FC2ブログ

2020-05

ベリーグッドマン 「Sing Sing Sing 2」

j0119■ アルバムデータ
タイトル:Sing Sing Sing 2
アーティスト:ベリーグッドマン
リリース:2014年11月12日
レーベル:VAA / STUDIO303

アルバム総評価:82


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  イントロ  ★★★☆☆  
02  ベリーグッド★★★☆☆
03  Walkin’★★★★★
04  冬が終わる頃に          ★★★★★
05  ウグイス★★★★★
06  ミクロコスモス★★★★☆
07  Freedom★★★☆☆
08  君に願いを★★★★★
09  1988★★★★☆


■ 講評
今回紹介するアルバム「Sing Sing Sing 2」は、ベリーグッドマンが2014年11月12日に VAA/STUDIO303 からリリースした2枚目となるオリジナルアルバムである。

iTunes アルバム総合チャート第9位、レゲエチャート第1位、オリコン週間 CD アルバムチャート第64位を記録している。

▼「Sing Sing Sing 2 限定盤」
画像



ベリーグッドマンは、2013年11月に結成された Rover、MOCA、HiDEX の3人による大阪発の Hip-Hop 系の3ピースユニットである。なお、アルバムはレゲエチャートにもエントリーされており、広い意味でジャパニーズレゲエという捉え方もできるかもしれない。

2009年5月中学校の同級生だった HiDEX と Rover が Roofy というバンドを結成したが、2011年に Roofy 活動休止。同年、 Rover と MOCA がクラブにて出会い、その後、HiDEX、MOCA のソロアルバムのプロデュース等を機に3人でライブなどを行うことで意気投合し、2013年11月結成されたのがベリーグッドマンである。

ちなみに、ユニット名は、メンバーの Rover と HiDEX が中学生の時に吹奏楽をやっていて、その時に演じたかったのがベニーグッドマンの曲であり、そこに語呂の良さも加えて HiDEX がネーミングしたとのことである。さらにジャズ=黒人音楽の時代に、白人でありながらジャズミュージシャンとして認められたベニーグッドマンの異端児的かつ希有な存在を自分たちの将来像に映り込ませた、ということらしい。

このため、アルバム名も、1stアルバム「Sing Sing Sing」、2ndアルバム「Sing Sing Sing 2」とベニーグッドマンによるスウィングジャズの名演「Sing Sing Sing」から引用するというこだわりようである。

■ メンバー
◆ Rover(Vo,Gt,Tp):1988年5月29日生(写真:中央)
◆ MOCA(Vo,MC):1988年4月24日生(写真:右)
◆ HiDEX(Vo,TrackMaker,Pf,Gt,Perc):1988年11月18日生(写真:左)

▼ ベリーグッドマン
画像




ベリーグッドマンの楽曲は、ポップス色の強いHip-Hop系ミュージックといえるが、今のミュージックシーンはこうした曲調を得意とするユニットが群雄割拠する状況にある。

下世話な言い方かもしれないが、そうした状況の中で「勝ち残る」ためには、他のユニットを圧倒するだけの強烈な個性やパフォーマンスが必要となることは言うまでもない。

もちろんメンバーのパーソナルな個性も重要な要素ではあるが、最終的にはやはりユニットとしての楽曲の魅力こそが鍵となるのではないだろうか。

その意味でベリーグッドマンは、非常に魅力的な楽曲を提供してくれる注目のユニットである。

彼らの最大の魅力は、「体温」を感じさせるメロディーと歌詞にある。ここでいう「体温」とは決して関西特有の「熱さ」をいうのではない。どちらかといえば京風の「はんなりしたぬくもり」である。

大坂発の Hip-Hop 系ヴォーカルということでどうしてもドスの効いたダミ声を想像してしまうのだが、ベリーグッドマンの場合はメンバー3人ともがいい意味で予想を裏切る非常に透き通った癒し系の歌声の持ち主である。

また、大阪特有の浪花節や軽妙な乗りで勝負するのではなく、むしろ都会的で洗練された爽やかさや心地良さを感じさせる楽曲を送り出しているところが、真摯かつナチュラルで実に感じがよいのである。

その独特のジェントルな感じのよさを実感できるのが、アルバム収録曲「冬が終わる頃に」と「ミクロコスモス」である。

▼「Walkin’」2nd配信限定シングル
画像



これらの楽曲を聴くと正直ケツメイシや Def Tech ライクな印象も受けるのだが、ハートウォームな歌詞とメロディーが実に自然体で、そのナチュラルさにメンバー3人のヴォーカルの絶妙なコンビネーションも相まって、ベリーグッドマンらしいやさしさを醸し出している。

さらにミュージックビデオも制作された「Walkin'」と「君に願いを」の2曲は、極めてヒット性が高いキラーチューンであり、ベリーグッドマンの無限の可能性を強く実感することができる楽曲である。

そんなやさしさや柔らかさを感じさせるベリーグッドマン。男気を前面に出すユニットが多い今のHip-Hop界にあって実に個性的なユニットではないだろうか。売り出し方さえ間違わなければ、このユニットは突き抜ける予感がする。

▼ ベリーグッドマン
画像




■ アルバムリリースノート
1stアルバムもヒットを記録したベリーグッドマンのセカンドアルバムが遂にリリース! !
3声の美し過ぎるハーモニーとラップ、秀逸なトラック、そして誰もが認める"活"ライブ力。
2014年上半期の話題をさらった、大阪出身3人組"ベリーグッドマン"の2ndアルバム!全国ツアーも決定し、アルバムも傑作曲満載に! ! ! - Amazon

2009年5月、中学校の同級生だった HiDEX、Rover が Roofy を結成。2011年、Roofy 活動休止。同年、Rover と MOCA がクラブにて出会う。2012年12月、HiDEX ソロミニアルバム「No More Time」をリリース。
2013年4月、MOCA ソロアルバム「原始人の歌」リリース。その CD を作るにあたって、Rover と HiDEX がプロデュースとして参加。
CD が完成してからも3人でライブなどを行い、意気投合し、2013年11月15日ベリーグッドマン結成。
2014年4月23日 デビューアルバム「Sing Sing Sing」リリース! - Amazon

▼ ベリーグッドマン
画像




■ Music Video「Walkin'(Short Version)」




■ Music Video「コンパス(Short Version)」 1stアルバム「Sing Sing Sing」から




*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした VAA が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/127-de28a2b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

EPO 「VITAMIN E・P・O」 «  | BLOG TOP |  » とんかつ山正キヨス店のみそかつ

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !