FC2ブログ

2020-05

浜田麻里 「TOMORROW」

j0097■ アルバムデータ
タイトル:TOMORROW
アーティスト:浜田麻里
リリース:1991年10月19日
レーベル:MCAビクター

アルバム総評価:92


■ 曲目リスト
  №  曲          名評      価
01  Tele-Control  ★★★★★  
02  Easy-Going★★★★★
03  Love Ain't Easy★★★★★
04  Rainy Blue★★★★★
05  Paradox★★★★★
06  Missing★★★★★
07  ONE KISS★★★★☆
08  Selfish★★★★☆
09  LOVE'N'MUSIC★★★☆☆
10  More Than Ever★★★★☆
11  Precious Summer          ★★★★★
12  TOMORROW★★★★★


■  タイアップ
  №  曲          名タ  イ  ア  ッ  プ
01  Tele-Control  三貴商事「ブティック・ジョイ」CMソング
  フジテレビ「葡萄が目にしみる」テ-マ曲
05  Paradox  JVC・BSテレビインテリアートCMソング
07  ONE KISS  大同生命CMイメ-ジソング
11  Precious Summer        1991年・1992年『熱闘甲子園』オープニング        
12  TOMORROW  1991年・1992年『熱闘甲子園』エンディング


■ 講評
浜田麻里(1962年7月18日生)は、日本の女性シンガーソングライターである。東京都出身。

浜田麻里の詳細については、5thアルバム「Blue Revolution」の紹介記事を参照していただければ幸いである。

今回紹介するアルバム「TOMORROW」は、1991年に MCA ビクターからリリースされた 浜田麻里 の11枚目のフル・アルバムである。MCA ビクター(現:ユニバーサルミュージック)移籍第1弾の作品であり、セールス面で浜田の最大のヒット・アルバムとなった。

▼「TOMORROW」歌詞カードスナップ
画像


▼「TOMORROW」裏面ジャケット
画像



以前、5thアルバム「Blue Revolution」の紹介記事でも触れたが、浜田麻里 は、1987年発表の7thアルバム「IN THE PRECIOUS AGE」からロサンゼルスでレコーディングするようになり、著名なプロデューサー、ミュージシャンを起用してアルバムを製作するようになる。この頃から、初期に見られたハードロックやへヴィメタル色の強い曲調からキャッチーなポップも取り入れた幅広い音楽性を表現し、結果としてファン層をさらに広げていくことになる。

(出典:「浜田麻里」(2014年9月6日 14:17 UTC)『Wikipedia日本語版』)

アルバム「TOMORROW」は、そうした 浜田麻里 の楽曲にポップ色が濃くなった活動中期を代表するアルバムであり、オリコン週間アルバムランキング最高第2位、1991年度年間アルバムランキング第第39位を記録。残念ながらオリコン週間アルバムランキング第1位は逃したが、セールス的には 浜田麻里 最大のヒット・アルバムとなった。

また、タイトルトラック曲の「Tomorrow」と「Precious Summer」が、朝日放送・テレビ朝日共同製作の「熱闘甲子園」のテーマソングとして起用されるなど、アルバム収録曲中5曲が TV 番組・CM のタイアップとなっており、そうした実績からも彼女の当時の人気の高さが窺えるだろう。

▼14thシングル「Tele-Control」
画像



アルバムは、全曲非常にキャッチーなメロディーラインの楽曲で構成されており、制作サイドとしても相当ヒット&セールスを意識したと思われるメジャーテイストなアルバムに仕上がっている。

かといって決してリスナーに媚びた音ではなく、全英語詞の楽曲を3曲も収録するなど、しっかりと自身の歌声でロックパフォーマンスしているところにハードロックの女王としての 浜田麻里 の揺るぎない自信と誇りを感じる。

そんな収録曲の中でも特にお気に入りの楽曲が「Paradox」である。増崎孝司 氏による編曲が非常にドラマチックで、ロックとポップが見事に融合したリードギターも印象的な楽曲である。浜田麻里 を代表するキラーチューンであり、今聴いても実に素晴らしい 浜田麻里 を語る上で欠かせない一曲となっている。

さらにバラッド曲である「Missing」とアルバムタイトル曲でもある「TOMORROW」は、浜田麻里 にしか歌うことができないであろう珠玉のロッカバラッドであり、身震いするほど 浜田麻里 のクリスタルヴォイスが冴え渡る、実に感動的な楽曲である。

▼15thシングル「Paradox」
画像



ただ、1993年、12thアルバム「Anti-Heroine」をリリースした頃から、英語歌詞の楽曲に力を入れるなど海外を視野に入れた活動に注力したこともあってか、それまでの人気に陰りが見え始め、必然的にヒットチャートからも遠ざかってしまったことは残念でならない。

さすがの 浜田麻里 にとってもある意味時代が早過ぎたのであろうか、残念ながら当時海外進出を目論んだ多くの日本のミュージシャンと同じような道を辿ることになってしまった。

1990年代と2000年代では「ロック」の持つ意味合いや音の傾向が大きく変質してしまったため、特にラウドロックを含めた多種多様なインディーズ系バンドが全盛の現在において、往年のソロの正統派ハードロック・ヘヴィメタルシンガーが復活を果たすには、相当厳しい時代と言えるかもしれない。

ただ、浜田麻里 の場合、50歳を過ぎてなお精力的に音楽活動を継続しており、パワフルでエネルギッシュな歌声と輝く美貌は健在である。例えば新たにバンドを組んだり、他のミュージシャンとコラボレーションするなど、新機軸を打ち出すことにより今一度新生 浜田麻里 の時代を築いてほしいと切に願うものである。

(出典:「TOMORROW (浜田麻里のアルバム)」(2014年8月20日 17:53 UTC)『Wikipedia日本語版』)

▼ 浜田麻里
画像




■ アルバムリリースノート
83年にアルバム「ルナティック・ドール」でデビュー。以後ヘビーメタルのアイドルとして人気を集めた 浜田麻里。本作は、彼女のMCAビクターへの移籍後初めて発売されたアルバムで、通算13枚目となる。

デビューして8年。これまで1作ごとに音楽の幅を広げてきた彼女だが、本作ではLAレコーディングによるダイナミックなサウンド、エッジのきいたヴォーカルが印象的だ。1曲1曲にメリハリもついている。英語曲も3曲収録され、英語圏での活動準備を予感させる1枚だ。- Amazon

ドド~ンと大波が打ち寄せる東映(だっけ?)のタイトルバックみたいなイントロで始まった。おぉ~,浜田麻里 や~。やっぱ歌ウマい。でもって,CMソングの⑤,⑦,熱闘甲子園テーマ曲の⑪,⑫とタイアップも多い。個人的には,ラストのバラードが好き。- CDジャーナル

▼ 浜田麻里
画像



*この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表された Wikipedia の項目「浜田麻里」「TOMORROW (浜田麻里のアルバム)」を素材として二次利用しています。を素材として二次利用しています。


love4  参考になったという方はぜひこちらをポチッとお願いします。

スポンサーサイト



  

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://758ongakudohonpo.blog.fc2.com/tb.php/104-203c0692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タルトタタン 「TARTETATIN ARE ALLRIGHT! 」 «  | BLOG TOP |  » 浜田麻里 「Blue Revolution」

プロフィール

香山蔵之介

Author:香山蔵之介
名古屋音楽堂本舗の店主香山蔵之介による音楽講評です。
Life is music. Music is life.
Let's enjoy music for your wonderful life.

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

邦楽(あ行) (32)
邦楽(か行) (25)
邦楽(さ行) (31)
邦楽(た行) (12)
邦楽(な行) (10)
邦楽(は行) (25)
邦楽(ま行) (5)
邦楽(や行) (11)
邦楽(ら行) (9)
邦楽(わ行) (2)
洋楽(あ行) (19)
洋楽(か行) (10)
洋楽(さ行) (29)
洋楽(た行) (11)
洋楽(な行) (0)
洋楽(は行) (18)
洋楽(ま行) (4)
洋楽(や行) (1)
洋楽(ら行) (14)
洋楽(わ行) (1)
洋画(か行) (2)
洋画(は行) (1)
アート (6)
文化 (13)
ファッション (1)
グルメ (7)
PC (1)
健康 (1)
BLOG (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス数

オンライン数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ブログランキング参加中


ブログランキング参加中

Please Click !