FC2ブログ

2020-05

SATORI 「RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.」

j0101■ アルバムデータ
タイトル:RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.
アーティスト:SATORI
リリース:2014年10月8日
レーベル:L-RECORD

アルバム総評価:90


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  NO NO NO  ★★★★★  
02  君はキュート★★★★★
03  漂流教室★★★★★
04  わたし 雨、台風。★★★★☆
05  青春★★★★★
06  君にだけ聴かせるハートビート          ★★★☆☆


■ 講評
SATORIは、京都発のグルーヴ&メロウな5ピースロックバンドである。

2010年9月に元 solaris のハノトモ(Vo, Key)、YKO(ゆっこ)(Vo, Per, Dr)と Prof.Moriarty&Smiley-Todd のベーシスト「ちゃん6(ろく)」(B) によって京都において結成された。バンド名の由来は不明である。

ソウルをベースにしたグルーヴィーなサウンドと、ハノトモと YKO による男女ツインボーカルが持ち味のバンドである。

2014年にはサポートとして参加していた内藤ちゃん(Dr, Per)、まーしー(G)が正式メンバーとして加入し、現在は5人編成となっている。

2011年4月に京都METROにてデビューライブを行う。 ロックでスペイシーなキーボードとロックなギターサウンドを武器に、攻撃的なメロディと刹那的なライブパフォーマンスで独自路線を展開。

2011年6月にファーストシングル「トーストにビーフ スパイスにチーズ」を自主制作で発売。

2011年10月に大阪の新進気鋭劇団「劇団タノシイ第10回公演・夢のまた夢の夢」において SATORI の楽曲が起用される。

2012年3月にサポートギタリスト「まーしー」が加入。

2013年3月にファーストアルバム「Yeah!Yeah!Yeah!」が発売。

2014年にはサポートとして参加していた内藤ちゃん(Dr, Per)、まーしー(G)が正式メンバーとして加入。

(出典:「SATORI (日本のバンド)」(2014年5月27日 11:58 UTC)『Wikipedia日本語版』)

▼ SATORI
画像




今回紹介するアルバム「RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.」は、SATORI が2014年10月8日に L-RECORD からリリースした通算2枚目となるミニアルバムであり、5人体制では初の作品となる。

アルバム「RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.」は、一曲目から非常にコミカルで楽しげなリード曲「NO NO NO」で始まる。この曲のウキウキ感が結構いい感じであり、冒頭にこの曲を配したおかげでアルバムのポップ感が際立つ好結果を生んでいるようだ。この楽曲は「モータウン&渋谷系サウンド」と評されているが、まあ難しく言えばそんな感じということだろう。

それにしても CD ジャケットのほの暗く怪しげなイラストとは随分ギャップのあるアルバム内容となっている。

最近のバンド系のミュージックシーンには珍しく「NO NO NO」の印象そのままにアルバム全体のトーンは非常に明るくコミカルだ。さすがは関西出身のバンドといったところか。

「カラフル・ハッピー・ミュージックを鳴らす5人組バンド」というバンドのキャッチコピーよろしく、非常に楽しいサウンドを奏でるバンドである。

一方、何か深い意味が隠されているか否かは定かではないが、意味があってないような何とも言えない脱力感漂う歌詞は、はっきり言って非常に微妙である。特に「漂流教室」なんてぶっ飛んでるとしか言いようがないほど凡人には理解不能な歌詞である。

そうしたギャップも含めて、satori は何気に「異色」なバンドである。

バンドのサウンドはソウルフルでグルーヴィーなサウンドという触込みであるが、このアルバムに関しては、ソウルフル+変則的ロックンロールといった印象であり、サウンド構成もキーボードをうまく活かしたシンプルなバンドサウンドとなっている。最近ギターメインのヘヴィーなバンドロックを聴き慣れているせいか、そのシンプルさがかえって斬新に聴こえるほどだ。

そんな SATORI を最も特徴付けているのがハノトモと YKO のツインヴォーカルである。女性のサブヴォーカルを擁するバンドは少なくないが、SATORI では女性ヴォーカルである YKO が、しっかりメインを張り合っており、収録曲「Drifting Classroom」でもYUKI張りのストレートヴォイスが弾けてなかなかいい味を出している。

▼YKO(Vocal)
画像



数あるバンドがミュージックシーンで生き残るためには強い個性が欠かせない。その点 SATORI の何気に漂う不思議で微妙なコミカルさは、非常に大きなアドバンテージである。非常に色鮮やかなサウンドも最近のバンドには珍しい。まだメジャーヒットには至っていないようであるが、ミュージックシーンでは期待のニューカマーとして注目されているようである。ぜひこの音楽性を大事にして飛躍してほしい。



■ メンバー紹介

◆ ハノトモ(Vocal & keyboard)
◆ YKO(ゆっこ)(Vocal & Drums & Percussion)
◆ ちゃん6(ろく)(Bass)
◆ まーしー(Guitar)
◆ 内藤ちゃん(Drums & Percussion)

▼ SATORI
画像




■ アルバムリリースノート
京都が生んだ男女♂♀混声のニューカマー『SATORI』が放つ待望のセカンドアルバムよりソウルで、よりハッピーなサウンドに乗せて男女ツインボーカルが彩る120%グッドミュージック! !

京都出身の男女ツイン・ヴォーカル・バンド、SATORI のセカンド・アルバム。モータウン&渋谷系サウンド全開の「NO NO NO」、紅一点 YKO の個性が光る「漂流教室」、ダークな世界観と色鮮やかなアンサンブルが見事な「わたし 雨、台風」など、様々なサウンドが詰まった一枚。- Amazon



■ Music Video「RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.(ダイジェスト版)」




■ Music Video「NO NO NO」




■ Music Video「わたし 雨、台風。」




*これらの動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードした SATORIJAPAN が自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。

*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaの項目「SATORI (日本のバンド)」を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/109-54d724e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

渡辺美里 「eyes」 «  | BLOG TOP |  » Salyu 「landmark」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !