FC2ブログ

2020-05

FRONT LINE 「Someday, Somewhere」

FRONT LINE 「Someday, Somewhere」■ アルバムデータ
タイトル:Someday, Somewhere
アーティスト:FRONT LINE
リリース:2016年5月11日
レーベル:Mirai Note/SPACE SHOWER MUSIC

アルバム総評価:89


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  ありがとう。  ★★★★★  
02  Let's go★★★★★
03  Rainy day★★★★★
04  君のそばに album ver.          ★★★☆☆
05  いつの日か★★★☆☆
06  スターライト★★★★★
07  さよならまたね★★★★★


■ 講評
今回紹介するアルバム「Someday, Somewhere」は、音楽プロジェクトである FRONT LINE が2016年5月11日にインディーズレーベルである Mirai Note / SPACE SHOWER MUSIC からリリースした1stミニアルバムである。

CD の帯のキャッチコピーは「思い出のアルバムを開くように、もう一度「あの日の自分」に会いに行く。」となっている。

なお Mirai Note は、FRONT LINE が立ち上げた自主レーベルであり、「未来の音」という意味と、「みんなとこの先一緒に描いて行く楽譜(ノート)」という意味を掛け合わせたネーミングであるとのことである。

▼ FRONT LINE
画像



FRONT LINE は、トラックメイカー兼 DJ の SHOTARO(ショウタロウ)と、MC の2Y(ツーワイ)、Vo/MC の RYOMA(リョーマ)の 2MC の3ピースをベースとして2014年に活動を開始した音楽プロジェクトであり、SHOTARO の心地よいトラック、リズミカルな 2MC のラップをベースに、場面に合った様々なアーティスト、バンドメンバーを起用し、ジャンルやエリアに囚われない幅広い活動を展開している。

サウンドコンセプトは「耳を塞ぎたくなるような、都会の喧騒を離れた一隅。」ということで、日常の疲れを忘れ、笑顔を取り戻せるというライブにも注目が集まっており、モールやタワーレコードでのライヴを中心に草の根的なライヴ活動を積極的に展開している。

今回紹介する「Someday, Somewhere」は、そんな新感覚の音楽ユニット FRONT LINE の1stミニアルバムである。

心に響くメッセージを、どこか懐かしいメロディとテンポ感のいいラップで表現しており、2015年から2016年にかけて行われた渋谷クラブクアトロのワンマンライヴ「someday,somewhere vol.1~vol.2」で、特に人気の高かった楽曲を凝縮した一枚となっている。

今作のコンセプトは、「一冊の思い出のアルバム」ということで、この一枚にいつかどこかで出逢えたら、懐かしいあの日の自分に戻り、大切な人に対する素直な気持ちや、語り合った夢をもう一度思い出して欲しいというプロジェクトの思いが込められている。

ちなみに明るい未来へ続くような一本道のフォトにスタイリッシュなロゴデザインが配されたアルバムジャケットは、過去の FRONT LINE 作品も手掛けている a-rock design が担当している。

▼「Someday, Somewhere」
画像



リードトラックとなる両親への感謝を綴った「ありがとう。」を始め、ハートウォーミングな楽曲を中心に全7曲により構成されており、「歌詞に込めたメッセージ」をポイントとして、人生の中で誰もが経験する「出逢い」や「別れ」にスポットを当て、日々直面する寂しさや、共に過ごせる喜びなど、日常に生まれる感情をありのままに描いている。

1曲目「ありがとう。」は、父の日、母の日に贈る歌として作られた、両親への感謝の想いをストレートに綴った楽曲である。「ありがとう」という言葉をキーワードに、口ずさみやすいどこか懐かしいメロディで構成されている。この楽曲のミュージックビデオは、スペースシャワーTVを始め各ケーブルテレビ、タワーレコード店頭ビジョンにてオンエア中であり、NACK5を始め、各FM局でもオンエアされている。

2曲目「Let’s go」は、ライブで定番のオープニングナンバーである。暗い毎日を引きずるのではなく、何度だってやり直せる!意識を変えた時、その場所が新たなスタートライン!そんなメッセージを込めた楽曲となっている。

3曲目「Rainy day」は、すばり失恋ナンバーである。心の中にいつまでも雨のように降り続く君への想い。そんな気持ちを綴った、女々しくも切ない楽曲となっている。

4曲目「君のそばに」は、FRONT LINE 的応援歌である。2015年3月に、ユニバーサルミュージックより「新生活応援」をテーマにリリースされたコンピレーションCDにも収録された楽曲である。

5曲目「いつの日か」は、ライブのエンディングナンバーでもあり、楽しかった日はいつか終わりが来るけれど、またいつの日かどこかで再会しようというテーマで、今作のアルバムタイトル「Someday,Somewhere(いつかどこかで)」の元にもなった楽曲。

6曲目「スターライト」は、ライブ会場で大人気のミラーボールキラキラパーティーチューンである。テンポいいラップと、覚えやすいメロディで、子供から大人まで幅広く盛り上がれる FRONT LINE 代表曲の一つである。

7曲目「さよならまたね」は、大切な人との別れの時、笑顔でその時を迎える為に別れをポジティブなスタートとして捉えた、優しく切ない楽曲で、ライブ会場では多くの涙が生まれる、最も感動的な楽曲の一つとなっている。

▼ FRONT LINE
画像



ここ最近、Hip-Hop 系ミュージック人気は影を潜め、名の通ったパフォーマーやパワーグループでさえも一時期の勢いが感じられずヒットチャートを賑わすこともほとんどなくなってしまった。ミュージックシーン全体に活力がない中で、Hip-Hop 系は特に不遇の時代を迎えている感が強い。

考えられる要因は様々あるが、特にサウンド面での「出尽くし感」が強いことがあるのではないかと感じている。Hip-Hop 系サウンドにおいてはリズムが重視されがちであるが、その分サウンド面で新機軸を見つけ出すことが難しく、コアな Hip-Hop になればなるほど、どうしても楽曲のトーンが似通ったものになってしまう傾向にある。そうしたこともあって既出のパフォーマーを越えられないニューカマーが多く、ヴォーカルの肝である RAP に関しても、斬新さや新鮮味に欠けたものが少なくない。

ただ、そんな新規性を打ち出すことが難しい Hip-Hop 系ミュージックシーンにおいても、へこたれることなくニューカマーが果敢に挑戦し続けている状況は、新しい時代の到来を予感させるポジティヴなエネルギーが感じられて非常に頼もしくもある。

そうした中で登場した、明るくポップライクなメロディーラインと心地良く響く渋めのヴォーカルが印象的な Hip-Hop 系音楽プロジェクトが、今回紹介する FRONT LINE である。

正直目新しさという点でインパクトはないものの、サウンドが醸し出す Hip-Hop と POP のボーダレスな雰囲気が独特で、特にメジャーコードのストリームなメロディーラインの中にそこはかとなく漂う乾いた哀愁が新鮮で、アルバム全体に溢れるナイーブな空気感からメンバーが持つジェントルさが伝わってくる。

一種独特の空気感を感じるのは 2MC のためだろうか、ヴォーカルのハーモニーが楽曲に奥行きを持たせ、他のグループ等にはない FRONT LINE らしい魅力となっているようだ。

歌詞についても、ハートウォームな「愛」や「人生」をテーマにしたものが多く意外性には欠けるが、聴いていて共感できる部分が多く、ポップテイストな柔らかい曲調に馴染むリスナーと等身大の歌詞の世界観を感じた。

また、活動開始後の日が浅い中で2曲もの楽曲が映画音楽に採用された実績が物語るように、FRONT LINE は映像に広がりを与えるような非常に深みのあるサウンドを作り出すことに長けたプロジェクトであり、今回のアルバムでも既にプロモーションビデオが公開されているリードトラック「ありがとう。」を始め「スターライト」や「さよならまたね」のように、今後映像とのコラボが期待される非常に胸打つ佳曲が揃っている。

一方、活動開始から既に2年以上が経過しているにもかかわらずメディアへの露出がほとんどなく、インターネット上でさえ彼らに関する情報は極めて少ない。

そんな残念な状況が続いていた中、去る5月11日のスペースシャワー TV において FRONT LINE の特番が放映されたり、5月20日付の K-MIX(静岡エフエム)の週間ランキングでは「ありがとう。」が初登場11位にランクインするなど、ここに来て徐々にその頭角を現してきており、プロジェクトとしてもようやく追い風が吹いてきたようだ。

今回のミニアルバム「Someday, Somewhere」のリリースを機に、今後全国規模での更なる飛躍が期待できそうな今注目の音楽プロジェクト「FRONT LINE」である。

▼ FRONT LINE with にへい*あやこ
画像




2014年2月、トラックメイカー兼 DJ の SHOTARO と、MC の 2Y、Vo / MC の RYOMA の3人が集まり活動開始。静岡、東京を中心にエリアを広げ活動中。
2014年7月30日、結成直後に制作した第1弾デジタルシングル「雨のち晴れ feat. にへい*あやこ」を配信開始。2014年11月28日から開催された新人監督映画祭にノミネートされた、中田圭監督の「デルモルデ~輝いて~」の主題歌に抜擢される。

▼「雨のち晴れ feat.にへい*あやこ」
画像



2014年11月30日、会場限定で1stシングル「生きる / FRONT LINE feat. Rika」をリリース。2015年1月より全国ロードショーの元モーニング娘。の新垣里沙主演、荻島達也監督作品映画「ブラック・フィルム」の主題歌(エンディングテーマ)に起用され、制作楽曲に注目が集まる。

▼「生きる feat.Rika」
画像



2015年3月、ユニバーサルミュージックコンピレーション CD「未来を思い出せ!!」に未発表の新曲「君のそばに」で参加。

▼「未来を思い出せ!!」
画像



2015年5月28日、渋谷クラブクアトロにて、初となるワンマンライブ「someday.somewhere~vol.1~」を開催し、約500人を動員する。

2016年5月11日、1stミニアルバム「Someday,Somewhere」をリリース。
2016年7月6日、渋谷クアトロにてワンマンライブ開催決定。

▼ FRONT LINE
画像




■ メンバー
◆ RYOMA(リョーマ):MC / Vo(写真右)
Smiloop Project 主催。楽天 FM 内「Smiloop FM」局長。音楽レーベル Mirai Note 代表。
◆ 2Y(ツーワイ):MC(Rap)(写真中央)
◆ SHOTARO(ショータロー):Trackmaker(写真左)

▼ FRONT LINE
画像




■ アルバムリリースノート
トラックメイカー兼 DJ の SHOTARO と、MC の 2Y、Vo / MC の RYOMA による3人組、FRONT LINE のファースト・ミニ・アルバム。心に響くメッセージを、どこか懐かしいメロディ+テンポ感のいいラップで表現。2015年~2016年に行われた渋谷クラブクアトロのワンマンライヴ“someday,somewhere vol.1~vol.2”で、特に人気の高かった楽曲を凝縮した一枚。- Amazon

▼ FRONT LINE
画像




■ Music Video「FRONT LINE 1st mini album『Someday,Somewhere』30min SPOT CM」



■ Music Video「ありがとう。」



*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした FRONT LINE が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/265-656de09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

livetune+ 「Sweet Clapper」 «  | BLOG TOP |  » 第13回きんさんdeないと!

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !