FC2ブログ

2020-05

I-RabBits 「10DEARS」

j0196■ アルバムデータ
タイトル:10DEARS
アーティスト:I-RabBits
リリース:2015年6月10日
レーベル:illustrate Records

アルバム総評価:89


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  ロンリークライマー            ★★★★★  
02  9LIVES★★★★★
03  Who am I?★★★★★
04  JUST JUST NOW★★★★☆
05  Yesの烙印★★★★☆
06  花瓶★★★★★
07  10DEARS★★★☆☆


■ 講評
今回紹介するアルバム「10DEARS」は、I-RabBits が2015年6月10日にインディーズレーベルである illustrate Records から全国流通盤としてリリースした2ndミニアルバムである。

前作となる3rdフルアルバム「TREASURE FOREVER」から実に2年振り、事務所移籍後初となるアルバムリリースとなる。なお、収録曲「9LIVES」は2013年11月27日付けで8thシングル(ただし、ライブ会場限定発売版を含む。)としてリリースされている。

収録曲は“このままでは終われない”という意思を歌い上げた「ロンリークライマー」、バウンシーなビートが楽しい「Who am I?」など全7曲(10曲を製作したが諸事情で7曲となったとのこと)で、アルバムタイトルの「10DEARS」は、アルバムの製作過程で手紙を書くように曲を書きたいと思ったことがきっかけで手紙の一番最初に付ける「dear」から名付け、I-RabBits が10周年ということもあって「10DEARS」となったとのことである。

I-RabBits は笑えて泣けると定評のあるライブ活動を中心に展開するバンドであるが、その I-RabBits が長い時を掛けて温めてきたメッセージを手紙を書くようにして作り上げた渾身のアルバムとのこと。

2013年5月にキャッチーでハードな存在のアイラビ君加入によりさらに重みを増したピアノロックサウンドは今回のアルバムでも全開で、脳内ループ間違いなしのキャッチーなメロディーがエモーショナルサウンドと共に炸裂するピアノとロックが見事に融合したアルバムとなっている。

2015年06月22日付オリコン週間 CD アルバムランキング第118位とチャートの出足は鈍いが、更なるランクアップが期待される。

▼「10DEARS」CDジャケット
画像


▼「10DEARS」CDジャケット裏面
画像


▼「9LIVES / レインボーメイカー」8th両A面シングル
画像


画像



蛇足ながらここに Vo./Pf.マイコのリリースノートを紹介させていただく。

「どうも、I-RabBits の Vo./Pf.マイコです。
2015年6月10日に、2年ぶりにアルバム『10DEARS』をリリースすることができました。
おかげさまで10周年を迎えることができ、今だから作れるアルバムにしたいなぁと思っていたら、DEAR…手紙を書くように曲を書いてみようという所に行き着いて。
手紙というのは改めて凄いなぁと思うんです。
宛先だけ決めて、真っ白な紙を一枚目の前にすると、なかなかコトバが出てこなかったりするもので。
それでも逃げずに向き合って書き終えた時、それは種類は違えど愛に溢れたものになっていて。
大事な人はもっと愛しく、例え憎い程の人でも、例え悲しい記憶でも、手紙にすることができたなら、それすらも愛しいものになる。
珠玉の7曲ができました。
I-RabBitsからの手紙をどうか受け取ってもらえたら嬉しいです。
『10DEARS』、全身全霊で贈ります。」

Vo./Pf.マイコ

▼ I-RabBits
画像




I-RabBits(アイラビッツ)は神奈川県横浜市、東京都渋谷区を中心に活動する“ピアノ女子ロック”を標榜する4ピースのインディーズバンドである。

略称はアイラビ。2004年に活動を開始している。

2004年、慶應義塾大学の軽音楽部で知り合ったマイコとイノを中心に結成。横浜駅ジョイナス前のストリートライブを中心に活動開始。

2005年、数回にわたってNHK総合テレビ「熱唱オンエアバトル」に出演。

2006年4月、1stシングル『内緒のキモチ』をライブ会場限定発売。初の関東、東名阪ツアーを行う。
2006年7月、FMヨコハマ音楽番組「YOKOHAMA MUSIC AWARD」の7月度マンスリーチャンプを獲得

2007年2月、2ndシングル『シアワセノハナ』を全国発売。それに伴うインストアライブを活動開始した横浜駅ジョイナス前に最も近い新星堂横浜ジョイナス店にて行い、新星堂J-POPチャートにランクインした。
2007年8月、ライブハウス・新横浜BELL'Sでのワンマンライブを完売。この頃から全国行脚を繰り返し、活動を全国に広げ始めた。
2007年11月、ガールズバンドV.A.『Gily Gang』、関東ギターエロスコンピレーション『V.A.2』に参加。
2007年12月、3rdシングル『この町の君』を発売。活動拠点の横浜、渋谷界隈でパワープッシュされ、TOWER RECORDS横浜モアーズ店インディーズチャート1位。

2008年4月、TOWER RECORDS限定4thシングル『兎飛』発売。GO-BANG'S結成20周年トリビュートアルバムに「スペジャルボーイフレンド」で参加。
2008年5月、結成4年目のベスト盤的1stフルアルバム『ハリウサギノジレンマ』を発売。Shibuya O-WESTにてレコ発ワンマンライブを行い、大成功を納める。TBS金曜深夜バラエティ番組『アナCAN』のエンディングテーマに「ラブエゴイスト」が起用される。

2009年7月23日、Shibuya O-WEST・O-Crest・O-nestの3会場を使い女性アーティスト限定のフェス響姫祭2009を主催。全21組が参加し大成功を収める。

2010年2月7日、響姫祭2010名古屋編と題し、Electric Lady Land・ell.FITS ALL・ell.SIZEの3会場にて同時開催。
2010年4月24日から5月30日までツアー『"I LOVE IT"~愛はここにある~』を決行。
2010年4月24日、ツアー初日を名古屋ell.SIZEにて名古屋初ワンマンライブを開催。
2010年5月30日、ツアーファイナルを渋谷O-Crestでワンマンライブを開催。
2010年7月18日、響姫祭2010東京を開催。

2011年1月11日、響姫祭2010名古屋を開催。
2011年7月31日、響姫祭2011東京を開催。

2012年7月22日、響姫祭2012東京を開催。
2012年10月から【8×∞ 2MAN TOUR】を東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・香川・富山・北海道の8ヶ所にて開催。同公演を持ってDr.みづきが脱退。

2013年5月からアイラビ君を迎え、新体制で活動再開
2013年7月20日、I-RabBits presents 響姫祭 2013を開催。
2013年12月7、8日、9周年記念ツアーを締めくくるワンマンライブ2デイズ【9LIVES TOUR FINAL ONEMAN 2DAYS】開催。

2014年6月29日、響姫祭2014大阪を開催。
2014年10月17日、響姫祭2014東京を開催。

2015年6月10日、2ndミニアルバム「10DEARS」をリリース。

(出典:「I-RabBits」(2015年5月14日 09:19 (UTC)) 『Wikipedia日本語版』)

▼ I-RabBits
画像




■ 現メンバー

◆マイコ(Vocal & Piano)写真:中央左
4月16日生まれ 福岡久留米出身
◆イノ(Bass & Chorus)写真:左
3月12日生まれ 千葉出身
◆トモ(Guitar & Chorus)写真:右
10月24日生まれ 神奈川湯河原出身
◆アイラビ君(Drums)写真:中央右
2013年5月加入
3月3日生まれ 月出身

▼ I-RabBits のメンバー
画像




I-RabBits は2004年の活動開始から数えて今年で10年目を迎えるベテランのインディーズロックバンドである。

既にライブ会場限定発売を含めシングルを8枚、スタジオアルバムを3枚、そして今回の「10DEARS」を含めミニアルバムを2枚リリースしており、メンバー脱退により一時期活動が停滞したものの超個性的な覆面の新メンバー「アイラビ君」も加入し、コアなファンにも支えられコンスタントかつ精力的に音楽活動を継続している。

ただ、ヴォーカル&ピアノを主軸としたその個性的で注目度の高いバンド構成と確かなバンドテクニック(特にギターとドラムは秀逸)でヒット性の高い楽曲を連発しているにも関わらず、そのバンド名がヒットチャートを賑わすことはほとんどないという摩訶不思議なバンドでもある。

今回紹介した最新ミニアルバム「10DEARS」でも、その楽曲のキャッチーなメロディーとエッジの効いたローリング感溢れるサウンドを響かせており、特に冒頭の「ロンリークライマー」とそれに続く「9LIVES」の波状攻撃による破壊力はさすがと言う他なく、これぞ I-RabBits という超カッコいいロックチューンに仕上がっている。

その一方でチャート的にはなかなか苦戦しているようで、個人的にはいただけない状況にある。

露出の少なさ等その辺りの要因がなかなかはっきりしないところがいかにも I-RabBits らしいといえばそれまでであるが、今回微力ながらこのブログで取り上げることで一人でも多くの方に I-RabBits を知っていただく契機となれば幸いである。

さて、こうした I-RabBits の強烈なロックサウンドをさらに特徴付けているのが、言わずもがな「ピアノ女子ロック」と称されるマイコのヴォーカルとピアノである。

マイコはワイルド且つパワフルなストレートヴォイスの持ち主であるが、その容姿や歌う姿からも「姉御系ロッカー」という肩書きが似合う女性ロックヴォーカリストだ。

このマイコのヴォーカルが重厚でストレートなバンドサウンドに見事にマッチして、I-RabBits のサウンドを吸引力を持ったアグレッシヴな女子ロックに昇華させるのである。

加えてそのサウンドにいい味付けをしているのが、これまたマイコ演奏によるピアノの旋律である。
このロックバンドとしては一見ミスマッチとも思えるバンド構成により I-RabBits のサウンドが一皮剥けて実に味のあるエモーショナルなサウンドとなるのである。今回のアルバムでも「ロンリークライマー」の間奏におけるピアノの旋律などは鳥肌モノである。

ピアノの旋律とエッジの利いたギター・サウンドを軸にしたアレンジもさらに進化した「10DEARS」は、前作のフルアルバム「TREASURE FOREVER」より一段階ギアを上げたようなさらにアグレッシヴなミニアルバムとなっている。

欲を言えばミニアルバムということもあり冒頭2曲のドライブ感溢れる怒涛のロックサウンドでガンガン突き抜けてほしかったところであるが、そこが唯一残念といえば残念な点であろうか。

ただそんな中でもミディアムテンポのサッドラブソングである「花瓶」は秀逸で、7曲のコンパクトサイズのミニアルバムの中でも異彩を放つキラーチューンとなっている。

「10DEARS」は、メンバー交替や2年ぶりのミニアルバムということもあって若干内容に不安があったが、そうした不安は杞憂に終わったようで、期待を裏切らないなかなか聴き応えあるアルバムであった。

I-RabBits を初めて聴く方にもお薦めしたいアルバムである。

▼ IRabBits
画像




■ Music Video「ロンリークライマー」




■ Music Video「9LIVES」




*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした IRabBits が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。

*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「IRabBits」を素材として二次利用しています。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/208-b6fcbdb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Sister Sledge 「We Are Family」 «  | BLOG TOP |  » Shalamar 「Big Fun」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !