FC2ブログ

2020-05

タルトタタン 「TARTETATIN ARE ALLRIGHT! 」

j0098■ アルバムデータ
タイトル:TARTETATIN ARE ALLRIGHT!
アーティスト:タルトタタン
リリース:2014年9月24日
レーベル:EMISSION ENTERTAINMENT

アルバム総評価:90


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  ふらりふらりと  ★★★★★  
02  ポリティカルないきものたち (Album Ver.)          ★★★★★
03  うらなわないし★★★★☆
04  転がる一方★★★★★
05  事件前夜のこと★★★☆☆
06  突撃三文ミステリー★★★★★
07  恋なんてタイブレーク★★★★★
08  ワレナイ風船★★★★☆
09  おかしなお菓子★★★★★
10  あたまの実験★★★★☆


■ 講評
今回紹介するアルバム「TARTETATIN ARE ALLRIGHT! 」は、音楽ユニット「タルトタタン」が2014年9月24日に EMISSION ENTERTAINMENT からリリースした3rdフル・アルバムである。ヴォーカルが3人体制になってからは初めてのアルバムとなる。

ほとんどすべての楽曲の作詞・作曲を、エレクトロ・ポップグループ「ふぇのたす」のヤマモトショウこと山本奨が手掛けており、「ワレナイ風船」の作詞は矢井田瞳が、「おかしなお菓子」の作詞は山野直子が手掛けている。

▼公式ロゴ
画像



タルトタタンは、音楽ユニットである元「相対性理論」の Guitar の真部脩一と Drums の西浦謙助に元「進行方向別通行区分」の Bass の橋本アンソニーが参加する「アゼル&バイジャン」がサウンドプロデュースする3ピース(当初は2ピース)のガールズヴォーカルユニットである。デビュー当時は、「Twitter/ Facebook時代のシンデレラガール」と称されていた。南波志帆とのユニット「ナンバタタン」としての活動も行っている。

2012年デビュー。当初ヴォーカリストは、亀高綾乃と小野早稀の2名であった。
2012年7月6日に小野早稀が脱退し、代わりに有井優が加入。
2013年2月14日に亀高・有井ともに学業専念を理由に脱退を発表。
2013年3月31日に東京・表参道アッセンブリールームにてヴォーカルオーディションを実施。
2013年6月から鹿間水月と佐藤なぎさが新ヴォーカリストとして加入。
病気療養により長期離脱していた佐藤なぎさが脱退。
同じ事務所に所属する野佐怜奈が暫定的にピンチヒッターを務める。
2013年12月16日に鹿間水月が脱退。同日、新ヴォーカリストの優希と葵がお披露目。
2014年10月19日にゆりえが加入。
現在、優希、葵、ゆりえの3人体制で活動中。

▼現在のメンバー
(左上:葵、右上:優希、下:ゆりえ)
画像



ちなみにタルト・タタン (Tarte Tatin) とは、型の中にバターと砂糖でいためた(キャラメリゼ)リンゴを敷きつめ、その上からタルト生地をかぶせて焼いたフランス菓子の名称であるが、ユニット名の由来については定かではない。

2012年から活動を開始しているが、ユニットに関する情報やヴォーカルの露出が極めて少ない不思議なユニットである。
オフィシャルサイトにおける情報も少なく、Web上では「相対性理論を脱退したメンバーが作り出したユニット」というフレーズだけが一人歩きしており、メンバーも短期間に入れ替わるなど音楽ユニットとして最も肝心なヴォーカルの印象も定まらず、残念ながらアングラ色が強いユニットというイメージが先行してしまっている。

情報の少なさは、制作サイドの戦略なのか、それともそもそも広報自体をあまり意識していないのか判然としないが、できれば、より積極的な情報発信を期待したいところである。

さて、今回初めてタルトタタンのアルバム「TARTETATIN ARE ALLRIGHT! 」を聴いた際、「相対性理論」と「さよならポニーテール」を足して2で割ったような音楽性のユニットだなという感想を持ったが、その後、相対性理論の元メンバーらがプロデュースしたユニットであることを知り、そうした印象を持ったことに合点がいったところである。

それほどタルトタタンのアジアンテイストでどこかノスタルジックなメロディーラインは、相対性理論を思い起こさせる。一方で、相対性理論に比べてかなりポップス調なアレンジの楽曲が多くなっており、幅広い層に受け入れられそうなアルバムに仕上がっているという印象だ。

現ヴォーカルの3人は、やくしまるえつこほど個性的でなく、癖のないプレーンな歌声である。個人的にはもう少し癖のあるインパクトを持った歌声の方が、ユニットの曲調に合ってよいのではないかと感じるが、ここは人により意見が分かれるところかもしれない。

短い小節ごとに複数のヴォーカルがチェンジすることや淡々と歌う様子は、さながら「さよならポニーテール」を彷彿とさせるが、こうしたスタイルによって楽曲に不思議なポップアート感を醸し出しており、それが「タルトタタンらしさ」となっていると感じた。

さらに、現メンバーの優希、葵、ゆりえは、ユニット名のごとく非常にスィートでキュートな容姿の持ち主であり、楽曲の完成度と可愛らしいルックスとのギャップが、アイドルらしからぬアイドルユニットとしての可能性も感じさせる。

▼ タルトタタン
画像



収録曲中では「おかしなお菓子」が不思議にコケティッシュでキャッチーな曲であり、ピカイチの出来栄えであるが、アルバムは全体として非常にマイルドな印象である。リード曲は「突撃三文ミステリー」であるが、シングルとしてスマッシュヒットを狙えるような「これぞタルトタタンだ」といったキラーチューンとしては物足りなさが残る。

▼シングル「ポリティカルないきものたち」
画像



いろいろな意味で注目度の高いユニットであり、音楽的にも非常に可能性を感じさせる。だからこそ、自分のようなコアな音楽フリークだけではなく、一般的なJPopリスナーにも広く知ってもらえるような目に見えるPR戦略がほしいところである。

一曲でもこれぞタルトタタンというようなユニットを代表するような楽曲がシングルヒットすれば、アルバム自体のヒットチャートインを含めて大きく飛躍できそうな予感がする。

相対性理論譲りの中毒性を持った非常に将来有望な個性的なユニットである。今後も新生タルトタタンに大いに注目したい。



■ アルバムリリースノート
タルトタタンのサード・アルバム。サウンド・プロデュースは、南波志帆とのユニット“ナンバタタン”に引き続き、ヤマモトショウ(ふぇのたす)。演奏陣には来来来チーム、Shiggy Jr.を迎えた他、作家陣として矢井田瞳、山野直子(少年ナイフ)も参加。- Amazon



■ Music Video「突撃三文ミステリー」
監督:市田ユウキ 出演:タルトタタン・ヤマモトショウ



*この動画で使用されている音源は、動画をYoutubeにアップロードしたタルトタタンが自ら制作したものであり、個人が収入(広告収入を含む)を得ずに運営するサイトへの貼り付けが許諾された音源です。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/105-16d13633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LASTGASP 「Point of No Return」 «  | BLOG TOP |  » 浜田麻里 「TOMORROW」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !