FC2ブログ

2020-05

The Alessi Brothers 「Long Time Friends」

The Alessi Brothers 「Long Time Friends」■ アルバムデータ
タイトル:Long Time Friends
アーティスト:The Alessi Brothers
リリース:1982年
レーベル:Qwest Records

アルバム総評価:91



■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  MV  
01  Jagged Edge(愛はいたずら)   ★★★★★  youtube02
02  You Got The Way★★★★★youtube02
03  As Far As I'm Concerned(恋人たちのララバイ)      ★★★★☆youtube02
04  Rise Up★★★★☆ 
05  I'm Gonna Tell Her Tonight(今夜つたえて)★★★★★youtube02
06  Put Away Your Love(そよ風にくちづけ)★★★★★youtube02
07  What A Way To Go★★★★★youtube02
08  Still In Love★★★★☆youtube02
09  How Long How Much★★★★★youtube02
10  Forever(想いはとこしえに)★★★★☆youtube02
11  Long Time Friends★★★★☆youtube02

※( )は日本語タイトル。

■ 講評
今回紹介するアルバム「Long Time Friends」は、アメリカ人のポップロックシンガーソングライター・デュオである The Alessi Brothers が1982年に Qwest Records からリリースした5thアルバムである。

1980年当時は洋楽に日本語タイトルを付けることも珍しくなく、本作に付けられた日本語タイトルは「そよ風にくちづけ」であった。ちなみに販促上の判断からかシングルカットされた「Put Away Your Love」にも同じ「そよ風にくちづけ」という日本語タイトルが付けられていた。

また、日本リリース LP 盤の帯に付されたキャッチフレーズは、「クインシー・ジョーンズ総指揮、クリストファー・クロスがプロデュースを担当。そして、選び抜かれた一流のゲスト・ミュージシャンが参加したアルバム。厳選された楽曲、洗練されたヴォーカル、豪華なサポート陣で仕上げたアレッシーの大傑作である。」であった。

▼「Long Time Friends」
画像


▼「Long Time Friends」 CDジャケット裏面
画像



エグゼクティヴ・プロデューサーにリリースレーベル Qwest Records の創設者である Quincy Jones、プロデューサーにシンガーソングライターである Christopher Cross と Michael Ostin(後の1996年-2003年 DreamWorks Records の社長に就任した人物)を迎えるとともに、バックミュージシャンには Guitar に Christopher Cross、ジャズ・フュージョン界を代表するギタリスト Larry Carlton、ロックバンド TOTO のメンバーである Steve Lukather、Drums に同じく TOTO のメンバーである Jeff Porcaro、Tommy Taylor、Bass に 600枚を越えるアルバムの製作に参加したという名サポートミュージシャンの Neil Stubenhaus、 Roscoe Beck、また Keyboards、Piano、Synthesizer に Christopher Cross のデビューアルバムのプロデュースや「We Are The World」の Quincy Jones との共同プロデュースで知られる Michael Omartian、Saxophone に Charlie Haden's Quartet West への参加で知られるジャズ・R&B ミュージシャン Ernie Watts、ウェストコーストジャズ/フュージョンを代表するサックス奏者 Tom Scott、Trumpet にグラミー賞受賞者である Jerry Hey、Vocals (Background) に R&B・ジャズシンガーとして知られる Patti Austin など、当時のウェストコーストを代表する豪華ミュージシャンが参加しており、レーベルとしてもかなり力を入れて制作したアルバムであったことが窺える。

全曲が Billy Alessi と Bobby Alessi の共作若しくはいずれか単独による作品で、レコードデザインは Marc James、ジャケットのフォトグラフは南アフリカ出身の写真家 Norman Seeff が担当している。

アルバムからのリードシングル「Put Away Your Love」(邦題:「そよ風にくちづけ」)は、1982年 U.S.Billboard Hot 100 第71位を記録し、本国アメリカにおいてデビュー以来初となるヒットとなった。

▼「Put Away Your Love」Italy盤
画像


▼「Put Away Your Love」France盤
画像


▼「Put Away Your Love」Netherlands盤
画像


▼「Put Away Your Love」日本盤
画像



The Allessi Brothers は、本国アメリカ以上に日本においても人気を博し、AOR 系のコンピレーションアルバムにも必ずと言っていいほどその楽曲が収録される1970-80年代の AOR を代表するデュオグループである。そんな The Allessi Brothers のアルバムの中でも特にお気に入りなのが、今回紹介する5thアルバム「Long Time Friends」だ。

このアルバムは、これぞアメリカのウェストコーストサウンドといった爽やかでポップなメロディとアメリカのミュージックシーンでも珍しい双子ならではのコーラスヴォーカルが印象的な作品で、「Jagged Edge」や「Put Away Your Love」など The Allessi Brothers を代表する楽曲が収録されている AOR の名盤としても知られている。全11曲を収録し、日本では特にリードトラックである「Jagged Edge」の人気が高いようである。

▼ The Allessi Brothers
画像



このアルバムのプロデューサーは、個性的な歌声で日本でもファンが多く、AOR を代表するミュージシャンでもある Christopher Cross が担当しており、特にその Christopher Cross のサウンドカラーが色濃く反映された内容となっている。その良し悪しは別にして Cristpher Cross のアルバムかと勘違いするくらい Cristpher Cross ライクなポップミュージックが並んでおり、収録曲「Forever」に至っては Cristpher Cross 自身がサブヴォーカルとしても参加するなど、そこまでやるかというぐらいの熱の入れようである。

ちなみに、この時期 Cristpher Cross は、1979年にリリースした1stアルバム「Christopher Cross」(邦題「南から来た男」)と1980年にリリースしたシングル「Sailing」が1981年のグラミー賞で五部門を独占し世界のミュージックシーンを席捲していたことから、レーベル的にもこうしたサウンドに傾倒することはある意味やむを得ないと言えるかもしれない。

ただ、The Allessi Brothers も Cristpher Cross に負けず劣らずのハイトーンなクリスタルヴォイスで見事に自分のアルバムとして昇華しており、そうしたシンガーソングライターとしての才能に単なるアイドルチックなデュオグループではないミュージシャンとしての力量を感じることができる。
そんな The Allessi Brothers は、スタイルも良くルックスもなかなかのイケメン兄弟であるが、その歌声も非常にソフトでスィートであるため、力強さに欠ける点は否めないところである。また、こうした爽やか系の歌声にマッチする楽曲も限られてしまうため、どうしても音楽の幅が狭くなりがちであるが、このアルバムに限って言えば、そうした歌声を活かすような選曲とアレンジがされており、同じような声質を持った Cristpher Cross をプロデューサーに迎えたことが功を奏しているようである。

まあ歌声と外見のギャップが大き過ぎる Cristpher Cross に比べれば、よほど The Allessi Brothers の方がしっくりくるというものであるが、甘すぎるスィーツのようなサウンドに幾分食傷気味となってしまうのが唯一難点であるかもしれない。そのため、個人的にはアルバムの中でも比較的メロウな「What A Way To Go」をお薦めしたい。この楽曲は、ヒット曲「Put Away Your Love」に比べても引けを取らないメロディアスで AOR お約束の間奏のサックスもなかなか聴かせる‘甘過ぎない’佳曲である。

アルバム「Long Time Friends」は、まさに日本語タイトル「そよ風にくちづけ」のイメージ通り心洗われるような爽やかなメロディが印象的なポップアルバムである。たまにはこうした清々しいサウンドに浸るのも悪くないだろう。

▼ The Allessi Brothers
画像




The Alessi Brothers は、1953年7月12日ニューヨーク州ウェスト・ヘンプステッド生まれの一卵性の双子の兄弟である Bill (Billy) Alessi と Bob (Bobby) Alessi をメンバーとするアメリカのポップロックシンガーソングライターデュオである。当初は単に Alessi と名乗っていた。

1977年リリースの「Oh Lori」、1982年リリースの「Put Away Your Love」、1984年リリースの「Savin' the Day」などのヒット曲で知られており、このうち「Oh Lori」は1977年の UK Singles Chart 第8位を記録、「Put Away Your Love」は1982年の U.S.Billboard Hot 100 第71位を記録している。特に「Oh Lori」はイギリス以外の17か国で TOP 10入りするヒットとなった。また、1977年に A&M Records からリリースした1stアルバム「Alessi」の収録曲「Sad Songs」、1978年にリリースした2ndアルバム「All for a Reason 」の収録曲「All for a Reason」、1982年に Qwest Records からリリースした5thアルバム「Long Time Friends」の収録曲で Christopher Cross もヴォーカルで参加した「Forever」は、ブラジルでもチャートインするヒットとなった。

▼ The Allessi Brothers
画像



1973年、Billy Alessi 、Bobby Alessi、サイケデリック/ハードロックバンド Blues Magoos の Peppy Castro、The Illusion の Mike Ricciardella の4人によりポップバンド Barnaby Bye を結成。Atlantic Records から1973年に「Room to Grow」、1974年に「Touch」と2枚のアルバムをリリース後、1975年に解散に至る。

バンド解散後にデュオグループ The Alessi Brothers として活動を開始し A&M Records と契約。

1976年、A&M Records からグラミー賞受賞音楽プロデューサー Bones Howe プロデュースによる1stスタジオアルバム「Alessi」をリリース。本国アメリカでは全く売れなかったが、1977年、アルバム収録曲である「Oh Lori」(邦題:「愛しのローリー」)がイギリスで UK Singles Chart 第8位を記録するヒットとなる。

▼「Alessi」1stアルバム
画像



1978年、David Lucas をプロデューサーに迎え A&M Records から2ndアルバム「All for a Reason」(邦題:「ただ愛のために」)をリリース。 ホーンセクションでは、歌うように奏でるサックスの音色が「泣きのサンボーン」とも称される名サックス奏者 David Sanborn らが参加した。

▼「All for a Reason」2ndアルバム
画像



1978年、1976年リリースの Boz Scaggs の名作「Silk Degrees」のレギュラー・ギタリストとしても知られる Louie Shelton をプロデューサーに迎え A&M Records から3rdアルバム「Driftin'」をリリース。Guitar では 杏里の婚約者(結果的に婚約破棄となる。)として日本でも知られる名ギタリスト Lee Ritenour、Synthesizer では TOTO のメンバーである Steve Porcaro らが参加した。

▼「Driftin'」3rdアルバム
画像



1979年、Gary Klein をエグゼクティヴプロデューサーに、Bob Gaudio と Nick DeCaro をプロデューサーに迎え A&M Records から4thアルバム「Words & Music」をリリース。

▼「Words & Music」4thアルバム
画像



A&M Records との契約解除後、新鋭レーベルであった Qwest Records(1980年に、当時まだ A&M Records との契約下にあった音楽プロデューサー、作曲家、アレンジャーとして幅広く活躍する Quincy Jones が Warner Bros. Records との合弁事業として立ち上げたアメリカのレコードレーベル)と契約。

1982年、Qwest Records から5thアルバム「Long Time Friends」をリリース。ちなみに Qwest Records からのアルバムリリースはこの一枚のみである。

こうして The Alessi Brothers は、A&M Records、Qwest Records といったメジャーレコードレーベルから続けて5枚のアルバムをリリースし、ワールドワイドに8万枚以上を売り上げた。

また、他のアーティストとも積極的に音楽活動を展開し、Bee Gees のメンバーである Andy Gibb が1978年にリリースした2ndソロアルバム「Shadow Dancing」のツアーにも参加するとともに、1979年には Simon & Garfunkel のメンバーである Art Garfunkel が1979年にリリースした4thソロアルバム「Fate for Breakfast」のバックボーカルとして参加。2001年にはヴォーカルアレンジャーとしてアメリカのシンガーソングライター Deborah Gibson の7thアルバム「M.Y.O.B.」の制作にも加わり、プロデュース及びタイトルトラック「M.Y.O.B.」の作曲も行った。

1984年、Arista Records から The Alessi Brothers の楽曲「Savin' the Day」を収録した映画「Ghostbusters」のサウンドトラックがリリース。この楽曲はこの映画をベースに制作された1986年上映の TV アニメ版にも使用された。

その後、The Alessi Brothers は、広告作曲家、シンガー、音楽プロデューサーで AT&T のコマーシャルジングル制作でも知られる David Lucas や数多くのアメリカ製消費生活用製品のためのジングルや広告などの企画音楽の制作に活動をシフトしていき、この分野で成功を収める。

2000年代にはデュオとして再びツアーとアルバム製作を再開。The Alessi Brothers として Atlantic Records ら2003年に6thアルバム「Hello Everyone」、2006年に7thアルバム「Just Like That」の2枚のスタジオアルバムをリリースするとともに、一旦解散した Barnaby Bye の一員としても活動を再開し、2008年に新たに3rdアルバムとなる「Thrice Upon a Time」をリリースした。

▼「Hello Everyone」6thアルバム
画像


▼「Just Like That」7thアルバム
画像



近年も、Eden Roc Records から2012年に8thアルバム「Two of Us」、2013年に9thアルバム「Marathon Day」の2枚のスタジオアルバムをリリースするなど、精力的に音楽活動を継続している。

(出典:「Alessi Brothers」(27 December 2015 16:56 UTC) 『Wikipedia英語版』他)

▼「Two of Us」8thアルバム
画像


▼「Marathon Day」9thアルバム
画像





■ アルバムリリースノート
美形双子デュオ、アレッシー兄弟が残した「そよ風にくちづけ」の邦題でお馴染みの1982年作。本作以前に A&M に残した4作のフォーキー/メロウなイメージとはやや違った AOR 寄りのサウンドで、制作は当時アーティストとして乗りに乗っていたクリストファー・クロスが担当してます。持ち味である双子デュオならではの美しいハーモニーとグッと西海岸風になったサウンド&洗練されたアレンジが融合した好作品。クインシー・ジョーンズのレーベル「QWEST」からのリリースで、クインシー御大本人が目を付けたという逸話も納得の出来です。

BALANCE~BLUES MAGOOS の Peppy Castro も参加のポップバンド Barnaby Bye として70年代初頭にキャリアをスタートさせた双子デュオ Bobby & Billy Alessi による Alessi の名盤5枚目82年作!

Eric Johnson、Larry Carlton、Steve Lukather、Patti Austin、Tom Scott、Ernie Watts、Christopher Cross、Victor Feldman & Lenny Castroと、ポップな"LONG TIME FRIENDS"も多数参加!!! しかもプロデュースは Christopher Cross!! 優しく爽やかなこれぞ AOR です!! - Amazon

▼ 近年の The Allessi Brothers
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「Allessi Brothers」を素材として二次利用しています。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。


スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/242-093b1059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

gomes 「ストラップシューズ」 «  | BLOG TOP |  » ラブリーサマーちゃん 「#ラブリーミュージック」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !