FC2ブログ

2020-05

さめざめ 「HのつぎはI」

さめざめ 「HのつぎはI」■ アルバムデータ
タイトル:HのつぎはI
アーティスト:さめざめ
リリース:2015年11月11日
レーベル:samezame RECORDS / AFD's Music Entertainment

アルバム総評価:94


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  恋せよ、破天荒  ★★★★★  
02  メロエロエロメロメロメロエ          ★★★★★
03  0.01ミリの宇宙★★★★★
04  メガネ男子★★★★☆
05  進撃★★★☆☆
06  ラストラブシーン★★★★★


■ 講評
今回紹介するアルバム「HのつぎはI」は、シンガーソングライターである 笛田さおり のソロプロジェクト「さめざめ」が2015年11月11日にインディーズレーベルである samezame RECORDS / AFD's Music Entertainment からリリースしたアルバムである。

全曲の作詞・作曲を 笛田さおり、編曲を さめざめ が担当している。また、笛田さおり(Vocal,Chorus,Handclap)の他、アルバム制作のサポートメンバーとして 渋谷明史(Guiter,Handclap)、HIRUMAN(Bass)、シュン/KT(Drums)、佳奈子 (from ORGALOUNGE)(Keyboard)、木下ひろこ(photo)らが参加しており、レコーディング、ミキシング、マスタリングはレコーディングエンジニアである FOFTOO / O-kiku が担当している。

▼「HのつぎはI」
画像


画像



人には言えない女子の本音を赤裸々に歌い、女子高生から OL まで幅広い女性に支持される さめざめ であるが、今作は、2012年のメジャーデビューから3年目の節目に敢えて Victor Entertainment というメジャーレーベルを離れ、古巣であるインディーズレーベル samezame RECORDS / AFD's Music Entertainment からリリースする“インディーズ回帰作”となる。

アルバムは、放送自粛になりかねない作品を敢えて収録した計6曲を収録し、超個性的なジャケットデザイン・アートワークは、ゲスの極み乙女のアートワークなども手掛ける自称“恋する絵描き”こと作家、イラストレーターの福井伸実氏が担当している。

ちなみにメジャーデビューを果たしたバンドが、活動上の制約等を理由にインディーズレーベルに戻ることは決して珍しいことではないが、さめざめのインディーズへの詳細な回帰理由については明らかにされていない。ただ、メジャーシーンへの進出で活動の幅が広がる一方、過激な表現を含む歌詞に自ら制約をかけることが増えていったと本人が語るように、笛田さおり の打ち出す音楽の特異性やマルチアーティストとしての方向性を考えた場合、メジャーレーベルがゆえの制約の下での活動には自ずと限界があったのかもしれない。

▼ ヴィレッジヴァンガード限定盤グッズ(ポーチ)
画像


なお、ヴィレッジヴァンガードでは、「福井伸実描き下ろし女の子のワケありポーチ」グッズ付きのヴィレッジヴァンガード限定「HのつぎはI」~女の子盤~が販売されており、購入者特典として「ラストラブシーン」の MUSIC VIDEO が、またタワーレコード購入者には特典「恋せよ、破天荒」の MUSIC VIDEO が付いてくるとのことである。

▼ さめざめ
画像



「HのつぎはI」=「エッチの次は愛」。おーっ、シンプルながらなかなか練られたアルバムタイトルではないか。このアルバムタイトルよろしくジャケットも崇高か、と思いきや、御覧のとおり実にエロいイラストじゃないですか!!

下着をずり下した四つん這いのセクシー少女のバックにそそり立つ男根(のようなモノ)!?これって CD ショップの店頭に並べちゃ駄目でしょう。ていうか手に取る際に何気に周りの目を気にしてしまったじゃないですか。(よく見るとこの男根のようなものに「愛」、「メガネのイラスト」、「しらばっくれてんじゃねーよ」などいろいろな落書きが施されているので、ぜひじっくり御覧いただきたい。)

そんな見るからにエロティックなアルバム「HのつぎはI」であるが、そのタイトルに違わず収録曲も実にエロティックで、冒頭のリードトラック「恋せよ、破天荒」からいきなり「腐れチン●」の連呼とは恐れ入りました。iTunes Store では未成年者に不適切な内容が含まれている恐れがあることをあらかじめ告知するラベル [Explicit] まで付いてるし、これってもしかして放送禁止用語でラジオでもオンエアできないんじゃないでしょうか・・・。まあ さめざめ の場合、あまり驚くようなことでもないかもしれないですが。

メジャーデビューシングル曲「愛とか夢とか恋とかSEXとか」が有線放送やラジオ局で放送自粛となり、メジャーデビュー後も問題作を発表してきた、さすがは日本の三大メンヘラとしての誇りを歌っているという“メンヘラ界のカリスマ” 笛田さおり ならではのぶっ飛んだ歌詞である。彼女は元々”女の子が普段言えない気持ち”や”性”についてをテーマにして、一歩踏み込んだものを曲にしているが、まさかこのアルバムが作りたくてわざわざマイナーレーベルに回帰したわけではないですよね・・・。

このように近年稀に見る際どいアルバム「HのつぎはI」であるが、歌詞のえげつなさを別にすれば、さめざめ が描くリアルな女の本音?が窺えるエロくてイタい恋愛描写は異性の興味を引くとともに同性の共感も呼びそうである。(実際に さめざめ は、女性ファンを主眼において音楽活動を展開しているとのことである。)その一方で、昭和のにっかつロマンポルノのようなノスタルジックなエロスを感じさせる「歌謡ロック」サウンドは、その歌詞のえげつなさをも霞ませてしまうほどのダイナミズムを秘めており、頼もしささえ感じさせる。

そして さめざめ が繰り出す楽曲を聴くと、そうしたダイナミズムの根源が、ヴォーカル 笛田さおり の歌声であることがよく分かる。エロティックな歌詞からは想像できないネクストドアライクな優しいお姉さん的ルックスから発せられる艶めかしいエロエロヴォイスは男心を弄ぶ小悪魔的な魅力を持つとともに、時折見せるツンデレなシャウトも堂に入っていてサディスティックな迫力に満ちており、そのメンヘラなスケベキャラに箔を付けているようだ。

通常、ジャケットやプロモーションビデオなど掴みでエロスを前面に押し出し過ぎると、椎名林檎のように計算ずくのあざとさが鼻についてしまうのだが、さめざめの場合は、笛田さおり というキャラクターの印象もあってか、デビュー当時から一貫して本能的な好色さが感じられて、その突抜け感というかぶっ飛び感が清々しくさえ感じられる。そうしたぶれることない音楽指向と欲求不満でエロティックな体臭が実に自然体で嫌味でないところが、さめざめサウンドに対する肯定的な評価に繋がっているのかもしれない。

「HのつぎはI」は、笛田さおり の狙い通り異性のみならず同性にも受け入れられそうな、良くも悪くも さめざめ らしい歌謡ロックサウンド満載の衝撃作である。インディーズへの回帰を機に、今後ともメンヘラ界のリーサルウェポンとしてますます暴走することを大いに期待したい。

▼ さめざめ
画像




笛田さおり(フエダサオリ)は、1982年1月24日生まれ、神奈川県鎌倉市出身の音楽家・文筆家・作詞家である。ミュージシャンであった父親の影響で幼少期から音楽に親しむ。高校3年生の時に初めてバンドを組むが3年ほどで解散し、その後ソロ活動を展開。

2004年、作詞家としてメジャーデビュー。

2009年、「愛とか夢とか恋とかSEXとか」の誕生をきっかけに 笛田さおり のプロジェクトとして“さめざめ”の活動を開始。女の子の言えない本音を書き下ろした楽曲がインターネット上で多くの反響を集め、10代~20代前半の女性から支持を獲得する。ちなみに 笛田さおり によれば、“さめざめ”は辞書で引くと”しきりに涙を流して静かに泣くさま”という意味で、さめざめの曲は”さめざめ泣く”という表現がピッタリだな思い、この名前にしたとのことである。

2012年1月18日、初の全国流通盤アルバム「スカートの中は宇宙」をインディーズで発売したところ、全国 CD ショップ店頭でさらなる話題となり、ライブでもワンマンライブのチケットソールドアウトや、大型野外フェス出演など、多くの音楽ファンの注目を集める。

▼「スカートの中は宇宙」インディーズ1stアルバム
画像



2012年7月4日、ライブ会場、オフィシャル WEB ストア限定でインディーズ1stシングル「ズボンのチャック/スカートめくり」をリリース。

▼「ズボンのチャック/スカートめくり」インディーズ1stシングル
画像


画像



2012年12月5日、シングル「愛とか夢とか恋とかSEXとか」で Colourful Records(Victor Entertainment)よりメジャーデビューし、iTunes やレコチョクの“注目の新人”に紹介され注目を集める。

▼「愛とか夢とか恋とかSEXとか(通常盤)」メジャー1stシングル
画像


▼「愛とか夢とか恋とかSEXとか(初回限定盤)」
画像



2013年5月15日、自身の問題作を集めた入門編ベストアルバム「さめざめ問題集」をリリース。

▼「さめざめ問題集」1stベストアルバム
画像



2014年9月24日、女性の心の内側を赤裸々に描いたメジャー1stフルアルバム「さめざめ白書」をリリース。同9月25日にディスカヴァー・トゥエンティワンから初の書籍「誰にも言えない恋ばっか」を出版。

▼「さめざめ白書(通常盤)」メジャー1stアルバム
画像


▼「さめざめ白書(初回限定盤)」
画像



2015年9月21日、TwitCasting にて会見を行い、メジャーからインディーズに戻ったことをファンに説明。
2015年11月11日、インディーズ回帰作となるアルバム「HのつぎはI」を samezame RECORDS からリリース。

▼「HのつぎはI」
画像



2016年7月13日、「きみが死ぬとき思い出す女の子になりたいep」を samezame RECORDS からリリース。

▼「きみが死ぬとき思い出す女の子になりたいep」
画像


(出典:「さめざめオフィシャルホームページ」他)



■ アルバムリリースノート
“さめざめ”がインディーズ回帰作のリリースが決定!これまで歌ってきた“性の先に愛がある”ことをフラットに共感できる楽曲を収録。- Amazon

▼ さめざめ
画像




■ Music Video「インディーズ回帰アルバム「HのつぎはI」全曲ダイジェスト」



■ Music Video「ラストラブシーン」
dir.cam.ed.:戸田らら美



■ Music Video「恋せよ、破天荒 (ピーVer)」
dir.cam.ed.:戸田らら美



*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした さめざめ が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/274-e92f0c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TWEEDEES 「The Second Time Around」 «  | BLOG TOP |  » 城領明子 「サイレント」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !