FC2ブログ

2020-05

ねごと 「VISION」

j0160■ アルバムデータ
タイトル:VISION
アーティスト:ねごと
リリース:2015年3月4日
レーベル:Ki/oon Music

アルバム総評価:94


■ 曲目リスト
  №  曲          名評     価
01  未来航路  ★★★★★  
02  黄昏のラプソディ★★★★★
03  endless★★★★★
04  エイリアンエステート          ★★★★☆
05  シンクロマニカ★★★★★
06  コーラルブルー★★★★★
07  GREAT CITY KIDS★★★★☆
08  透明な魚★★★★★
09  真夜中のアンセム★★★★★
10  ドリーミードライバー★★★★☆
11  アンモナイト!★★★★☆
12  Time machine★★★★★
13  憧憬★★★★★


■ 講評
今回紹介するアルバム「VISION」は、日本のガールズバンド・ねごとが2015年3月4日に Ki/oon Music からリリースした3枚目となるフルアルバムである。

フルアルバムとしては2013年2月6日リリースの2ndフルアルバム「5」以来2年ぶりのリリース、2014年3月12日リリースの2ndミニアルバム「“Z”OOM」からは1年ぶりのリリースとなるセルフプロデュース作である。

2013年11月13日リリースの7thシングル「シンクロマニカ」の表題曲「シンクロマニカ」、2014年9月24日リリースの8thシングル「アンモナイト!/黄昏のラプソディ」の表題曲「アンモナイト!」、「黄昏のラプソディ」、2014年3月12日リリースの2ndミニアルバム「“Z”OOM」に収録されたリード曲「真夜中のアンセム」の既発曲4曲を含む全13曲が収録されている。

また収録曲中新曲となる「endless」は、アルバムのリード曲として2014年末のフェスで披露されるとともに、ミュージックビデオも制作されている。

基本的に楽曲制作は、作詞をメンバーの蒼山幸子、作曲を沙田瑞紀 & 蒼山幸子、編曲をねごとが担っている。

なお、アルバムはオリコンデイリーCDアルバムランキング第15位、オリコン週間CDアルバムランキング第28位、Billboard Japan Top Album chart 第25位を記録している。

また、アルバムに収録されている7thシングル「シンクロマニカ」は、オリコン週間CDアルバムランキング第30位を、8thシングル「アンモナイト!/黄昏のラプソディ」は第38位を記録している。

(出典:「VISION (ねごとのアルバム)」(2015年3月15日 07:43 (UTC))『Wikipedia日本語版』)

▼「VISION」
画像


▼「VISION」初回生産限定盤
画像




ねごと(NEGOTO)は、千葉県で結成された4ピースのガールズバンドである。所属レーベルは Ki/oon Music、所属事務所は Sony Music Artists(SMA)。

なんと全員平成生まれという若さである。

2010年、ミニアルバム「Hello! “Z”」でメジャーデビューを果たす。

バンド名は、「3文字で覚えやすく、夢の中なら何を歌っても良いため、ジャンルにこだわらない4人の音楽が作れる」という理由から「ねごと」と名付けられた。

▼ ねごと
画像




2006年夏、ねごとの前身となるバンドを蒼山(vocal)、沙田(guitar)、澤村(drums)で結成。当時は沙田のみが違う高校であったため、沙田は友人の姉から制服を借りて、蒼山、澤村の通う高校に遊びに行っていた。

2007年8月、音楽性の違いから沙田がバンドを脱退。その後、そのバンドは解散する。
2007年10月7日、沙田から蒼山と澤村に、沙田の幼稚園からの幼馴染み藤咲をベースに加えた編成でのバンド再結成の誘いのメールが送られ、ねごとが結成される。当初の目的は楽しくコピーバンドをすることで、プロなどは目指していなかった。バンド名は初めて見た人が覚えられるようにひらがな三文字の名前にしようと考え、当初考えられていた候補には、「ねごと」のほかに「けむし」、「よだれ」などがあった。

2008年1月4日、「ねごと」としての初ライブ。
2008年春、オリジナル曲が3曲しかない中、TOKYO FM系で放送中の『SCHOOL OF LOCK!』とソニー・ミュージック・auが実施した「出演者は全員10代アマチュアに限る」というロックフェス「第1回閃光ライオット」に応募する。この時も、当初の目的は高校3年生の思い出づくりであり、プロデビューは意識していなかった。にもかかわらず、次々と予選を突破し、最終選考の16組に選ばれて本戦出場を決める。
2008年8月8日、「第1回閃光ライオット」にて審査員特別賞を獲得。
2008年11月26日、「ループ」で参加したコンピレーション・アルバム『閃光ライオット2008』が全国発売。

2009年4月、メンバー全員が大学に進学。
2009年9月、「ねごと」として本格的に活動を開始。

2010年9月、スペースシャワーTVの2010年9月のパワープッシュアーティストに選ばれる。

2010年9月29日、ミニアルバム『Hello! “Z”』でメジャーデビュー。

2011年5月28日、東京都江東区の若洲公園にて開催された「ROCKS TOKYO 2011」に出演。これをはじめとして、数多くの野外ロックフェスティバルに出演。この年がねごとにとって本格的な野外フェスデビューとなった。
2011年6月22日、限定生産シングル『メルシールーe.p.』をリリース。
2011年7月13日、1stフルアルバム『ex Negoto』をリリース。

2012年4月1日、所属レコード会社であるキューンレコードが「キューンミュージック」にレーベル名変更。
2012年4月4日、2ndシングル『sharp ♯』をリリース。
2012年8月8日、3rdシングル『Lightdentity/Re:myend!』をリリース。
2012年11月7日、4thシングル『nameless』をリリース。2013年2月の2ndアルバム発売に至る4カ月連続リリースを開始。アルバムに先行するシングル3部作の第1弾。
2012年12月5日、5thシングル『greatwall』をリリース。シングル3部作の第2弾。

2013年1月23日、6thシングル『たしかなうた』をリリース。シングル3部作が完結。
2013年2月6日、2ndフルアルバム『5』をリリース。
2013年11月13日、7thシングル『シンクロマニカ』発売。

2014年3月12日、2ndミニアルバム『“Z”OOM』をリリース。
2014年4月1日、Ki/oon Artistsからソニー・ミュージックアーティスツに所属事務所を移籍。
2014年9月24日、8thシングル、『アンモナイト!/黄昏のラプソディ』を発売。
2014年12月7日、テレビ朝日系「関ジャニの仕分け∞特別編 豪華3本立てSP」に出演。ドラマー澤村小夜子が“第1回ピアノ王決定戦”に挑戦し優勝。

2015年3月4日、3rdフルアルバム『VISION』をリリースする。

(出典:「ねごと」(2015年3月11日 02:27 (UTC))『Wikipedia日本語版』)

▼ ねごと
画像




■ メンバー

◆ 蒼山幸子(あおやまさちこ)(写真:中央左)
ボーカル・キーボード担当。1991年1月19日生まれ。千葉県出身。血液型AB型。
多くの楽曲で作詞を担当。ピアノだけでなくギターやドラムの経験もあり、初めてバンドを組んだ時のパートはドラムであった。ライブではキーボードの他、鈴やカスタネットを用いることもある。

◆ 沙田瑞紀(ますだみずき)(写真:中央右)
ギター・コーラス担当。1991年3月12日生まれ。千葉県出身。血液型B型。
藤咲とは幼稚園からの幼馴染。
多くの楽曲で作曲を担当。趣味として写真を撮ることを公表しており、ライブ中にも写真を撮ることがよくある。自他共にねごとの「パー子」と公言している。

◆ 藤咲佑(ふじさきゆう)(写真:左)
ベース・コーラス担当。ねごとのリーダーを務める。1990年8月26日生まれ。新潟県出身。血液型A型。
沙田とは幼稚園からの幼馴染。
ピアノを9年間習っていた。澤村によれば、藤咲は人見知りな印象でおとなしく、距離を縮めるのに苦労したという。

◆ 澤村小夜子(さわむらさやこ)(写真:右)
ドラムス・コーラス担当。1990年7月3日生まれ。千葉県出身。血液型A型。
小学生時代はピアノ、琴、三味線を習い、中学生時代には吹奏楽部でマリンバを担当。高校生になってからドラムを始める。
ブログやTwitterで時折登場する人形は、イラストレーターなばたとしたかによるキャラクター「リトルハナガシラ」で、蒼山がプレゼントしたもの。澤村はこれに「ガッツフラワータケオ」と名づけている。

▼ ねごとのメンバー
画像




ねごとは、2010年のメジャーデビュー以来、既に5年のキャリアを持つ日本のガールズバンドを代表するグループの一つである。

今や中堅ガールズバンドとなったねごとであるが、なかなかバンドを代表するようなスマッシュヒット曲に恵まれず、メディアへの露出も多くないため、バンド名自体初めて耳にする方も多いかもしれないが、野外ロックフェスティバルへの参加を始めライブを中心に精力的に活動を展開しており、着実に実力に磨きをかけてきている注目のバンドである。

そのライブで揉まれた演奏力は、ガールズバンドの中でも一歩抜きん出ており、繰り出すサウンドも、メロディアスなポップというフレーズで一括りにできないほど独特でありかつ印象的である。

作曲はギターの沙田瑞紀とキーボードの蒼山幸子の二人によることが多いようであるが、ギター系というよりキーボード系という印象の方が強い楽曲は、単調なようで実は非常に複雑なメロディーラインで構成されており、メジャーコードによる快晴のようなスカッとした気持ち良さを持ち合わせない分、曇空のような複雑で憂鬱な「女子感」が漂い、それが却って等身大のねごとをうまく表現しているようで妙に愛おしいサウンドに聴こえてしまうから不思議である。

「さわやかさんに見えて、でもちょっとひねくれた音楽をやってます 。」そんなキャッチフレーズがぴったりのキャラクターでありサウンドである。

そうした意味でねごとと間逆のキラキラ系ガールズバンドである「Silent Siren」や「Scandal」と比べてみると、バンドが漂わせる「女子感」というものが、そのサウンドだけでなくバンドの「見せ方」によっても随分変わるものだと妙に感心してしまう。

最近、一時期のガールズバンドブームも落ち着きを見せてきたが、ここにきてキャラクター面とサウンド面で個性が強いガールズバンドが底力を発揮する傾向が見受けられる。

ねごとも確実に進化を遂げており、バンドを代表するようなスマッシュヒットを飛ばすことが出来れば、その知名度も一気に上がるに違いない。

それだけにファンとしても、2年ぶりのリリースとなる今回のフルアルバムに対する期待は大きかったであろうと思われる。

本作にはフジテレビ「ノイタミナ」枠でオンエアされていたアニメ「ガリレイドンナ」のオープニングテーマ「シンクロマニカ」、NHK-BSプレミアムのドラマ「おふこうさん」の主題歌「真夜中のアンセム」、最新シングル「アンモナイト! / 黄昏のラプソディ」のタイトルトラックの計4曲を含む13曲が収録されているが、全曲新曲で揃えるという選択肢もあっただろう中で、敢えて既発曲を4曲も収録したことをどう捉えるかは、ファンによっても意見が分かれるところかもしれない。

ただ、既発曲をボーナストラック的なサービスと考えれば、差し引き9曲が新曲であり、2年ぶりのフルアルバムとしてはねごとサイドとしてもかなり奮発したアルバムと言えるのではないだろうか。

▼「シンクロマニカ」7thシングル
画像


▼「シンクロマニカ」初回生産限定盤 A
画像


▼「シンクロマニカ」初回生産限定盤 B
画像


▼「シンクロマニカ」初回生産限定盤 C
画像



▼「アンモナイト!/黄昏のラプソディ」8thシングル
画像


▼「アンモナイト!/黄昏のラプソディ」初回生産限定盤
画像



実際にアルバムを聴いてみると、「VISION」というアルバムタイトルどおり、ねごととしての新しいヴィジョンを示すという意味も込められているのであろうか、リード曲である新曲「endless」のようにエッジの効いた挑戦的な楽曲を含む意欲作となっている。

一言で言えば独特のメロディーセンスと心地よいビート感が見事に結実した実にかっこいいアルバムに仕上がっていると言えよう。

加えて無骨で掴みどころのない不可思議な歌詞の世界も蒼山幸子のピュアなヴォーカルに乗ってその難解さを加速させ、ファンタジーな世界を繰り広げている。

全体としてバンド感を大切にしながらもスタジオ録音へのこだわりが感じられ複雑で厚みのあるミキシングとなっており、細かいアレンジにもかなり神経を使っているようで、このアルバムに対するねごとの意気込みがダイレクトに伝わってくる音となっている。

こうした細部にわたるアレンジの妙は、他のガールズバンドにはない実にねごとらしいこだわりと感じる。

ポップでありながら、どこかひねくれていて、深く突き詰めた「ねごとらしい」楽曲。そんな「ねごとらしさ」をさらに追求した不思議に味のあるサウンドが満載のアルバムである。

特に「黄昏のラプソディ」と「コーラルブルー」のエッジの効いたギターワークは実に巧みで、キーボードとベースとドラムスのセッション感も聴きごたえ十分である。

また「真夜中のアンセム」のソリッドでローリング感溢れるビートサウンドも実に小気味よく、こうした楽曲を作り出すことができるねごとの力量には計り知れないものがあると感心してしまう。

アルバム「VISION」は、そのタイトルらしくこれからのねごとの新しい可能性を大いに感じさせてくれる見事なアルバムである。

▼ ねごと
画像




■ アルバムリリースノート
前作2nd Full Album「5」以来、約2年ぶりとなるFull Albumのリリースが決定! フジテレビ“ノイタミナ"アニメ「ガリレイドンナ」オープニング・テーマ「シンクロマニカ」、NHK-BSプレミアムよるドラマ「おふこうさん」主題歌「真夜中のアンセム」、そして、最新恋の両A面シングル「アンモナイト! / 黄昏のラプソディ」4曲のシングルを含む、全13曲大充実のボリュームで収録!
メンバー全員大学を卒業し、音楽に専念し始めて約1年半。
楽曲制作、ライブともに、パワフルかつエネルギッシュに進化をし続ける彼女達の“いま"と“未来"が詰まった一枚。
新世代ガールズロックバンド“ねごと"の新機軸、新たな創造性が爆発! - Amazon

4人組ガールズ・ロック・バンド、“ねごと”の約2年ぶり(2015年時)となるサード・フル・アルバム。フジテレビ“ノイタミナ”アニメ『ガリレイドンナ』のオープニング・テーマ「シンクロマニカ」をはじめ「真夜中のアンセム」「アンモナイト!」「黄昏のラプソディ」というシングル曲も収録。大学を卒業し、音楽に専念し始めた彼女たちの“いま”と“未来”が詰まった一枚。- Amazon

▼ ねごと
画像




■ Music Video「VISION -digest- edited by Mizuki Masuda」




■ Music Video「endless」
監督は「メルシールー」「sharp ♯」なども担当した志賀匠。



■ Music Video「シンクロマニカ」




■ Music Video「アンモナイト!/黄昏のラプソディ」Full Ver.(新)




■ Music Video「真夜中のアンセム」(NHK-BSプレミアムよるドラマ「おふこうさん」主題歌)




*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした ねごと が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。

*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「ねごと」「VISION (ねごとのアルバム)」を素材として二次利用しています。


love3  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/169-0a9af5bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TWEEDEES 「The Sound Sounds.」 «  | BLOG TOP |  » 隠れた梅の名所 「愛知県植木センター」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !