FC2ブログ

2020-05

LUCKY TAPES 「The SHOW」

j0198■ アルバムデータ
タイトル:The SHOW
アーティスト:LUCKY TAPES
リリース:2015年8月5日
レーベル:Rallye Label

アルバム総評価:90


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  All Because Of You  ★★★★★  
02  揺れるドレス★★★★★
03  Touch! (album version)★★★★★
04  平和と魔法★★★★☆
05  Peace and Magic (album version)          ★★★★☆
06  Friday Night★★★★★
07  夜が明けたら★★★★☆
08  Gun★★★★☆


■ 講評
今回紹介するアルバム「The SHOW」は、LUCKY TAPES が2015年8月5日にインディーズレーベルである Rallye Label から全国流通盤としてリリースした1stアルバムである。

2015年8月17日付オリコン週間インディーズアルバムランキング第6位、CD アルバムランキング第68位を記録している。

2014年に結成された同バンドは高橋海(Vo,Key)、田口恵人(Ba)、濱田翼(Dr)、高橋健介(Gt,Syn)の4人組であり、2014年9月に500枚限定でリリースした EP「Peace and Magic」と2015年2月にリリースした初シングル「Touch!」のアルバムバージョンを含む全8曲を収録している。

エンジニアにはシングル「Touch!」に引き続いて cero や Pepe California を手がける得能直也氏を迎えている。

ちなみに「Touch!」のミュージックビデオでコーラス役を演じているのはモデルの瀬戸かほでありメンバーではない。

ソロ名義 Kai Takahashi として TVCM やドラマ、アーティストへの楽曲提供やリミックスワーク、数々のコンピレーションアルバムに参加する高橋海(Vo,Key)のあくまでサウンドの心地良さを優先するの音楽感そのままに1970~80年代のブラックミュージックを取り入れ、砂糖菓子のように甘いポップミュージックでコーティングしたサウンドが満載されたアルバムとなっている。、

聴けば夜の街へと繰り出したくなるような「心踊るポップネス」だけでなく、「SHOW=エンターテイメント」が内包する刹那的な儚さや侘しさも色濃く描き出しているのが印象的だ。

これまで「響きの心地よさ」を優先し、英語詞を貫いてきたボーカルの高橋海(Vo,Key)が、今作で初の日本語詞に挑戦しており、それによって新たに生み出された繊細かつ官能的な世界観が、アルバムのトーンを決定づける要因となっているのは間違いない。

作曲やアレンジのセンスが評価されソロとしても幅広く活動する高橋海と、今回曲作りでも大きく関わった高橋健介(Gt,Syn)の「ダブル高橋」の絶妙なコンビネーションが、LUCKY TAPES 独特の甘さと儚さを生み出しているようだ。

▼「Lucky Tapes / Peace and Magic」EP
画像


▼「Touch!」1stシングル
画像




LUCKY TAPES(らっきー てーぷす)は東京を拠点として活動する4人組のインディーズバンドである。

もともとは高橋海と田口恵人がオリジナルメンバー、濱田翼と高橋健介がサポートメンバーで「SLOW BEACH」というバンドを結成していたのが、1枚のみ ep をリリースした後、就職活動などそれぞれの進路がバラバラになって解散。

2014年6月、高橋海(Vo,Key)、田口恵人(Ba)、濱田翼(Dr)の3人で「LUCKY TAPES」を結成。

正式デビュー前にもかかわらず、ORGE YOU ASSHOLE やシャムキャッツ、森は生きている等が出演するイベント「Booked!」に出演。しかもそれがバンドにとって初ライブとなるものの、そのパフォーマンスはオーディエンスから高い評価を獲得。その後も、Letting Up Despite Great Faults や LAKE といった海外の人気バンドのオープニング・アクトを務めるなど精力的に活動する。

高橋健介(Gt)が加わり現在の4人体制となる。

その僅か2か月後となる2014年8月に、OGRE YOU ASSHOLE やシャムキャッツ、森は生きている等が出演するイベント「Booked!」に出演。しかもそれがバンドにとって初ライブとなるものの、そのパフォーマンスはオーディエンスから高い評価を獲得する。

2014年9月にライブ会場とレーベルの HP 上のみで500枚限定の EP「Peace and Magic」を発表し、それが僅か3か月で完売する。

その後も精力的にライブ活動を続け、2014年10月は Taiko Super Kicks の自主企画イベント「Omatsuri」や、Shiggy Jr や Give Me Wallets らと共に「Spin Discovery vol.2」にも出演する。

2014年11月は Niw!Records が主催する「Now New Nest」に出演し、Ykiki Beat らと共演し、The Fin の自主企画イベント「Is This It?」にも出演する。

2014年12月には Yogee New Waves と DJ クルーの New Action! が共同で主催するサーキットイベント「UTOPIA SHANGRI-LA TOGENKYO」にも出演するなど、同世代のバンドたちからの評価と信頼も厚く、盛り上がりを見せる東京インディシーンの中でも最も注目を集めるバンドの1つとなる。

2015年4月2日に7インチ限定でリリースされた公式デビューシングル「Touch!」は、発売日を待たずにレーベル在庫が完売し、その後に開催されたレコード発売記念ライブもソールドアウトするなど、大きな話題を集める。

その話題と期待値が最高潮に達する中、cero の最新作「Obscure Ride」を手がけた得能直也をエンジニアに迎え待望のデビューアルバム「The SHOW」を8月5日にリリースした。

▼ LUCKY TAPES
画像




■ メンバー

◆ 高橋海(Vo,Key)写真:中央右

◆ 田口恵人(Ba)写真:中央左

◆ 濱田翼(Dr)写真:右

◆ 高橋健介(Gt,Syn)写真:左

▼ LUCKY TAPES のメンバー
画像




LUCKY TAPES のアルバム「The SHOW」は、一言で言えばジャケットのイラストイメージそのままに非常にお洒落感溢れるアルバムである。

全体にリズミックでノリの良いミディアムテンポのスタイリッシュなシティーポップが多く、落ち着いた品の良さを感じさせるサウンドであるが、特にブラス&ピアノアレンジが印象的で、単なるポップミュージックというカテゴリーに収まらないジャズ、R&B、ファンクなど1970~80年代のブラックミュージックの要素を取り入れたスマートながらも人間味が溢れる LUCKY TAPES 独自の音楽を構築している。

また「The SHOW」というタイトルらしく、アルバムの雰囲気は非常に明るく陽気で、ラウンジ風、ジャズ風、ファンク風とクロスオーバーなサウンドがまさにショウを見るように目まぐるしく展開される内容となっており、飽きずに聴くことができるとともに、そこはかとなく漂うグルーヴ感も実にいい味を出している感じだ。

そんな LUCKY TAPES の魅力が詰まったアルバム「The SHOW」であるが、飛び抜けて耳に残るような個性派キラーチューンはないものの、リードチューンである「All Because Of You」を筆頭に粒揃いで良質な優等生的楽曲が多いといった印象で、その聴き心地の良さからもメンバーの音楽スキルはなかなか高そうだと感じさせる。

唯一難を言えば英語の歌詞の楽曲が多い(今回初めて日本語歌詞の楽曲が導入されたということであるが)ということが少々気にかかった。

LUCKY TAPES のサウンドに英語の歌詞が乗ると確かにお洒落感が増して耳障りも良く、グループとしても狙った上での英語歌詞の楽曲なのだろう。

ただ、ブラスが加わることでせっかく人間味溢れるサウンドになった楽曲が、無機質で硬質なものに変質してしまうように感じられてしまい、決して英語の歌詞を否定するものではないのだが、何とももったいない気がしてならないのである。

今回のアルバムに収録されているグループ初となる日本語歌詞の楽曲を聴いても何の違和感もなく、却って歌詞の世界観がストレートに伝わってきて自然体で聴くことができた状況を考えると、敢えて英語の歌詞にこだわる必要はないと思うのだがいかがであろうか。

最後にもう一言。LUCKY TAPES の場合、ヴォーカルである高橋海のジェントルで抑えた感じの声質ゆえのマッチングという制約もあるかもしれないが、もう少しアップテンポでソウルフルなエグ味のあるサウンドによる打出しも意外に面白いかもしれない。

LUCKY TAPES。今後の活躍に大いに期待したいニューカマーである。

▼ Kai Takahashi こと 高橋海(Vo,Key)
画像




■ アルバムリリースノート
4月にリリースしたデビュー・シングル「Touch!」が発売前に完売し、その後に開催された レコ発ライブもソールドアウトする等、現在その話題と期待値が最高潮に達するバンド、 LUCKY TAPES。シングルに引き続きceroの最新作「Obscure Ride」も手掛ける得能直 也氏をエンジニアに迎え、遂にその全貌を捉えたデビュー・アルバムが完成!

2015年4月にリリースした公式デビュー・シングル「Touch!」が発売前にレーベル在庫が完売するなど、話題と期待値が高まるバンド、LUCKY TAPESのデビュー・アルバム。シングルに引き続きceroの『Obscure Ride』も手掛ける得能直也をエンジニアに迎え、遂にその全貌を捉えたアルバムが完成!- Amazon

▼ LUCKY TAPES
画像




■ Music Video「『The SHOW』trailer」




■ Music Video「Touch!」




*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした Rallye Label が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/210-4647bbe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GQ 「Disco Nights」 «  | BLOG TOP |  » Sister Sledge 「We Are Family」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !