FC2ブログ

2020-05

TWEEDEES 「The Second Time Around」

TWEEDEES 「The Second Time Around」■ アルバムデータ
タイトル:The Second Time Around
アーティスト:TWEEDEES
リリース:2016年7月20日
レーベル:日本コロムビア

アルバム総評価:94


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  速度と力  ★★★★★  
02  STRIKERS★★★★★
03  PHILLIP (feat.ikkubaru)★★★★★
04  私の悪い癖★★★★★
05  バタード・ラム★★★★☆
06  melody★★★★★
07  Baby, Baby★★★★★
08  Winter’s Day★★★★☆
09  友達の歌★★★★☆
10  ムーンライト・フラッパー          ★★★★★


■ 講評
今回紹介するアルバム「The Second Time Around」は、シンガー 清浦夏実 と作曲家・音楽プロデューサー 沖井礼二 によるポップユニット TWEEDEES が2016年7月20日に日本コロムビアからリリースした2ndフルアルバムである。前作となる2016年3月18日リリースの1stフルアルバム「The Sound Sounds.」から約1年4か月ぶりのリリースとなる。TWEEDEES の詳細については、1stフルアルバム「The Sound Sounds.」の講評を参照していただきたい。

なお、「The Second Time Around」は、2016年8月1日付オリコン週間 CD アルバムランキング第48位を記録している。

ちなみに、初回限定盤には、デビューからこれまでの活動をピックアップした40分弱のドキュメントと、インタビュー映像「The Adventure of the TWEEDEES 2015-2016」、さらに「KLING! KLANG!!」「Winter's Day」「Baby, Baby」3曲のミュージックビデオを収録した DVD が附属している。

▼「The Second Time Around」【通常盤(CD)】
画像


▼「The Second Time Around」【初回盤(CD+DVD)】
画像



TWEEDEES(トゥイーディーズ)は、以前このブログでも取り上げさせていただいた、洗練されたファッショナブルなポップサウンドとファッショントレンドアイコン的なルックスで注目を集める、25歳の新進気鋭のシンガー 清浦夏実 と 沖井礼二(ex-Cymbals)により2015年に結成されたツーピースユニットである。

今回紹介する最新アルバム「The Second Time Around」は、その TWEEDEES が持ち前の華やかなサウンドに更に磨きをかけて、カジュアルからドレッシーまで様々なカラーの楽曲を全10曲ラインアップした、非常にカラフルでゴージャスな印象の作品である。また、比較的ロックテイストであった前作に比べてよりポップ色が増したような印象を受けるのは、前作「The Sound Sounds.」ではオリジナル10曲中 沖井礼二 が9曲を作曲、残り1曲も 清浦夏実 との共作とかなり 沖井 色が強かったのに対して、今作では 沖井礼二 が7曲、清浦夏実 が1曲、両者による共作が2曲と若干 清浦 色が強まったせいであろうか、いい意味でポップテイストでソフトタッチな楽曲が増えたように感じる。

沖井礼二 は以前、ポスト渋谷系と呼ばれる音楽ジャンルを代表するポップバンドとして知られた 土岐麻子 をヴォーカルに擁する「Cymbals」のギタリスト、ベーシストとして活動し、その作詞・作曲を担当するサウンドプロデューサーとしても才能を発揮していたため、その 沖井礼二 が立ち上げた TWEEDEES に Cymbals ライクなサウンドを求めるファンも多いようで、事実、沖井色が強く出た前作「The Sound Sounds.」は Cymbals ファンにも好評であったようである。そのため若干サウンドのトーンが変わったと言われる今作については、その評価が分かれているようだ。

個人的には、サウンド自体は前作「The Sound Sounds.」に比べよりキーボードとベースの厚みが増した重厚感溢れるアルバムに仕上がっているという印象で、特にスタイリッシュなベースプレイに 沖井礼二 らしい持ち味がしっかりと発揮されているように感じた。加えて02「STRIKERS」の Cymbals サウンドを思い起こさせるようなロック色の濃いギタープレイも印象的で、全体にアップテンポかつビートが利いたリズミックな楽曲からミディアムテンポでソフトタッチな楽曲まで幅広く、TWEEDEES らしい CM で流れるようなハウスポップでキャッチーなメロディラインの洗練された楽曲が揃っており、ユニットが醸し出す Swing out Sisters 張りのUK ロック的な非常に上質な空気感が、サウンドのカッコ良さを一段と増しているようで好感が持てた次第である。

▼ 清浦夏実(Vocal)
画像



また、シンガー 清浦夏実 のフレッシュ感漂うピュアなヴォーカルも軽やかで耳に心地良く、前作に比べてその歌声にも安定感が増してきたようで、沖井礼二流の重厚なサウンドアレンジに負けることなく積極的にフロントに出てくるような力強さが備わったようだ。

そんな芯の強いお嬢様ライクな上質な歌声がお洒落で乗りの良いサウンドにも実に良くマッチしており、今回 清浦夏実 本人が積極的に作曲に関わることで TWEEDEES のヴォーカリストとしてのポジションを揺るぎないものとしてリスナーに印象付けたのではないだろうか。

こうしたユニットとしての親和性の深化がサウンドにも現れて、デビューから1年が経過し、さらにバンドとしての結束と勢いが感じられる作品に仕上がったということであろう。その意味でアルバム「The Second Time Around」は、前作以上に「TWEEDEES らしいアルバム」と言えるかもしれない。

こうしたお洒落でゴージャスな、それでいて偉ぶらず上品なユニット感が絶妙で、こうした肌感覚が TWEEDEES が持つ魅力の秘密ではないだろうかとも感じるが、願わくばまだまだマイナーな域を越えない TWEEDEES サウンドをより広く知らしめることができるよう、レーベルサイドは積極的にタイアップ等の機会を創出してほしいものである。

▼ 沖井礼二
画像



さて、アルバム自体は、前述のような素敵なサウンドが満載で、聴く者全てが幸せな気分に浸れるような明るい雰囲気を持ったアルバムとなっている。

ヴィジュアルイメージを想起させるような楽曲という意味で CM 的な楽曲と申し上げたが、陽気かつ爽やかで、巧みにリスナーの気分を高揚させるメロディメイキングとコード、ビートアレンジの妙はまさに 沖井礼二 ならではであり、こうしたいわゆる「絵になる楽曲」は、TWEEDEES サウンドの真骨頂と言えるだろう。

ただ、トータルで聴くと特に後半の印象がプレーンで、前作で感じたような楽曲の持つ強烈なインパクトやアルバムとしてのメリハリ感が感じられなかったことは残念であった。メンバー曰く、今回は設計図的な形では、あまり綿密に作り込まないようにして臨み、コンセプトらしいコンセプトは掲げずに、メンバーが今やりたいことを追及した結果としてのアルバムということであるが、そうしたこともアルバムから受ける印象の一因となっているかもしれない。

アルバム制作におけるコンセプトは、アーティストの作品に対する動機付けや重要な設計チャートであり、それがあって初めて楽曲という章を繋ぐストーリーが完成し、タイトルを冠したアルバム作品としての味わいや深みが出てくるのではないだろうか。今回は敢えてそうした制作過程を採らなかったということであるが、絵になる TWEEDEES サウンドだからこそ、従来通りの手法であれば、収録曲の質感が似通っていても一本の映画や小説のように不思議とアルバム全体に抑揚や起承転結が感じられたのではないかと思うと、僭越ながら少々残念ではあるところだ。

もちろんそんな中でも、今作では 清浦夏実 が作曲、沖井礼二 が作詞を手掛けたメディアムテンポの楽曲「melody」を始め、ワルツ系のリズムを取り入れた「友達の歌」やジャジーな「ムーンライト・フラッパー」など新機軸の楽曲も収録されており、「The Second Time Around」とタイトルで2ndアルバムであることを明示するだけあって、1stアルバムを凌駕する出来栄えの自信作であると感じた。

1stアルバムの持つアグレッシヴなサウンドイメージとの違いに戸惑うファンも少なくないようであるが、このアルバムの持つソフトでメロウな感じは、ユニットが目指す方向性として決して間違ってはいないと思う。1stアルバム以上に気に入っているお薦めのファッション雑誌のようなアルバムである。

▼ TWEEDEES
画像




■ アルバムリリースノート
シンガー清浦夏実と、沖井礼二(ex.Cymbals)によるバンド、TWEEDEES。ファースト・アルバム『The Sound Sounds.』がミュージックマガジン誌レビューでは10点満点、2015年年間ベストアルバム歌謡・J-POP部門では8位にランクインと高評価を得ている中での、待望のセカンド・アルバムがリリース! - Tower Records / JMD

▼ TWEEDEES
画像




■ Music Video「The Second Time Around」ティザー



■ Music Video「Winter's Day」



*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした ColumbiaMusic が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/275-36c28105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Dan Fogelberg 「Phoenix」 «  | BLOG TOP |  » さめざめ 「HのつぎはI」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !