FC2ブログ

2020-05

Airplay 「Airplay」

Airplay 「Airplay」■ アルバムデータ
タイトル:Airplay
アーティスト:Airplay
リリース:1980年
レーベル:RCA Records

アルバム総評価:100
crown01《名音堂 Gold Disc 認定》


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価  MV  
01  Stranded  ★★★★★  youtube02
02  Cryin' All Night★★★★★youtube02
03  It Will Be Alright★★★★★youtube02
04  Nothin' You Can Do About It
  (貴方には何も出来ない)
★★★★★youtube02
05  Should We Carry On★★★★★youtube02
06  Leave Me Alone★★★★★youtube02
07  Sweet Body★★★★★youtube02
08  Bix★★★★★youtube02
09  She Waits For Me
  (彼女はウェイト・フォー・ミー)          
★★★★★youtube02
10  After The Love Is Gone★★★★★youtube02

※( )は日本語タイトル。

■ 講評
今回紹介するアルバム「Airplay」(邦題:「ロマンティック」)は、アメリカの音楽ユニットである Airplay が1980年に RCA Records からリリースしたユニット名を冠した1stアルバムにして唯一のアルバムである。

アルバムには、後に Manhattan Transfer によりリリースされた「Nothin' You Can Do About It」や David Foster と Jay Graydon とともに Chicago のメンバーである Bill Champlin が作曲に携わった the Earth, Wind & Fire のヒット曲「After the Love Has Gone」のカヴァー曲など計10曲が収録されており、このうち「Stranded」、「Nothin' You Can Do About It」、「Should We Carry On」の3曲がシングルリリースされている。

プロデュース及びアレンジは David Foster と Jay Graydon が、#8と#10のホーンアレンジはホーンプレイヤーでセッションミュージシャンである Jerry Hey が担当している。

また、David Foster と Jay Graydon が写ったアルバムジャケットは、1960年代から70年代にかけてアルバムカヴァーやミュージシャンのポートレートの作品で知られたグラフィックアーティスト、フォトグラファーである Bob Seidemann の作品である。

二人の人脈を反映して、バックミュージシャンとして Jeff Porcaro(drums)、Steve Porcaro(synthesizer programming)、Steve Lukather(additional rhythm guitars)、David Hungate(bass))といった初期の TOTO のメンバーや Ray Parker, Jr.(additional rhythm guitars)が、またバックヴォーカルとして後に Chicago のヴォーカルとして知られることとなる Bill Champlin、メインヴォーカルとして Tommy Funderburk といった西海岸の大物ミュージシャンが参加している。

実質的には AOR ブームに乗った限定ユニットであり、アルバム1枚で Airplay としての活動は停止している。

▼「Airplay」
画像


▼「Airplay」ジャケット裏面
画像


▼「Airplay」日本リリース盤(30th Anniversary Special Edition)
画像


▼「Nothin' You Can Do About It」
画像


▼「Nothin' You Can Do About It」日本リリース盤
画像


▼「She Waits For Me / Should We Carry On」日本リリース盤
画像




Airplay(エアプレイ)は David Foster と Jay Graydon により短期間限定で結成されたアメリカの AOR ユニットである。

当時既にスタジオ・ミュージシャン、プロデューサーとして活躍していた同い年で以前からの友人でもあった David Foster と Jay Graydon の二人が仕事先で意気投合し、デモテープを制作し、Daryl Hall & John Oates のマネージャーとして知られる Tommy Mottola(後に CBS レコード(現ソニーミュージック)の最高経営責任者を14年間務める人物で Mariah Carey の元夫となる人物)に売り込んだ結果、1980年にユニット名を冠したアルバム「Airplay」としてリリースに至ったものである。

Airplay 自体は参加ミュージシャンを含めたユニットプロジェクトであってライヴやツアーも行われなかったこともあり、本国であるアメリカではまったく売れず、日本においてのみ突出して絶大な人気を博した稀有なユニットでもある。こうしたことから、アルバム「Airplay」についても、現在も日本においてのみ Blu-spec CD 等リマスター盤やスペシャル・エディション盤が販売され、今なお売れ続けているという特異な状況にある。

なお Airplay という名前の由来であるが、各メンバーが飛行機好きということ(Jay Graydon の趣味はグライダー。David Foster は8歳にして自家用機の免許を取得。Tommy Funderburk はモデル・プレーンのコレクター。)と、ラジオ放送の「ON AIR」(プロモーションをラジオに託したという趣旨らしい)を掛け合わせたネーミングで Jay Graydon が名付け親であるとのことである。

Airplay 自体はその後公に活動を行っていないが、David Foster がプロデュースした1985年公開の映画「St. Elmo's Fire」のサウンドトラックには、Airplay 名義で「Stressed Out(Close To The Edge)」が収録されている。ただし、ヴォーカルは Tommy Funderburk ではなくプレーヤーの Peter Beckett が務めている。また1993年には Jay Graydon 名義のアルバム「Airplay For The Planet」が発表されており、「After the Love Has Gone」の Jay Graydon ヴァージョンが収録されている。

(出典:「エアプレイ」(2013年3月20日 03:10 (UTC)) 『Wikipedia日本語版』他)

▼「St. Elmo's Fire サウンドトラック盤」
画像


▼「Airplay For The Planet」by Jay Graydon
画像




■ メンバー

◆ Jay Graydon (vocals, guitar)
Jay Graydon(ジェイ・グレイドン、1949年10月8日生)は、アメリカのギタリスト、音楽プロデューサーである。1979年には David Foster、Bill Champlin と共作した Earth, Wind & Fire の「After The Love Has Gone」でグラミー賞の最優秀 R&B 楽曲賞を受賞。1983年には Steve Lukather、Bill Champlin と共作した George Benson の「Turn Your Love Around」でも同賞を受賞した。
<代表曲>
Manhattan Transfer「Twilight Zone/Twilight Tone」
Earth, Wind & Fire「After The Love Has Gone」
Boz Scaggs「Then She Walked Away」
Al Jarreau「Mornin'」など

▼ Jay Graydon(2013年)
画像


◆ David Foster (keyboards)
David Walter Foster(デイヴィッド・フォスター、1949年11月1日生)は、カナダの音楽家、音楽プロデューサー、ソングライター、編曲家である。Celine Dion、Josh Groban、Charice、Michael Buble などを見出したり、世界で成功したアーティストのプロデュースを数多く手がけている。今までに15のグラミー賞を獲得した他、「カナダのグラミー」と呼ばれるジュノー賞を7回、映像関連のエミー賞を1回受賞している。また、映画のサウンドトラックも数多く手掛け、3度アカデミー賞にノミネートされている。
<代表曲>
Earth, Wind & Fire「After The Love Has Gone」
Chicago「Hard to Say I'm Sorry」
Chaka Khan「Through the Fire」
Natalie Cole「Unforgettable」
Air Supply「I Can Wait Forever」など

▼ David Foster
画像


◆ Tommy Funderburk (vocals)
Tommy Funderburk(トミー・ファンダーバーク、1952年5月6日生)はアメリカのロックシンガーである。Jon Anderson、Laura Branigan、Coverdale-Page、Melissa Manchester、Magnum、Steve Lukather、Richard Marx、Rick Springfield、Richie Kotzen、Starship、REO Speedwagon、Whitesnake、Yes など様々なアーティストと共演している。ロサンジェルスで Earth, Wind and Fire と知り合い、ちょうど Airplay プロジェクトのシンガーを探していた David Foster と Jay Graydon を紹介されたのをきっかけに、Airplay プロジェクトへの参加が決定した。

▼ Tommy Funderburk(左)(1997年当時)
※右は Funderburk and Gaitsch の Bruce Gaitsch
画像




■ バックミュージシャン
<TOTO のメンバー>
◆ Jeff Porcaro (drums)
◆ David Hungate (bass)
◆ Steve Lukather (additional rhythm guitars)
◆ Steve Porcaro (synthesizer programming)

<その他のメンバー>
◆ Mike Baird (drums)
◆ Ray Parker, Jr. (additional rhythm guitars)
◆ Pete Robinson (synthesizer programming)
◆ Jerry Hey (trumpet & Flugelhorn)
◆ Gary Grant (trumpet)
◆ Steve Madaio (trumpet)
◆ Bill Reichenbach Jr. (trombone)
◆ Charlie Loper (trombone)
◆ Lew McCreary (trombone)

▼ TOTO(1982年当時)
画像



■ バックヴォーカリスト
◆ Bill Champlin
◆ Tom Kelly
◆ Max Gronenthal

▼ Bill Champlin
画像




今回紹介する Airplay の1stアルバムにして唯一のアルバム「Airplay」は、数ある洋楽、邦楽アルバムの中で私の最もお気に入りのアルバムである。今までこのアルバムを越えるアルバムに出会ったことがないという意味でまさに最高のアルバムであり、大げさに言えば現在の自分の音楽嗜好に多大なる影響を与えたアルバムでもある。

この「Airplay」は、特に日本の AOR ファンの間で絶大な人気を誇るアルバムとして知られており、Airplay 信奉者の間では「AOR の金字塔」と称されているが、まさに AOR の真髄にして AOR の中の AOR と呼べるアルバムと言えるのではないだろうか。なお、AOR とは何かということについてはこちらの記事を参照していただきたい。

Airplay は今や大御所プロデューサーとなった David Foster と Jay Graydon がまさに売り出し中の若かりし頃意気投合してタッグを組んだユニットであるが、リリースしたアルバムはこのバンド名をタイトルにした「Airplay」一枚のみで目立った活動歴もないことから、ユニット自体伝説的な存在となっている。元々企画モノ的なプロジェクトとして継続的な活動は想定していなかったのだろう。

なお蛇足ながら David Foster と Jay Graydon はそれぞれ日本の音楽シーンにも多大な影響を与えており、現役ミュージシャンの中にも彼らのファンは多く、特に David Foster はサウンドクリエーターとして松田聖子の「抱いて…」や MISIA の「LIFE IN HARMONY」などの楽曲を手掛けており、日本でも広く知られた存在である。

▼ Airplay(左:David Foster 右:Jay Graydon)
画像



さて、アルバムの邦題は「ロマンティック」となっている。洋楽アルバムとしては珍しくリリースから30年以上経った今でも原題を使わず邦題でリリースされている。原題とは全く別の微妙なタイトルが付けられたわけだが、収録曲にはまさにロマンティックという表現が相応しいメロディアスで煌びやかな楽曲がラインナップされており、当時のレーベル担当者の意図は不明ながら、ある意味アルバムの印象を極めて的確に示した邦題と言えるかもしれない。

全体を通してウェストコーストサウンド特有の陽気で爽やかなポップ&ロックミュージックが印象的であり、メロディアスかつドライブ感に溢れ、サビの部分で盛り上がりを見せるドラマティックな楽曲が揃っている。

参加ミュージシャンを見ると、いずれも David Foster と Jay Graydon のファミリーとでも言うべき一流どころの有名ミュージシャンが名を連ねており、特に TOTO のメンバーの存在は大きいと感じさせる。アルバムにはこうした参加ミュージシャンのサウンド色が色濃く反映されており、楽曲によっては Chicago 張りのブラスパートが加わることで非常に厚みのあるダイナミックなサウンドとなっており、他のウェストコーストロックとは一線を画すサウンドメイクとなっている。

また Jay Graydon お得意のリードギターの「ハモり」と David Foster のピアノ・キーボードの「煌びやかなプレイ」が冴え渡っており、それらを軸にしてギター、ベース、シンセサイザーなどの各パートがあたかもミルフィーユのように何層にも重なり、聴き込めば聴き込むほどそのパートアレンジの複雑さと巧みさに感心させられる。さすがは David Foster と Jay Graydon といった実に聴き応えのあるサウンドとなっている。

こうして多重化された音の「層状」効果により、まるでオーケストラと錯覚しそうな圧倒的なスケール感を持ったサウンドを生み出しており、この音の重層感こそまさに Airplay の真骨頂と言えるだろう。

そして最後に特筆すべきは、メインヴォーカルである Tommy Funderburk のハイトーンなクリスタルヴォイスである。Airplay はあくまで David Foster と Jay Graydon の二人を核としたユニットであり、メインヴォーカルといえども Tommy Funderburk は付属的な立ち位置であったため、アルバムジャケットにもその姿は写っていない。だが、Tommy Funderburk のまるでリードギターやキーボードの音色のようにバックの演奏と一体化する透明でクールな声質が Jay Gradon と David Foster のサウンドに実によく馴染んでその魅力を遺憾なく発揮しており、彼のヴォーカルがアルバムの完成度を高めるために欠かすことができないエッセンスとなっていることに疑いの余地はないだろう。特に ヴォーカルとしても参加している Jay Graydon と Bill Champlin らバックヴォーカルとのハーモニーは身震いするほど美しい。

そんな珠玉の全10曲の中でも特に秀逸なのが Harry Garfield と Jay Graydon が作曲した「She Waits For Me」と B.J. Cook Foster、David Foster、Jay Graydon が作曲した「Should We Carry On」である。何度聴いてもため息が出るほど素晴らしい楽曲である。

全10曲のいずれも非の打ち所がない完璧な AOR サウンドの集大成である「Airplay」。今もなお日本で売れ続けている、メロディー、リズム、歌詞のいずれをとっても完璧な出来栄えの AOR の最高傑作である。

▼ David Foster(左)と Jay Graydon(右)
※中央は TOTO の David Hungate (bass)
画像




■ アルバムリリースノート
デビッド・フォスターとジェイ・グレイドンという,プロデューサーとしても活躍する二人が中心になったエアプレイの代表作であり,デビュー・アルバム(80年)だ。FM局でもよく耳にする「ストランデッド」をはじめ快調で気分爽快のウェスト・コースト・ロック。- CDジャーナル

ジェイ・グレイドンとデイヴィッド・フォスターが組んだスーパー・ユニットのアルバム。ヴォーカルにトミー・ファンダーバークを迎え、バック・ミュージシャンにスティーヴ・ルカサーやジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ポーカロなど名うてのプレイヤーが多数参加し、AOR の教科書ともいえるサウンドを収録。- Amazon

ジェイ・グレイドンとデイヴィッド・フォスターという、当時売り出し中のプロデューサーが組んだスーパー・ユニットが80年に発表した唯一のアルバム。ヴォーカルにトミー・ファンダーバークを迎え、バック・ミュージシャンにはスティーヴ・ルカサー、ジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ポーカロ、デイヴィッド・ハンゲイト、ジェリー・ヘイ、レイ・パーカーJr.、ビル・チャンプリンなど、当時の名うてのプレイヤーが多数参加。80年代 AOR の教科書ともいえるサウンドは、当時日本で絶大な支持を得、その音作りは、日本の音楽シーンに大きな影響を与え、AOR を語る時には必ず紹介される超名盤として、今なお売れ続けている。- Amazon

▼ 近年(2005年当時)の David Foster(左)と Jay Graydon(右)
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「エアプレイ」を素材として二次利用しています。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/224-185bbcf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お申の神社「清洲山王宮 日吉神社」 «  | BLOG TOP |  » RAM RIDER 「PORTABLE DISCO」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !