
アーティスト:リアル3区
リリース:2016年7月27日
レーベル:株式会社コトブキサン

アルバム総評価:93


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  ドンキ行くけどなんかいる?            ★★★★★  
02  ヒトミートペット★★★★★
03  FISH or BEEF?★★★★☆
04  ゴーストタウン★★★★★
05  サマーラブ★★★★★
06  決まり手ラップ★★★★☆


■ 講評
今回紹介するアルバム「ドンキ行くけどなんかいる?」は、3ピースハードコアポップバンドである リアル3区 が2016年7月27日に新鋭マイナーレーベルである 株式会社コトブキサン からリリースした2ndミニアルバムである。

リアル3区は、2014年に結成された ゆめ(Vocal,Sampler)、キーコ(Rap,Keyboards)、亀(Gutars,Vocal)による3人組ガールズバンドであり、本作は、2015年11月4日リリースの初の公式音源「住民税が私を殺す」から約9か月振りの待望の第二弾ミニアルバムとなる。

ハードコアポップバンドと呼ばれるだけあってかなりエグイ歌詞の楽曲が多い リアル3区 であるが、本作でも、ヤンキー女子の切ない思いを綴った、バンドにとって初となるラブソングにしてアルバムタイトル曲である「ドンキ行くけどなんかいる?」、1stミニアルバム「住民税が私を殺す」のレコーディングスタジオがあった首都圏のとあるベッドタウンをイメージして過疎化した街の悲哀を訴えた「ゴーストタウン」、動物愛護の気持ちや食物連鎖を思うジレンマを歌った「ヒトミートペット」など、ライブで人気のナンバーを中心に リアル3区 の世界観が炸裂した超個性的な計6曲を収録している。

ちなみに収録曲の中で一番強い思いを込めて書いたという「ヒトミートペット」のミートは、肉の「meat」であってボーイミーツガール的な「meet」ではないとのこと。ちょっと怖いかも…

▼「ドンキ行くけどなんかいる?」2ndミニアルバム
画像



前作「住民税が私を殺す」に引き続いて作詞・作曲は全てメンバー自らが担当し、サウンドプロデュースは Yutaka Kaburaki、ジャケットアートワークはグラフィック・デザイナーの 江森丈晃 氏(デザイン事務所 tone twilight 主宰)が手掛けている。

ちなみにアーティスト写真で用いられている釘バットは、ミュージシャン兼プロレスラーである THE CRAZY SKBB(インディーズレコードレーベル「殺害塩化ビニール」社長)からの借り物とのことであり、幅広い交友関係を窺わせる逸話である。

また、前作に引き続きラップアレンジに AKB48 のラップ指導でも知られる、5人組ヒップホップグループ「オトノ葉 Entertainment」の MC、Machee Def を迎え、サウンドに彩りを与えている。

現在、YouTube で収録曲「ドンキ行くけどなんかいる?」のミュージックビデオも公開中で、ヤンキー女子の恋心を歌った楽曲の内容に合わせてヤンキー風ファッションに身を包んだメンバー3人が登場。アルバムジャケットやアーティスト写真の世界観を拡張し、値札ラベラーや釘バットを片手に渋谷の街を徘徊する3人の様子が描かれた、なかなかユニークな作品となっている。

ちなみに PV 監督は、以前このブログでも紹介した アカシック や ハルカトミユキ などのプロモーションビデオも手掛ける映像作家 森岡千織 氏(映像制作会社 クラウディ株式会社代表)が担当している。

▼ リアル3区
画像




最近気付いたらどっぷりとハマッていたのが、ハードコアポップバンドとして知られる3ピースガールズバンド「リアル3区」である。異形のガールズポップを提供してきたと言われる超マイナーバンド?であるため、御存知の方は相当なガールズバンドマニアとお見受けする。

ポップかつ毒のある楽曲と、パンキッシュなライヴ・パフォーマンスで都内ライブハウス・シーンの注目を集めるリアル3区であるが、意外にも見た目は至って普通の女子であり、可愛らしいアイドル系女子(ただし年齢は不詳)と艶っぽくお美しい大人系お姉様なメンバーには、コアな男性ファンも多そうだ。

そんな愛くるしい印象の リアル3区 ではあるが、ハードコアなプレイスタイルとゆるカワチープな艶色&萌え系Wヴォーカルが堪らなくシュールで、そのメジャーアイドルへの夢を捨て切れなかった堕ちた地下アイドル感と日常をえぐる鋭い歌詞のデンジャラスな際どさとのギャップが限りなく不条理で、アブノーマルなアングラ臭を漂わせる実にユニークなバンドである。またメンバーはかなりの酒好きらしく、個人的にはその点も好感が持てるところである。

その一方でサウンド自体は、確かなテクニックに裏付けされた聴き応えある正統派ポップロックで、アルバムリードトラック「ドンキ行くけどなんかいる?」などは、四つ打ちダンスビートに乗ったかつて流行したユーロビート調の哀愁ポップで、この見た目のスタイルとサウンドのアンバランスさがサディスティックに脳内を蝕んで、気が付いたら頭の中で「ドンキ行くけど何かほしい?」のフレーズがリフレインするほどリアル3区中毒になってしまっていたほどである。

▼ リアル3区
画像



ライヴを中心とした活動を展開しているリアル3区であるが、ぐしゃ人間 を始め、ぱいぱいでか美、Kit Cat、魔法少女えっこちゃんといったアイドルなど対バンライヴの出演メンバーを見てもバンドを取り巻くアングラ臭が強く漂っていて興味深いが、名曲と言われる「カミカゼアタック」や「住民税が私を殺す」を聴いても分かるとおりバンドの持つポテンシャルは相当高く、ルックス重視のガールズバンドが少なくない中で、サウンドのみで真っ向勝負できる実力を持ったバンドとして、メジャーデビューも夢ではないと感じさせる逸材だ。

メンバー曰く、今作は CD がたくさん売れてもっともっと多くの人にリアル3区の音楽が届いてほしいという気持ちが強く込もった、リアル3区にとっても勝負に出たアルバムということで、いわゆるアルバム曲みたいな曲は入れずに全部がシングルカット、全部がリード曲になるものを収録したとのことである。

加えてテーマ、詞、曲、アレンジの全てにおいて納得したものしか入れてない力作ということであるが、中でも「ドンキ行くけどなんかいる?」は秀逸で、作詞(ゆめ・キーコ)・作曲(ゆめ)ともにこの楽曲を作ることができる並外れたサウンドセンスにすっかり魅せられてしまった。

なお「ドンキ行くけどなんかいる?」は、ヤンキー女子の切ない思いを綴った、バンドにとって初となるラブソングということであるが、ガールズバンドながらこれまでラブソングを手掛けたことがないという事実こそが、リアル3区のサウンドが持つ世界観の特異性を如実に表しているかもしれない。

バンド的にはアルバムの強度を増すため書き下ろしたという「ヒトミートペット」と今まで書けなかったバンド史上初となるラブソング「ドンキ行くけどなんかいる?」が要(かなめ)の楽曲のようであるが、その狙い通り哀愁を帯びた独特なセツナ系カラーが滲んだアルバムに仕上がっており、メンバーが語るように聴いててハッピーになるサウンドに溢れた攻めのアルバムとなっていると感じた。

アルバム「ドンキ行くけどなんかいる?」は、不思議と病み付きになる魅力を持ったリアル3区が、大きくステップアップするきっかけになることを予感させるのに十分な、これまた病み付きになりそうなポップアルバムである。百聞は一見に如かず。怖いもの見たさ感覚でぜひ聴いていただきたい一枚である。

▼ リアル3区(ゆめ様お美しい…)
画像




リアル3区(リアルサンク)は、ゆめ(Vocal, Sampler)、キーコ(Rap, Keyboards)、亀(Gutars, Vocal)による女子3人組バンドであり、「巻き込み系ボーカル&ラップユニット」、「異形のガールポップバンド」の異名をとるハードコアガールポップバンドである。メンバー3人全員が作詞、作曲、ヴォーカル、ラップを担当しており、現在は都内ライブハウスを中心に活動。対バンはアイドルからハードコアバンドまで幅広い。

2014年1月、「禁断の多数決」を脱退したゆめち(a.k.a.ローラーガール)と尾苗愛が、同時期に「BabypinkTablet」の活動を休止したキーコと共に結成。始動に伴い開設されたバンドのオフィシャル twitter 上で「わたしたち、リアル3区」と、第一声を残している。尾苗愛は POLTA、キーコは deliciousGIRL など別ユニットとしてもフレキシブルに活動。

2014年3月、渋谷 CLUB QUATTRO にて「TV Bros. Presents ~終わらないひな祭り~ 第1回チキチキ・ひな地獄フェスティバル!」に Negicco、ゆるめるモ!、寺嶋由芙、hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)らと共に出演し、初ライブを実施。

2014年8月、尾苗愛 が脱退。ゆめ(以前はゆめちとも名乗っていたがゆめに統一された模様)と キーコ の2人体制となる。尾苗愛 は POLTA として音楽活動を継続。

2014年12月、妹の あう(Vocal)とともに結成したガールズロックバンド「ぐしゃ人間」や過激な歌詞で話題を集めるバンド「猛毒のギタリスト」として活動し、リアル3区のライブにサポートギターとしても参加したことのある 亀(ぐしゃ人間 / 猛毒)がギター/ボーカルとして加入し、現在の編成となる。

2014年12月21日、東京・下北沢 SHELTER で開催の「lunch pack vol.00」で新体制での初ライブを実施。

2015年11月、初の公式音源となる1stミニアルバム「住民税が私を殺す」をリリース。北朝鮮拉致問題の チャールズ・ジェンキンス氏 と 曽我ひとみ氏 の再会シーンからインスパイアされたという「ジェンキンスさん」や第二次世界大戦を歌ったような「ぽんぽん」といった一風変わった反戦歌など、ポップかつ毒のある楽曲とパンキッシュなライブパフォーマンスが話題となる。

2016年7月27日、2ndミニアルバム「ドンキ行くけどなんかいる?」をリリース。

(出典:「リアル3区 OFFICIAL SITE」他)

▼「住民税が私を殺す」1stミニアルバム
画像


▼「ドンキ行くけどなんかいる?」2ndミニアルバム
画像




■ メンバー(2015年時点)
・キーコ(Rap, Keyboards)写真:中央
・亀(Guitars, Vocal)写真:左
・ゆめ(Vocal, Sampler)写真:右

▼ リアル3区のメンバー
画像




■ アルバムリリースノート
2015年11月リリースの初音源『住民税が私を殺す』から約9カ月。リアル3区待望のセカンド・ミニ・アルバムが発売決定! ヤンキーカップルの恋愛を描いたタイトル曲「ドンキ行くけどなんかいる?」や、過疎の街の悲哀を歌った「ゴーストタウン」など、今作もリアル3区ワールド全開。- Amazon

▼ リアル3区
画像




■ Music Video「ドンキ行くけどなんかいる?」
監督:森岡千織(クラウディ)



■ Music Video「カミカゼアタック」
リアル3区 1stミニアルバム「住民税が私を殺す」収録曲
監督:竹内道宏(神聖かまってちゃんのライブ映像や映画「世界の終わりのいずこねこ」を手掛ける)



■ Music Video「住民税が私を殺す」
リアル3区 1stミニアルバム「住民税が私を殺す」収録曲
監督:竹内道宏



*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした リアル3区 が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/278-a2d1bff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Earth, Wind & Fire 「I Am」 «  | BLOG TOP |  » ザ・なつやすみバンド 「PHANTASIA」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !